車内で音楽をSDカードに入れる方法と再生できないときに考えること,SDへの入れ方についてと容量について,Mac,Windows

スポンサードリンク


S元気か?(→あとがきへ)



車上のカーオーディオを使うのって
結構難しいですよね。


AndroidやiPhoneでできる簡単なことが

なぜできないのだろうと
考えさせらるうえ、

さらに、やりたいことが、うまく行かず
止まってしまうことが、ままあるかと思います。


ということで、
車、カーオーディオで音楽を使う方法などを
いくつかまとめてみましたので、

参考にしてみてください。(提案)


スポンサードリンク





①SD容量と ②Classについて




①32GBが最近の最高容量のようです。(執筆時、2020年頃)

②Classは10 がおすすめ(経験上)、「C10」←Cの中に10




①容量は4GBから16GB、
 曲を多く入れる場合は32GBでいいと思います。

私(BJ)は16GBでそれでも全部は使ってません。


音楽CDはだいたい640MBから700MBくらいなので
無圧縮(WAV)の場合、
CD2枚で約1.2GBから1.4GB 位を使い、

4GBのメモリなら、WAVでCD 5枚ちょいくらいは入りますし、

MP3に圧縮すると、その約5-10倍の曲が入ります。
(大体の目安で、条件により変わります。)



説明書には;型番;CN-RZ846ZA
320Kbps で約1,748曲

128Kbps で約4,369曲
 と書かれてます。(あくまで目安です)





②Class スピードに関しては、
聞く音楽のデーター形式でも変わってきますが、

普通はAAC、MP3の場合はClass 10でほとんどが
スペック的に十分で問題ないです。
(余裕のオーバースペック)
(例外としてたまに相性の悪いSDがあることがある)


コンビニ等で売っているものでもほとんどが使えます。
(私はパソコンショップかネットで購入してます)




ただし、中古車や古いカーオーディオを
購入した場合は、

その説明書を探して調べてみてください、
機種による制約はいろんなパターンがありますので、
(型番 説明書 PDF) でググって探してみてください。


以前私の使っていたカーオーディオは
SDカードはなく、USBしかついてなくて、

なおかつ、4GBまでしか認識しませんでした。
(8GBメモリは使えない。が、使う裏技あり)


4GBでもMP3の場合なら数百曲、はいります。
(CDの数が少ないなら4GBでも問題なし)




標準サイズSDカードか、microSDか




私(BJ)は主にmicroSDを使ってます。(現在は16GB)



理由はデーターの移動がおこないやすいということと

パソコン(PC)やスマホとのデーターの移動に使えるからです。(注意1*)



(注意1*);
車のカーオーディオでCDからSDカードへ移動した
音楽は原則その車のオーディオ機器でしか再生できません。





SDのフォーマットについて




市販のSDカードはたいていFAT32で
フォーマットされているので

再生機器が対応していれば、
そのまま使うことが可能です。



SDカードをフォーマットするのは
Windowsパソコン上で

SDを選んで、

右クリック、
フォーマット(ディスクのフォーマット)、で

FAT32でフォーマットを選ぶといいです。


データーを入れていた場合は消えますのでご注意を!!




MacでもFAT32、ディスクユーティリティで
フォーマット可能です。



CDの音源をパソコンに取り込む方法について


 以下へつづく、

Windows10の場合でパソコンに取り込む場合





Windows10 メディアプレイヤー cd 取り込み
 でググられてみてください。


OSバージョンとかにより少し差があるかもですが、
Windowsの場合、メディアプレイヤー(Media Player)が使えます。



Windows Media Playerを起動

取り込みの設定
 その他のオプション
 音楽の取り込み

 お好きな形式を選びます。(よくわからない場合はMP3が無難)

 WMA
 MP3
 WAV が最高音質(一般CDの場合)





windows10 iTunes cd 取り込み
 でもググられてみてください。



iTunes上で「インポート」をクリックする。(右側、上方部)

インポート方法
 WAV が最高音質
 AAC の設定 または
 MP3 の設定 のお好きなほうを選ばれてください。
    (こちらもよくわからない場合はMP3が無難)






