Macと無線LAN親機を使ったWIFI電波の中継方法,WI-FI電波が届かない部屋,平屋,マンション,2F,3F,壁で届かない時,中継機を使うとほぼ可能になります

スポンサードリンク


Macを無線中継機に!!




広い平屋、または部屋の作りによる鉄筋や壁によって
WIFI電波が遮られ、WIFIによる電波接続がうまくいかない場合
無線LANのWIFI電波を中継する方法があります。



有線によるLANケーブル(イーサネットケーブル)が引ける場合は

そこに無線LANの機器をつないでおけばいいのですが
建物の構造上ケーブルが引けない場合とかに
WIFI電波を中継する機器が必要になってきます。


そんなWIFI電波を中継する方法の一つとして

Mac本体と無線LAN親機や機器を使った
無線電波を中継しエリアを拡張する
方法がありますので、

それをまとめてみました。



注意;
Mac本体にイーサーケーブルをつないだ方法ではなく、

無線LANにつながったMacから、
WIFI電波をさらに出す方法(別途機器が必要)で
MacをWI-FI中継機として使う方法です。

以下説明へ。




スポンサードリンク






はじめる前に



Macと無線LAN親機や機器の相性がある可能性がありますので
必ずできるとはかぎりませんが

もしMac本体と無線LAN親機(機器)が手元にある場合に
試されてみてください。

LANポート(Ethernetポート)につなげて
無線WI-FIを出す機器であれば
たいていできるとは思いますけど、(たぶん)

長時間安定して無線WI-FIを出力できる機器のほうが
いいと思います。


小さくて、安めの無線機器は短時間であれば問題は少ないですが
経験上、長時間の接続や放置使用に問題のあるものが多いです。
(口コミ等をよく読まれて判断されてください。)



今回のテスト環境


Mac mini
MacOSHigh Sierra 10.13.6

AirMac Express(旧タイプ)

AirMac Expressは
販売年度によって、AirMac ユーティリティが
対応してないものもあります。

私の持っている物の1つはHigh Sierraの
AirMac ユーティリティが使えますが
ユーティリティが使えない古いものもあります、、




どういうパターンなの?無線の中継機としてMac等を使用する方法



ご自宅の事情などで、
イーサネット LANケーブルがどうしても引けず

インターネット側の
無線WIFIが届く適度な距離にMacを置いて

そのMacから更に新しくWIFI電波を出すという形になります。



つまり、Macと無線LAN親機使用による、中継機です。
②のところ。(以下)


インターネット→

①(無線ルーター) → WI-FI → ②(Mac+無線LAN機器) → WI-FI → ③:(遠くにある接続端末へ)





設定方法


AirMac Expressは設定済みの状態からです。
(他の機種の場合は別なLANポートでつないで動作するか試されてください)


設定の終わったWI-FI機器をMacのLANポートに
イーサケーブルでつないでおきます。






システム環境設定
ネットワーク  をクリック→これは共有のほうです
図 3つ右のアイコンの所です




インターネット共有を選択し(チェックボックスは最後に)
共有する接続経路:Wi-Fi
相手のコンピュータでのポート:Ethernet
図、図 共有をクリックすると出てくる画像です。




最後にインターネット共有を選択します
インターネット共有機能を開始してもよろしいですか?
開始をクリック
図、図




設定がうまくいったら以下のようになります




サービスの順序を設定(左下のギヤのアイコン)


WIFIが上になるよう設定してください
(つまんで持ち上げ、なるべく上に置くこと、Etherより上に置く)
図、図






設定は以上です。




スポンサードリンク

無線LAN中継機の配置について(Mac miniと無線機器)



可能な限り見通しで設置すること。(お互いが見える位置が理想)

壁がなるべくないところに機器(Macと無線機器)を設置する。
(無線機器はLANケーブルが長いと自由に配置できますので工夫してください)



カーテンやふすまも避けること、使う場合は開けておく。(可能なら)


目的はWI-FI電波の到達距離の延長なので
設置場所をいろいろと工夫されてみてください。


電波強度測定アプリとして
iStumblerなどがある。(スマホにもそれぞれあります)



置き方のこつとしては、
L時に曲がった通路のコーナーのところや

到達させたい部屋の壁の薄いところやドアの前などに
Mac(無線機器)を置いて、うまく電波を届かせるように配置する。

天井付近や足元の隙間(壁が薄いところ)のところ等に置くのもいいかもです。



インターネット側からのWI-FI電波を
自分の部屋のMacで受信しそのMacから遠目の部屋に
飛ばせるパターンが理想的な感じになりコストもおさえられます。



窓ガラス側に無線機器(中継機)をおくと
部屋の外にもWI-FIを飛ばせます。



それぞれの無線LAN機器の場合はその説明書をよく
読まれて設定してください。



MacからのLANケーブルを長くすると2Fや3Fまで無線機器を伸ばせ
かなりの範囲をカバーできる可能性があります。
(足元は危ないのでケーブルは気をつけて配置しましょう)
(ケーブルが長い場合はカテゴリー6以上が無難)



問題点とか



自己責任です。

余ったMacと無線LANの機器が別途必要です。

MacはLANポートのついたものが必要で、
無線機器もLANポート(入力)がついてるものが必要です。
(MacはオプションでLANポートをつけられる物もあるが、未実験、基本純正品がベター)


WI-FIの中継なので、スピードはさほどでません。


電波の到達距離を目的とする場合
2.4GHzを使用すると壁の遮蔽にややつよくなりますが、
5GHzと比べ速度が低下するという問題点もあります。


5GHzは状況が許せばそれぞれ工夫し設定してみてください。

参考;無線LANの通信距離と速度の実測(離れた部屋の場合は2.4GHz)
ttps://pctrouble.net/network/wlan_range.html

今回のテスト設定ではAirMac Express側の細かい設定は
行ってないため、同じ系列のアドレスにはなってません。
設定で同一アドレス(同系列)になるかどうかは実験してません。



系列の違うLANにアクセスする方法としては

Google Chromeの画面共有を使うと一応可能で
NIN2枚刺しを行うと、もう少し複雑なこともできます。


参考;
MacでWIFI多段接続をAirMac Extreme中継器を使ってやってみたPart2

WIFI中継器を使ってMacのWIFIをひ孫まで延長出来ました(多段接続)WDS

1台のMacでNIC2枚挿し(刺し)してWIFI 2つでMac側でインターネット,VMware上のWindows10で社内イントラネットに固定IPでつないでみました,機器はエレコム(ELECOM)、WDC-150SU2MBKとWDC-300SU2SBKでドライバーはPLANEXのドライバーでHigh Sierra10.13.6で使えます

どこでもMyMacがMojaveで廃止!代わりの代替用画面共有のできるフリーアプリはGoogle Chromeが良さそうでその設定と使い方について,AndroidやWindowsからも外出先からできますし今の所無料です,iPhoneも少しだけ




AirMac Express(Mac用)のため
相性がよかった可能性もあります。



今回、旧AirMac Expressをテストで使いましたが
旧AirMac Expressで無線LANを行うのはおすすめしません
その理由は長時間の使用で熱暴走して、安定してないからです。
(経験済)



その他の市販の中継機でもLANポートがついていたら
使える可能性もあります。(要実験)


Mac miniをこのためだけに使用するのは
コストがかかります。(コスパが悪い)

運よく自分の部屋がWI-FIの中継基地になる場合は
なんとかOKかと思います。

ただしWI-FI延長する場合はMacをずっと起動しておく必要がある。(使う時)

長期間テストは行ってないため
省エネルギーをしない設定がいるかどうかは
もし使われる場合は試されてみてください。(未実験)

私のMac miniは昼間、省エネルギーをしない設定で運用してますが
夜間は電源を落としてます。(off)


他、外部タイマーで設定するとかも可能ですし、
省エネルギー設定で起動と終了時間も設定出来ます。(スケジュール)


USBの小さな無線LAN機器は今回の使用パターンでのテストは行ってません。
(できるかどうかは、不明?、ドライバーとOSの相性がどうでるか不明)


AirMac Extream 旧タイプのものでテストして問題ないのを確認してます。以下参照。

NIC3枚?挿しというかNIC2枚挿し+アルファ的無線的な使い方でMac間通信を快適に,Mac同士用ですがWindows環境も含みます




メリット


職場のネットワークを使う場合、大きいデーターの移動の制限が
あったり、Macとの相性が悪かったりする場合に

自分のMacと設置用のMacにデーターを無線で送る場合に
重宝します。(LANケーブルが使えない場所とか)


会社のLAN ー(無線)ー Mac(デスクトップ,設置用) ー(無線)ー自分のMac


IPアドレスをまたぐ場合(サブネットとか)、会社の設定にもよりますが、
ファインダーで見えなくても、ターミナルコマンドを使うと
画面共有が出来たり、接続がスムーズになったり、大量のデーターを送ったりすることも
可能になります。(設置用MacのIPは調べておく必要あり、LanScanとか)
(データーを送るときだけ、Mac(デスクトップ,設置用)からの電波を使用する形)
(会社によっては、大きめのデーター移動に規制?があるかもです。)


例 コマンド(ターミナルを使用)
open vnc://192.168.1.A  Aは数字
 
移動 サーバーへ接続 (これは、ファインダーメニューから)
smb://192.168.1.A


参考;
1台のMacでNIC2枚挿し(刺し)してWIFI 2つでMac側でインターネット,VMware上のWindows10で社内イントラネットに固定IPでつないでみました,機器はエレコム(ELECOM)、WDC-150SU2MBKとWDC-300SU2SBKでドライバーはPLANEXのドライバーでHigh Sierra10.13.6で使えます


Macで画面共有ができない場合の再チェック方法と設定方法,Windows7もできます,Mojave(10.14)もCatalinaも(10.15)




あとがき



WI-FIによる無線接続に慣れてしまうと
もうLANケーブルによる接続にはもどれません。(←大げさ)
(例外はデスクトップ)


LANケーブルにつながったMacから無線LANの電波(WI-FI)を
飛ばす方法はよくネットにかかれてますが、

今回の説明のように飛んできた電波を
MacのEther側(LANポート)に伝え流す方法もあります。

このEtherは通常のイーサソケット(イーサネットハブ)と
たぶんほぼ、同じような仕組みになっていると
おもいますので(ソフト的に作成、設定、OSの機能)



別途、購入した市販の中継機の相性が悪い場合とかなどに
Macと無線LAN親機や機器を使った、中継機として再度

使えるかもしれませんので
もしMacと無線LAN親機をお持ちであれば試されてみてください。
(あとは実験あるのみです)


これらを買って余った無線LAN親機をMacにつないで…実験とか…





応用記事

NIC3枚?挿しというかNIC2枚挿し+アルファ的無線的な使い方でMac間通信を快適に,Mac同士用ですがWindows環境も含みます



関連記事;
WIFIは電子レンジで影響を受けるのでチャンネル変更と対策,2.4GHzから5GHzへ代えたり,と電子レンジでも簡易な電波干渉実験もしてみました

MacでWIFIの電波状況を確認するツールiStumblerを使ってみた


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください