NIC3枚?挿しというかNIC2枚挿し+アルファ的無線的な使い方でMac間通信を快適に,Mac同士用ですがWindows環境も含みます

スポンサードリンク

以前1台のMacを使ったNIC2枚挿しのことをまとめてみましたが、

1台のMacでNIC2枚挿し(刺し)してWIFI 2つでMac側でインターネット,VMware上のWindows10で社内イントラネットに固定IPでつないでみました,機器はエレコム(ELECOM)、WDC-150SU2MBKとWDC-300SU2SBKでドライバーはPLANEXのドライバーでHigh Sierra10.13.6で使えます




以下状況説明;といくつか、

無線環境は、


①フリーのインターネット回線につながる無線LAN環境で、
②会社のイントラネット(原則社内のみでネットは繋がらない)


いわゆる会社内だけの無線LAN②と
パスワード付原則フリーのWIFIスポット的①な無線LANの

2つの異なる無線LANがある環境での説明です。
(一般ユーザー(お客様)やネットを見る場合は①につないで見る)
(パスワードは聞かれたら提供する)


企業や会社などは、2つの無線を①、②を別々に使うことで、

インターネットからのおかしなアクセスを遮断することによって、
会社内のLANをまもっている場合によく見られるパターンかと思います。②


普通会社内LANはインターネットにつながらないように設定されてます。②



このような状況下で、個人の据え置き用
Mac mini側をインターネットができる無線LAN①につないでて

VM wareのWindowsを使って社内LAN(無線)②に
つなぐ方法をまとめてましたが、

ネットができる環境内での通信①において、

社内のネットLANは規制や大量のデーターの
移動になぜか引っかかったり(規制?,制限?,MacとWinの相性?)、するので、

Mac同士(Mac mini(+AirMac E)ーー(無線)ーーMacBook Pro)で、

無線通信を行って、Mac同士で大きいデーターの移動や
その他、画面共有など、いろいろと行いたい場合に

かなり便利になる方法のまとめです。



NIC2枚+アルファ(α) 又は、MacでNIC3枚挿し風?と表現してます。(^ ^;)

3つめのWIFIは
Mac miniからEtherケーブルでつながったAirMac Extreamへの接続です。
(AirMac ExtreamからのWIFIを他のMacと接続する形です。)





別な表現として;

インターネットフリー①といえども会社内のLANなので、
ネットワークにいろいろと規制(ポートの閉鎖)等がかかっており
または、LANの重さのためなのか、社内のLAN①を通した場合

Mac同士のデーター転送がうまくいかない場合がよくあります。
(MacとWinとの相性が悪い可能性も考えられる、smbの相性?)


そんなときに、無線の届く近距離の
Macだけの通信をもう一つの無線(+α)で可能にする方法で

MacでNIC2枚プラスアルファ(NIC3枚挿し風?)

それをまとめてみましたので
ご参考に。


これでMac間だけの大量のデーター移動と無線通信が可能になります。
(テスト結果は以下の問題点の所に記載、今の所データー移動に大きな問題はなさそうですがテスト中です)

(画面共有もスムーズ、Mac間通信なので、社内LANには迷惑かけてない?か?たぶん。テスト中)



スポンサードリンク





使用環境


Intel mac (Mac Mini,2012 Late)、USB3あり,SSD装着(交換)

MacBook Pro Retina, 15-inch, Mid 2015 (Intel Mac)

使用OSはmacOS High SIerra (10.13.6)、両方共

VM ware Fusion 11.0.0

Windows 10 32bit


AirMac Extream(旧タイプ,平たい弁当箱タイプといえば、セットアップ済を使用)


AirMac express(旧タイプ)、あまり使用はおすすめしません。今回は使用せず。
(これは以前の記事でテストして一応使えることは確認してます。)



設定






NIC2枚挿しの場合
①無線LAN(ネット用)ー無線ー①mac mini(NIC2枚)②ー無線ー②社内LAN




①②Mac mini(NIC2枚)ーイーサー(AirMac extream)③ー(無線)ー③MacBook Proへ
 
(③はAirMac extreamから出ているWIFIのこと。)

 このMac miniは①の無線LAN(ネット用)につながっているため
 Mac miniから、LANケーブルを無線LAN親機(AirMac extream)に接続し、
 AirMac extreamのWIFI電波を使用してMacBook Proにつなげる形になります。



要は、Mac miniからネットワークのおこぼれの無線を+アルファ(α)で
だして、そこにMacBook Proをつなげるという形になります。
(システム環境設定→インターネット共有を使用)

この接続でのMac miniは社内①のIPアドレスに
なってて、
MacBook ProからはいつものMacの接続 画面共有 で接続できます。




もうひとつの接続方法としては、
open vncでも接続できます。
ターミナルから
open vnc://192.168.1.9
(Mac miniのIPアドレスは調べておいてください,上記数字はいち例です)




フォルダ共有も以下でも可能です。

ファインダーメニューの
移動 サーバーへ接続…
smb://192.168.1.9




Macの システム環境設定 → 共有(インターネット共有) → 相手のコンピューターでのポート(Ethernet) →LANケーブルでAirMac expressにつなげる。
図 Miniの共有設定です。


こちらに詳しく書いてます。
Macと無線LAN親機を使ったWIFI電波の中継方法,WI-FI電波が届かない部屋,平屋,マンション,2F,3F,壁で届かない時,中継機を使うとほぼ可能になります






スポンサードリンク

問題点



無線 → 無線 →  なのと
Mac miniのWIFIなので、古い機種の場合は無線速度があまり出ないと思われる。

スピード重視の場合は5GHzがおすすめだが、環境によっては2.4GHzがよい場合もある。


今のところIntel mac限定でUSBのあるMacのみ。
(Thunderbolt 3 USB 変換 は未テスト)
(M1 macでは 今の所たぶん出来ないかと予想してます。VM wareを使う所。)

Mac miniのLANケーブルからの接続が
その他の無線 親機器と相性が合うのか不明。

この方法はMac miniの近くにいないと使えない。(③WIFIの届く距離のみ)
(参考;WIFI中継器を使ってMacのWIFIをひ孫まで延長出来ました(多段接続)WDS)


通信速度の結果;
Mac間の転送スピード結果;5GHzでの接続の場合の結果(無線)

15.1Gbのデーター転送が約8分,と約13分で転送完了,2回計測,エラー無し
  13分は途中でネットをつないだりしたのが影響してます。

5.93GBのデーター転送が約3分,1回のみ測定,エラー無し




注意;

私が行った環境でうまくいっただけかもしれなので、
もしかしたら出来ない場合があるかもしれませんので
その場合は会社の管理の方とよくご相談されてみてください。

管理側に断ってから設置してください。






あとがき



会社の無線LAN環境では、インターネットは自由につかえてるのですが、

なぜかMac同士での通信や、データー移動が引っかかり、
画面共有でもフリーズしたかの状態が多いですし、接続も不安定です。
(画面が動かない、数秒まつと動き出すか、接続切れもよくある。)


その中でも、一番困るのが、
データーの移動で、私はわりと大きいデーターを
設置しているMacにデーター転送するのですが、

これが、ほんと遅くて、更に引っかかったり、
転送失敗したりと、全然つかえません。orz…



最初、データーをGoogleドライブのほうにおいて
それから、外のネットワーク越しに
データーの移動を行い、
ある程度の小さなデーター転送はうまくいきました。


Gドライブは社内LANよりはましでしたが、
ただそれでもGB単位のデーター転送は
Googleドライブでも難しく、

得に社内のネットワーク①を通してダンロードした場合に
うまくいかないことがよくありました。。。



ということで、今回このようなNIC3枚挿し風な
テストをしてみたら、なんとかうまくいった次第です。

会社内や職場内の設置してある個人のMacへの
データー転送がかなり便利になりますので、

興味のある方は試されてみてください。(提案)



おまけ、画面共有に関して



これもうまくいったり行かなかったりする可能性はありますが、

一般的な 画面を共有 から入る方法と、

接続先MacのIPを調べてターミナルから入る方法と

Googleのアカウントをつかった画面共有で入る方法があります。


新しい親機を買って古いルーターを使う方法もありますが、使えるかは実験あるのみ、、、



環境で変わるかもですが、2.4GHzのほうはこっちがスペックがいいみたいですね、、、



参考;
どこでもMyMacがMojaveで廃止!代わりの代替用画面共有のできるフリーアプリはGoogle Chromeが良さそうでその設定と使い方について,AndroidやWindowsからも外出先からできますし今の所無料です,iPhoneも少しだけ


Macで画面共有ができない場合の再チェック方法と設定方法,Windows7もできます,Mojave(10.14)もCatalinaも(10.15)


Mac上にWindows7のデスクトップの画面共有の設定方法

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください