USBメモリやUSB接続のSSD機器が遅い原因,理由の一つにゆっくり機器を差し込むことがあるようで早く指すと転送速度が早くなることがあります

スポンサードリンク

嘘のようなホントのお話。


先日外付けタイプのSSD(HDD)ケースを使っていて、

転送速度が2MB以下に低下してて
終了時間が12時間以上!!

「なんじゃあこりゃああ!」

となったことがあります。(SSDで、USB3.0です)


あれ?前回はめちゃくちゃスピードがあって
「こりゃすげーや」と

SSDの性能に感動したのもつかの間、
今回転送速度のあまりの遅さにびっくりしつつも、

いろいろと原因を調べてみたら、なんと
USB3.0なのにUSB2.0と認識される場合がある
とのことなので、

いくつかその理由や原因を
まとめてみました。


スポンサードリンク




解決方法、まず結論から



結論;

USB3機器はパソコン側のUSB口に差し込む時に素早く早くさす。




パソコン側に、USBをさしこむスピードが遅い場合や
ゆっくりと慎重にさす方がはまります → BJの事 orz…

ゆっくりだと、
USB2.0としてパソコン側に誤認識される場合がある。
(でも壊すよりはいいんですけどね、、、)




環境


macOS Catalina 10.15.7
MacBook Pro Retina, 15-inch, Mid 2015 (Intel Mac)
(USB3.0のついてるモデルです。)


Crucial SSD 1000GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm MX500
SeqRead 560MB/s SeqWrite 510MB/s


HDDケースにSSDを入れて使ってます。(両方使用可能、当方機器は以下の物)

センチュリー シンプルBOX2.5 USB3.0 SATA6G ブラック 2.5インチSATA-HDDケース CSS25U3BK6G
(SATA 6G 現在取り扱いなし、緑色LEDがUSB3.0、青色がUSB2.0)


よく使っているHDD (参考)
HGST(エイチ・ジー・エス・ティー)
Travelstar 1TB パッケージ版 2.5インチ
7200rpm 32MBキャッシュ SATA 6Gb/s 【3年保証】
(読み込みはそこそこ早いが、書き込みは遅い)


理由,原因


オスの
USB2.0 は端子が4つ (前半部分)
USB3.0 は端子が5つ (後半部分)にあって

最初に前半部分にハード的にUSB2.0の部分があって、
奥にUSB3.0の端子があるので、

ゆっくりUSBをさした場合に、
USB2.0とパソコン側が認識してしまうことが
あるというのが原因のようです。


USBをゆっくりさしていると
パソコン側の認識タイミングがUSB2(前半途中)までの
接続の場合はUSB2とパソコン側が認識。
(その後奥までさしても変わらない)

USBが奥まで接続されてて、
パソコン側がその時に認識した場合はUSB3.0となる仕組みのようです。

ほとんどの機器が認識したタイミングの状態で
USB2.0となるか、USB3.0となる感じで、これはMacの場合も同じです。



以下はELECOMのページより引用。

http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?category=&page=1&id=8372
Q.USB3.0をゆっくり挿すとUSB2.0として認識してしまう

USB3.0規格の構造上の仕組みで、USB機器をゆっくり挿した場合、
USB3.0対応にも関わらずUSB 2.0デバイスだと認識してしまう場合があります。

USB接続のSSDなどストレージの転送速度が遅い場合は
USBの抜き挿しで改善される可能性があります。

図 参考


このページでは抜き差しで改善される可能性がありますと
かいてありますが、できれば

「USBを素早くさしこむと改善される」という表現がいいかもですね。

あとは再起動しましょう、ともかかれてます。(以下の「対処方法2」の所につづく)




漫画家のボーン(Bourne)氏のツイートが超有名ですね。(私も見ました。)
初めてSSD買ったけどPS4でフォーマットしようにも
エラー起きるのでググったら

「USB端子にゆっくり刺すとUSB2.0として認識されます。
素早く刺せばUSB3.0として認識されてフォーマットできますよ」

って書かれてて何言ってんだコイツと思ったけど、
試しに素早く刺したらフォーマットできた

なにそれ
私も知らなかったです。(^ ^;)今はダイジョウブ(部)



このAmazonの図はメス側の構造がみられる所ですが
USBのオス側は先にあるので最初にUSB2が接続されるのがなんとなくわかるかと

オーディオファン USB-A メスコネクタ 基盤用 半田付け 9ピン USB3.0 5Gbps 対応 4個セット
図 へのリンク Amazonへ



スポンサードリンク

対処方法2



USB機器をつなげてパソコンを再起動するか

パソコンを起動する前にUSB機器を接続してからパソコンを起動する。


あまりにも転送速度が遅い場合は
USB機器を接続して、

パソコンを再起動すると
USBを接続するさいの素早さは関係なくなるので

USB3.0と認識され、問題は解決されます。


昔話;

過去(以前)のパソコンの周辺機器は
パソコンを起動する前に接続してないと
認識しないものが普通だった。。。

今現在はPC起動中でも認識するので便利になっています。




まとめ



USB機器を素早くパソコンに接続する。



おまけ、上記ケースの転送速度実験


MBPでUSB3.0で上記ケースを使った実験
(外付けケースのSSDフォーマットはジャーナリング)

12月4日テスト MacBook Proから外付けSSDにデーター転送
758GBの転送時間 47分 (約)

1分間に16GBの転送速度がでてます。
1秒間で266MBの転送速度

図 AmorphousDiskMark (77%使用でのテスト)


HGST 7200rpm HDDテスト Writeが遅い、、、(右上)




USB3.0にて
今までHDDで2〜3時間ほどかかっていた
バックアップがSSDを使うことによって
1時間以内に終わるという結果でした。





参考;過去記事です
Macのデーターをバックアップする方法とおすすめ外付けHDDと容量




あとがき


USB機器の接続の仕方というか
接続を素早くやらないと、こんなことが起きるとは
実際経験しないと気がつかないかと思います。

私(BJ)もSSD機器のUSB接続で
ボーンさんと同じような目にあいました。(苦笑)
(素早さはパワーの1つである。)


USB3.0 のケースのスピードが6Gbpsでも
HDDの場合はその転送速度をいかせてなくて、

HDD 7200rpmでも 30 MB/秒 (書き込み、Write)
くらいしか速度がでません。(右上)


私の使っているケース
センチュリー シンプルBOX2.5 USB3.0 SATA6G ブラック 2.5インチSATA-HDDケース CSS25U3BK6G (販売終了)


しかしそれでも、
USB3.0の規格が5Gbpsなので、その理論値に近づく環境ができると
体感的に約2倍以上の速度上昇がみとめられました。
これは実際につかってみるとわかります。

(注意;ケースとSSDの相性が時たまあります。PCも。)

こちらはeSATAもついてる機種


SSD高価であったのと、HDDとさほど変わらないのでは
と思って使用をためらっていたのですが

最近、実際バックアップ用につかってみて
こんなに体感速度がかわるのか、と驚いた次第です。(今頃)
(Macのシステムレポート USB 最高 12Mb/秒)

ただし、パソコンやケースやUSBの規格とかで
相性がでる可能性もありますが、

今までUSB3.0の真(?)のスピードを味わえてなかった
ことが悔やまれます。(時間を無駄にした。ケチっていたのが、、)


それでもSSDにバックアップしたデーターは
デスクトップのMacで
SSD→HDDと念のためのバックアップを行ってます。
(これは、約2〜3時間ほどの放置になります、ここは今までと一緒)


できれば、USB3.1(Gen2)や3.2の世界をみてみたいのですが
今の所、実際にはまだ使用してません。。。(2021年)


まあでも、USB3.0としても
実際はHDDなどの場合はボトルネックがあるので
SSDで試してみるのもいいのではないかと思います、

お試しあれ。


追記;
USBメモリーelecomの32GBを購入しましたが(たしか2千円クラス)、
 あまりの転送速度(書き込み)の遅さに辟易してます、
 32GB以上のデーターをバックアップする場合はSSDを購入したほうがいいです。(提案)

 他のメーカーで256GBのUSBも持ってますが、42GBのバックアップに2時間近く時間をとられました
 大容量のUSBメモリは思ったよりは使えないと思います。

BJのMacとの相性いまいちかも?
エレコム USBメモリ 32GB USB3.0 スライド式 高速転送 アルミ素材 ブラック MF-DAU3032GBK


接続端子等ご注意ください。

センチュリー シンプルBOX2.5 USB3.0 SATA6G ブラック 2.5インチSATA-HDDケース CSS25U3BK6G
このケースの一番のメリットがHDDとSSDの脱着が簡単である。
(注意;SSDは少し引っかかるのと隙間ができる)

厚めのHDDも蓋をしなかったら使えたりもする。(自己責任)





CrucialのMX300 1TB

HDDが使いたい場合(最近手に入りづらいかも)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください