Macで進入禁止マークが出て起動しない状況になりました,復旧方法とかについて

スポンサードリンク

今回BootCampをテストしていたら

Macが起動しなくなりました。侵入禁止マークに似ているあれ、です。




こんなやつです。




復旧するのに結構手間取りましたので
なにかの参考になるかと思い、やったことや復旧方法を書いておきます。


環境
MacBook Pro
EI CapitanとMountain Lionの マルチブート環境
データー用にもう一つパーティションを切ってあります。

スポンサードリンク



まずはデーターレスキューから


外付けHDDに同じOSを作成します、
(USBを作成しておかないといけないです)

HDDはこれ

Macのデーターをバックアップする方法とおすすめ外付けHDDと容量




HDDなどを表示しておくこと
Finder → 環境設定



ハードディスクにチェックを入れる



外付けから起動出来れば、それから本体内のSSDの


ユーザー → ユーザー名フォルダを開いて、

ダウンロード
デスクトップ
パブリック
ピクチャ
ミュージック
ムービー
書類




のバックアップをHDDに保存します
データーが大きい場合はもう一台HDDが必要です。


スポンサードリンク

Thunderbirdのデーターは


ユーザー名→ライブラリ→Thunderbird→Profiles →xxxxxxxx.default
にあります。(xxxxxxxxはその都度変わります)


EasyFindを入れる事で「.default」でも検索出来ます。

Macでファイル検索ソフトはEasyFindがお勧めです(リスに虫眼鏡のアイコン)検索できない時にもおすすめ




データーのバックアップがすんだら

作成してあったインストールUSBを使って


(これは壊れる前に作成すんでいる前提です)

optionキーを押しながら

電源onで起動します

そうすると図の様にインストールUSBとHDDが見えますので
OS X 10.11インストールディスクを 選び 起動します



インストール画面  続けるをクリック(右下)



使用許諾  続けるをクリック



同意する



インストール先ディスクを選んで



続けるを クリック



しかし、ここで問題が、、


上書きインストール出来ない、、





そこでディスクユーティリティを立ち上げ
SSDを選んで
FirstAidを実行



私の場合はパーティションを3つに切っているため
下3つを先に行い、最後にメインのSSD(一番上のSSD)
をFirstAidを行いました。

それから
再度インストールを行いましたが
それもインストール出来ず




万策つきたかとおもって、再起動したら何故か起動しました。


一応こんなこともありましたよ、ということで
書き残してみました。


普通は、上書きインストールでもとに戻るらしいです。
(データーも残る)

ということで、
無事復旧(?)できました。

ちゃんとできているのかどうかやや不安はありますが
起動したので、結果オーライということで。


後書き


Boot CampはMacにWindowsをインストールさせるプログラムなのですが
久々に挑戦してみたら、散々な結果になりました。

どうやら、SSDにパーティションを切っていると
うまく行かないことがあるようです。(違うかもですが??)


それは注意書きが出て、

起動ディスクにはパーティションの作成および単一パ
ーティションへの復元はできません。



このようなメッセージがでて、私のマシンではうまくいきませんでした。


Boot Campは外付けにはインストール出来ないとのことらしいのですが
なんか、やっている方もおられるようですね
(optionを使ったEFI bootみたいです、まだ理解してないです、、)

EFI bootをMacBook Proでやってみました,Windows7にて,検証中です




今回私の場合、いろいろいじっているうちに、何らかの不具合が起き
上記の侵入禁止マークが出現したのかと思います。


ふつうは、上書きインストールで
もとにもどるようなのですが
私の場合はディスクユーティリティのFirstAidを使って
なんとか復旧しました。(その後、インストール作業途中まで)


すっきりしないのですが、一つの参考になると幸いです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です