パソコンを使ったCDの取り込みは以上ですが
このパソコン上のデーターを
microSDに移動します。


パソコンにSDリーダーライターがついてない場合は、
外付けのSDカードリーダーを購入されてください。

ドラッグアンドドロップでデーター移動が可能です。


SDアダプターは以下のものです(標準サイズSDカードの場合は必要なし)





以上で、
カーオーディオ側が対応していたら、再生できますが

機種によって、外部からの音楽を再生できない
カーオーディオもあるようです。

そのような場合、USB端子がついてれば、
microSD → USB 変換アダプターを使うと
再生できる場合もあるようです。(機種による)





参考;USBへのコピーの仕方(内部リンク)

USBへのコピーの仕方,MacとWindowsのコピーの違いについて,セブンイレブンのコピー印刷用フォーマットも簡単に説明します





Macパソコンに取り込む方法




CDドライブをMacにつないで
CDを入れます。(Mac対応ドライブを使うこと)

そうするとデスクトップに
CDのアイコンで出てきますので
それをダブルクリックし開らきます。

その中身をSSD内(デスクトップ)とかに
ドラッグアンドドロップすると
AIFF形式としてSSD内にとりこまれます。


このAIFFをAudacityで
WAVやMP3やAACに変換します。



参考;MacでMP3作成とAAC(m4a)作成方法(内部リンク)

MacでMP3作成とAAC(m4a)作成方法 MacでWAVEからMP3とAACを作成するのにはAudacityが便利で読み込み書き出し出来ます





スポンサードリンク

音楽データーの拡張子について




音楽データーの拡張子は


.WAV
.MP3
.AAC
.WMA

.FLAC
.Opus


等があり、(他にもいっぱいある)


音楽を高音質で聞きたい場合は
その他の形式も考慮する必要があるかもですが
一般的に使うくらいでいいなら、

MP3、AAC、WAV(CD音質)を抑えておけば、
たいていの場合使えます。


とりあえず、聞ければいいという場合は、
MP3でもあまり問題はないかと思います。
(こだわり次第です)、(^ ^)、320Kbpsでも聞いてます。


他;
.cdaという拡張子がありますが
これは音楽データーではありませんので
ご注意ください。




Mac標準の .aiffは、再生機器がほとんど非対応なので
この形式で保存する意味が少なくなってるかもです。

(iPhoneですら再生できない!!)
(MacBook Proなどでは、今でも使えます、)、(執筆時)



と、それぞれの保存形式は、
アプリを使うことで、変換できる場合が多いです。



車上でオーディオCDをSDに入れる方法,録音方法




型番;CN-RZ846ZA の場合
   以下のリンクのページに説明があります。


カーナビの場合、再生出来ない時

追記参照;

スマホでSDカードの音楽再生の出来るアプリプレイヤーとその方法についてとSDカードが再生出来るカーナビ機器とSDカードをパソコンで再生する方法とかを少し調べてみました,再生できない場合の参考に,原因もすこしだけ






音質について、
音質は最初おもったより、あまりよくない
と思っていたのですが

設定に
オーディオチューン画面から、

「ビット、周波数拡張ON」


を選ぶとかなり音質がよくなりました。

とくにMP3とかの場合はおすすめな設定で,WAVにも効果がありますが説明書では、WAVはoffがいいとかかれてはいます。。。
(音の匠のところ)







SDオーディオの思わぬ欠点について





車用のカーオーディオ機器を使って
CDをSDに、どんどん、ためていくと


とある時点で、
車を変えた場合や、SDカードが一部破損した場合に
今までSDにためた音楽を
新しいオーディオ機器やパソコン等で、


ほぼ、再生できません!!



そのような仕様で作られているからです。


そこで初めて、このものすごい仕様に気が付き
みな途方に暮れる状態になったりもします。



過去の大事な思い出が、未曾有の状態が起きて
急に消失するといったところでしょうか、

そんな、悲しくも酷い仕打ち、のようでもあります。。。
(あくまで、たとえです。)

AUX出力がついていたら、救出自体は可能かもですが
かなり時間がかかると思います。(アナログ風になります)




再生できないご報告とか




https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11158018616

問;kam********さん
CDを借りてきて車のオーディオ(SDカード)に音楽を取り込みました。車内では再生できるのですが、スマホ(AQUOS302sh)で再生できないでしょうか?

答;ジジジョルノさん
カーステレオでSDに入れた場合は機種によりますが、**ガードが掛っていたり特殊な形式で保存されますので他の機種では再生出来ない場合が多いです。またスマホの場合も再生出来ません。

スマホはそのスマホ本体でフォーマットをしたmicro SDでなければ再生出来ませんのでカーステレオで取り込むのではなくPCに取り込んでPCからスマホに転送するようにして下さい。




ジジジョルノさんのおっしゃるとおり
私のほうでも同じ管理を行ってますし
音楽はパソコン(PC)で管理がいいと思います。(同意)

ただ、
個人管理の場合は
データーベースとの照合がうまく行かなくなる場合もありますので
一長一短ではありますが

音楽データーそのものが使えなくなるということは
少ないので、私はこの管理を行ってます。


ただし、どうしてもGracenoteを使った
アルバム表記がいい場合とかは
システムにあった使い方をされてみてください。


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10180309255
そのナビの機能によって異なります。
特定の形式でSDカードに記録した音声を再生できるナビもありますし、他の機器で記録した音声は一切再生できないナビもあります。




MP3変換方法




参考;

MacでMP3作成とAAC(m4a)作成方法 MacでWAVEからMP3とAACを作成するのにはAudacityが便利で読み込み書き出し出来ます



Macで音楽CDをコピーしてAIFFからWAVEに変換するおすすめなフリーソフトと簡単な音楽編集のフェードアウト,フェードインの方法をまとめてみました,音楽プレイヤーも少しだけ






あとがき




車のカーオーディオでの
SDカードを使った方法についていくつかまとめてみました。


やはりというか、車でのSDカードへの録音は
いろいろと問題を起こすようである
というのがわかっていただけたでしょうか。。。
(気にしない方もおられます。)


話変わって、約数年前、以前の車にあったカーオーディオは

CD以外にUSBによるMP3の再生のみがついていて、


フォルダ階層ですら認識しないオーディオだったので、(貧弱!、、ゥ!)
とても使い勝手は悪かったです。(諦めの境地で納得して使う、)


フォルダ分けすらできないので、
最初からごちゃまぜみたいな感じを工夫しながら
使っていました。(データーは今でもPCにあり。)


と、USBの容量は4GBまでという制限もついていて
そのため、
8GBのメモリーを使うと音楽を鳴らすことすらできず(認識しない、、)

それをなんとか使うために、いくらか工夫した思い出もあります。


それに比べ、今の新しいカーオーディオでは
だいぶ使いやすくなっており
今更ながら、時代の流れを感じます。


SDは実験的に使ってみましたが、
だいたい、アチラコチラのレビューと
ほぼ一致してましたかね、、、


それと、以前の機種で表示すらされなかった、
タイトル表示(漢字)もできるので概ね満足です。


レコード、カセット、CD、MD、iPod、iPhone、Android、
いろんな音楽再生機器がでてはすたれ、
今にいたりますが、


過去、音楽を手軽に楽しむのに
レコードの値段は当時結構高く、

それを再生する機器にも結構お金がかかった記憶があります。

そういえば
FMエアチェックという言葉もありましたかね、、(^ ^;)


いまだにテープいくつか持ってますが、、、
カセットデッキなんかはもうあまり
見かけないですね。


レコードを買うことが、その当時あまり簡単ではなくて
tape to tepe ダビングなんてことも
よく行っており、(アナログ)

ヒスノイズ混じりの音楽で
結構感動していたのをおもいだしました。(^ ^)
(ドルビーB,Cとか、、)
(A,B,C,SR,、、、)


Sへ、もしここ見たらメールでも(元気か?)
kaitoyamagawakun6☆gmail.com
ほしをアットマークへ変えてください。

コメント欄はこちらで表示をコントロールしますので
投稿してもすぐには表示はしません。





関連記事

Macの不可視ファイル表示コマンド,ターミナル,非表示コマンド,削除方法とか,カーオーディオで変なファイルである不可視ファイル.DS_Storeと._**の消し方と方法について,Macだけだと難しいです

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください