スマホのガラスフィルムの剥がし方とその方法と道具について

スポンサードリンク


スマホのガラスフィルム剥がすときって
結構難しいですよね、

結構時間がたち
しっかりと固着していて
爪で剥がすことはなかなか難しいです。

そんなときに身近な物を使って
簡単に剥がす方法があります。

その方法を実体験とネットの情報からまとめてみました。

スポンサードリンク





爪楊枝を使う


自己責任で行って下さい。

スマホのシートの端っこに爪楊枝の先を約45度にして
間に刺すような感じで爪楊枝をガラスとガラスフィルムの間に入れます

ポイントは4墨の剥がしやすそうな場所を見つける事です。
図、図




フィルムの形によっては以下の場所から入る方法もあります




その浮いた所で、紙、またはテレフォンカード類を挟みます
あとは
ゆっくりと、ガラスフィルムを持ち上げます。

フィルムを割るのがいやな場合は
隙間に挟んだカードを少しずつずらして
剥がします。


フィルムの端っこは曲がることが多いですが
たぶんスマホのガラス面を傷つけることは
少ないと思います。
(例外は ゴミがある場合)



カードを使う



カードやテレカを使う(すててもよいカードがいいかと)
カードが堅く、間に挟めたらうまくいきます。

角ぎりぎりの場合とかは
隙間に入りにくい場合もあります

ガラス面とフィルムの間に差し込むことが出来たら
カードを上にずらしながらでも剥がれますし

そのまま指で持ち上げるだけでも
簡単にはがれます。(ガラスフィルムの場合は割れます)

キレイに貼れてる場合は、隙間にはいりませんので、

その場合は無理せず他の方法をためしましょう。


カッターを使う


これは自己責任の方法だと思いますが
原理は同じです。

ガラス面とガラスフィルムの間にカッターの
刃先を入れ剥がします。

私はガラスに傷がつかないか心配なので

柔らかくてとがった爪楊枝を使用しました。


爪を使う



これは爪が硬くて、皮膚がしっかりしてないと
手をいためますので(爪も割れたりするかも)

無理をなさらないでください。


ギターのピック


細めの物を使うのがこつなようです
プラスティックで
結構堅いですので
取り扱いは注意してください。

これも無理は禁物かと


スポンサードリンク

ピンセットを使う


これも自己責任になります
先が鉄で堅いですので
ガラスを傷つけることがあります。

プラスティックのちょうどよい物もあります。


スマホのケースオープナー



Amazonとかで約100円位(79円)から売ってます
持ち上げ用のへらがありますので

お好みで使用されてみてください

プラスティックであればスマホ画面はほぼ
問題ないと思います。
(強くこすらないこと)


お店でやってもらう



フィルムを買った時にセットで剥がしが一緒についてるお店もあり、

そこで購入したフィルムを貼ってくれる
サービスもありますので

剥がして、貼るのが苦手な方は
購入予定ショップで聞いてみると
いいと思います。



ヤマダ電機
ビッグカメラ
ヨドバシカメラ
ドコモショップ



スマホを買ったショップで
サービスしてくれる所を探すか
後は、お値段とかで決められてください。


お店によっては
ベルキン(belkin)のフィルム貼り専用マシーン「TCP」
で貼ってくれるところもあるようです。(機種に制限あり)


ベルキン「TCP」の貼り付け作業風景(Youtubeへ飛びます)



私のところではサービスが少ないので
自分で剥がして貼ってます。

ポイントはゴミの付着を極力避けるですね。

スマホ画面の落ちない汚れや簡単には取れない汚れを落とす方法と注意点




まとめ




1.爪楊枝
2.スマホオープナーのへらを使う(強く押しつけないこと)
3.お店に頼む



あとがき



スマホの画面保護シール、剥がすときに
結構苦労すると思います

他にも安全ピンとかあったのですが
画面の傷が問題になりそうなので
上ではかきませんでした。

身近なもので行う場合、
安全かつ無難な選択枝がないかと考え
爪楊枝に行き着きました。

爪楊枝は白樺で出来ており

又、白樺は柔らかい木のようで
昔から爪楊枝として使用されているようです

歯や歯茎を傷つけない素材(木)で
安全かつ、わりと大胆に作業が進められるのでは
ないでしょうか

まれに剥がれない場合もあるかもしれませんが
そのときは無理せずショップへ相談しましよう。


固着の剥がし方の1方法



パソコンのフィルムに気泡をなるべく入れないで貼る方法と固着時の剥がす時の1方法

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です