ドライブレコーダーアプリのsafety sightを調べていたらアウトガード – カムコーダーが良さそうだったので簡易テストしてみました,スマホのアプリでバックグラウンドでも動作します

スポンサードリンク


スマホのビデオを使って
ドライブレコーダー代わりにならないかと思って
動画を撮ってみました。がっ!

これを使ってドライブレコーダーとして
使うとなるとうまく対応できません。orz…

無理なのかー、と諦めていたら、なんと
スマホ用のアプリがみつかりました。


車に取り付ける
本格的なドライブレコーダーの
機種選定中で悩んでいたり

または、故障時の緊急対応として、

このスマホのドライブレコーダーアプリを
使用することで
ある程度、代用できます。

ドライブレコーダーを
決められずに迷っている間でも
このアプリを使うことによって
ドライブレコーダーが使えます。


ということで
スマホのドライブレコーダーアプリ
アウトガード – カムコーダー
を少しレビューしてみました。


スポンサードリンク





スマホの環境



Xperia XZ1 Compact SO-02K
Android 8.0.0


3つのアプリを使った結果で



テスト的に3つのアプリを使ってみました。


①アウトガード – カムコーダー
②ドライブレコーダー
③CETRAS(セトラス)



②ドライブレコーダーと③CETRAS(セトラス)
では、ドライブレコーダーのほうが
動きがスムーズで

②ドライブレコーダーのほうが
動画に向いている感じがしました。

そのあとで①アウトガード – カムコーダー
を使用してみたら、
こちらのほうがしっくりきたので、


①アウトガード – カムコーダーを
以下にまとめてみました。




注意;
私の行った結果ですので
必ずしも、同じ結果がでるとはかぎりません。

スマホの機種により相性などがある場合がありますので
あくまで、参考程度にしてください。




アウトガード – カムコーダー;ドライブレコーダーアプリ



Google Playストア よりダウンロード

①アウトガード – カムコーダー
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hovans.autoguard
図、図




起動時の注意点



私の機種特有かもしれませんが、
初回起動時に、プチフリする場合があり、その場合
(Youtubeのぐるぐるまわる感じです)

左下の△マークをタップして(一つ戻る)
録画一覧の場所に移動して

そこから一番上の赤い、カメラアイコンを
タップするとうまく起動します。





メモリの設定、保存場所、SDカード上




録画一覧の場所から
左上の 三 をタップ



設定 をタップ



保存場所をタップ



保存場所 のExternal SD Card1 を選択




これでSDカード上に動画が保存されます。



保存場所、ファイラーでもう一度確認



指定場所で変わることがありますが
SD指定の場合



SDカード→Android→data→com.hovans.autoguard→files→AutoGuard内にあります



データー形式はデフォルトで
3gpになってますが
好みでMP4も選べます。


ファイル一覧から→左上の三→設定→詳細設定→ファイル拡張子で

3gp、avi、mpg、mpeg、mp4 が選択出来ます。






動画の画質 の設定



録画画面にて

動画の画質をタップ
HD 1080P を選択。(これがおすすめ)
図、図





メモリ量によっては、480Pでもいかもしれません。
オートでしか動かない機種もあるかもしれません。

私の機種は最初オートでしか動きませんでしたが
いじっているうちに、1080pが動作しました。
(再起動とか行ってからか?不明?)

古い機種や、発熱する機種は480pがいいと思います。




フォーカスモード



録画画面にて
continuous-video を選択
図、図





これは現在テスト中ですので参考程度に。
もしかしたらautoもいいかもしれません。




右上の3つの点



三 をタップ(右上の 三)
カメラをタップ
図、図




カメラ カメラ1を選択(背面)、
(2は全面のカメラです、自撮り用のカメラ)



 

ビデオ回転



これは現在選択せずに使ってます。(横置き設定)





スポンサードリンク

オーディオの録音



これはお好みで、
私はチェックを入れて録音してます。




ホワイトバランス


autoを選択





撮影モード


autoで選択





エンコーディングBitrate



4Mbps(デフォルト)




節約したい場合は、1- -3MBpsでもOK

高画質選択は6MBps


FPS



30 FPS を選択




これは信号機の関係で
27 FPSあたりがいいという所ですが
私の機種では選択で動作しません。(SO-02K)
(エラーで撮影できないです。。。精査中)


30FPSでの
現在の短いテストでも信号機点滅してます。orz…



録画の仕方




この画面を始めにだして

一番上の赤いアイコンをタップ




左下の赤い 録画ボタンをタップ




青い アイコンが録画状態です




青いアイコンをもう一度タップすると
録画停止になります。





上にも書きましたが、
この録画一覧画面から、録画を始めないと
エラーが起こる場合があります。(精査中)



自動起動とかもできますが、あとはお好みで
設定してみてください。



バックグラウンドでの設定方法



画像一覧画面で

左上の三 をタップ



設定 をタップ




バックグラウンド をチェック




詳細設定 で
プレビューにチェック(みる場合)
図、図




バックグラウンド中に表示することも出来ます。




ビデオ録画のサイクル
現在は5分で選択、好みで選んでください。




以上がバックグラウンドでの録画状態の設定で

録画を終了する場合は、

メニューバーを下げて
停止ボタンをタップで録画停止になります。





詳細設定→速度の単位
速度の単位をKm/hを選択(日本)





最大ビデオ容量、について
(録画一覧→左上の三→設定→最大ビデオ容量)

これはどれだけ
録画を保存するかの量ですので
SDカードが大きければ、上げてみてください。

容量が少ない場合は少なめに、
デフォルトは8GBに設定されてます。(512GBまで)
(スマホの対応度やOSによって変わるかと)


この機能があるので、
上書き保存で過去の動画から消されますので
エンドレステープのように録画し続けることが
可能となってます。(たとえが古い…ので下へ…)


(デジタル世代への説明)
1、2、3、4、5。 メモリいっぱいで
1を消して6番目の画像を書き込み、

次は2を消して7番目の画像を上書き
という感じのループです。

図は 参考



デフォルトである程度設定はされてますが
他にも細かくありますので
そのへんはお好みで選択してみてください。


おおまかな使い方は以上です。




録画ファイルの再生方法について



アプリの録画一覧から選択し再生可能です。




MacのQuick Timeも再生可能。


VLCでも再生可能です。(ファイラーから選択)
SDカード→Android→data→com.hovans.autoguard→files→AutoGuard


おすすめのファイラーです

Androidのファイラーで2018年のおすすめな物なファイルマネジャーを見つけました(ファイルマネージャー 現在実験中),おすすめでないものもちょっとだけ





パソコンにコピーして、PC上でも再生可能です。
上記ファイラーで無線通信のことも書いてます。



感想と、問題点とか




現時点での評価 ①>②>③  2019年9月現在
(注意;個人的な感想です。)



アウトガード – カムコーダー
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hovans.autoguard

バランスがよく、簡易テストで
3つの中でわりと良さそうであったので
まとめました。(上記)


初回起動時にやや動作がおかしいことがある(プチフリ?)

その場合、左下の△マーク(戻る)をタップして、

ファイル一覧の方に移動し
それから撮影するとうまく動く。
(一番上の画像をタップ、赤いアイコンが目印)




録画しているか、してないかの判断がわかりやすい。
図 録画中は 青色



音も普通にとれてます。(要設定、上記)


SDに録画、録音できるので使いやすい。


動画画質のマニュアル調整が
最初うまくいかなかったが
再起動とかしているとうまく設定できました。

FPS調整もできる。みたいだが私の機種(SO-02K)では
なぜか設定できない30fpsのみ。(詳細は不明、)

信号機はちらつきます。。






ドライブレコーダー
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dayun.driverecorder

わりと普通に使用できる
撮影時の表示もわりとなめらかでスムーズ
画質はややぼやける

距離があるとナンバー読み取りは
やや難しいかもしれません。

初回使用では好印象であったが、結局①を使用した。




CETRAS(セトラス)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.primeservant.cetras&hl=ja
撮影時に表示がすこしカクカクする

画質はきれい(高画質)
ナンバー読み取りは②よりこちらがやや優れている。
①とは比べ中だが、カクカクするので
結局①を使用することとした。




使い方や
状況によって、それぞれ、
使用法が変わるとおもいますので、
ご自分にあったものを使用してみてください。

また
スマホとの相性も考えられるため
ご自分のスマホでも実験されてみて
ください。


取り付けタイプのドラレコのサブ機的な使い方が
ベターかと思われます。

またはドラレコ購入前の使用としてもいいかもしれません。


スマホのバッテリー(リチウムイオン)は
高温環境下では危険ですので
車から降りる時は取り外して
涼しい所で持ち歩いてください。(特に夏)


あとバッテリー消費が激しいので
長時間撮影する場合は
電源ケーブルの接続が必要です。(充電しながら)

②、③のテストでは約1時間で数分程度の実験でも
約40%ものバッテリーを使用しました。。

①も使っているとすぐにバッテリーが減ります。


スマホを固定する、スマホホルダーが必要
そのままダッシュボードにおいては使えない。

ちゃんと
固定しないと落とすのでご注意を!!
(何回かおっこっとしました。。。orz…)

あと3つとも、GPS offでも動作するようです。



あとがき



スマホでドラレコ!!
実際に取り付けて使用している方も
おられます。


スマホでなんでもできる時代ですが、
現時点では、補助的な感じでしょうか、、
やはりというか、専用機にはその良さがあります。

ただし、耐熱性バッテリーに交換し(未来の個体電池?)
常時給電しながら使えるようにすると
カーナビのようにもしかすると
スマホに駆逐されるかもしれません、、、。


以前、
ドライブレコーダーのケンウッド DRV-MR740に
ほぼ決めていたのですが、、、

あの衝撃的な映像で
室内撮影どうしようかな~という問題点がでてきて

今中断しています。。。(考え中。)


そうこうしているうちに
スマホのアプリをみていたら、

簡易的に使えるかもと思い
テストしてみました。

昼間であれば、ナンバープレートの数字は
ほぼ問題なさそうな解像度です。
(夜間もテストしましたが、条件がよくないとあまり写りません、)
(細かい設定もありますが、autoのみで、他は未テストです)



なやみ始めると決められなくなるたちなので
こまっているかもです。(苦笑)

時間がたつと新しいモデルにも目移りします。

やはり設置型のドライブレコーダーが必要なのは
感じてますが、
どれにしようか、さまよいループ中です。。。


おまけ;
冒頭のアイッキャッチ画像でエンドレステープがわかる方は
同じ年代か物知りの方かもです。(^ ^;)


参考;

ドライブレコーダーで前後が使えオートバックスやイエローハットで工賃込み料金をネットで調べMacで再生できるかとか必要性についても調べてみました。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください