パソコンアプリ強制終了のやり方と方法,Mac,Windows

スポンサードリンク

パソコンアプリ強制終了のやり方と方法,Mac,Windows

最近はパソコンが固まることは少なくなり
フリーズとかばく だんマークとかみなくなりました。

だんだんとハードの性能とともにソフトウエアの性能も向上してます、

それでも、アプリが止まったり
OSが止まったりすることがあります。


そんな時に読んでみてください。

スポンサードリンク





Macの場合


アプリケーションのフリーズ時
「command+option+esc」 を同時押し



図の(応答無し)のアプリケーションを選択して、右下の強制終了ボタンをおし
アプリを強制終了します
大抵の場合、データーは消失します。

不具合のアプリを終了出来れば、その他のアプリのデーターを保存して
いったん終了します。

アプリの種類によりますが
不具合停止(落ちる)したアプリが出た場合は念のため
パソコンの再起動を行ったほうがよいです。


Finderが停止した場合は強制終了が行えない場合が多いので
強制終了が出来ない場合は
他のアプリケーションを終了して。

最後にFinderを強制終了してみてください
それでも、出来ない場合は

「アクティビティモニタ」で動作中のソフトウェア終了出来ます
アプリを選んで、「終了」、又は 「強制終了」が選べます。(左上のXボタン)





それでもうまくいかない場合


最後の手段
「電源長押し」

これで強制的に電源が切れ、OSもろとも終了できます。

ただ、あまり電源長押しoffは多用しない方がいいです。

OSが壊れる可能性もありますし
アプリもソフトウエア的な故障が起きる場合があります。


最近のブラウザーは落ちてもバックアップがあるので
再現してくれる場合があるのですが

これが余計に次のことに移行するときに
無駄に邪魔をしてくれることがあります。
(特にたいしたこと調べてない時とかに、うるさく感じます)

あまりバックアップを複雑にするよりは、
その設定を、選べる方がいいかなとは思います。


スポンサードリンク

Windowsの場合


メニューバー上で右クリック→タスクマネジャーを起動

Ctrl+Alt+Delete  同時に押す
又は
Ctrl+Shift+Esc  同時に押す


不具合のあるアプリを選んで
「タスクの終了」(E)で 終了します



Windows自体もこれで終了できない場合は
最後の手段として、

「電源長押し」で終了します。(あまりお勧めではない)

WindowsもMacも最近の機種はいきなり電源が落ちても
なかなか壊れにくくなっているように感じますが

あくまで最終手段とした方がいいようです。

デスクトップの場合はコンセント抜きと言う手もあります。

又HDDよりはSSDのほうが壊れにくいようです
(調べた感じですけど、)



あとがき


以前と比べ、OS、アプリ共に完成度が上がっており
アプリが落ちたり、止まったりする頻度は減っているように感じます。

Macもばく だん からレインボーカーソルに変わって
それが出ることも少なくなっています。

ただ、私の持っている機種では、起動直後に右クリックで出ます
(原因不明で数秒のレインボーカーソルが1回出る)

それ以外では特に問題がないので
そのまま使ってます。

アプリの不具合を完全になくすことは出来ないかもしれません
そのため強制終了をすることは完全には防げないでしょうが
もっと減らす工夫がはいるのかもしれません、


現在の問題はアップデート時に、電源がきれたりすると
起動が出来なくなる場合があるようで

OSアップデート中断が一番今の問題なのかもしれません
せめてアップデートはこちら側に許可を得てからやってほしいですね。


関連記事:スマホでの強制終了方法;

スマホ 強制終了できない時のリセット方法のやり方,Xperia Z3C SO-02G,Xperia A SO-04E,Xperia Acro HD SO-03D,iPhoneも少し

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です