MacでMP3作成とAAC(m4a)作成方法 MacでWAVEからMP3とAACを作成するのにはAudacityが便利で読み込み書き出し出来ます

スポンサードリンク


始めに

ダウンロードからインストール簡易使い方までの説明です


Mac OS X El Capitan 10.11.6 にて

使用しています

スポンサードリンク


Audacityのダウンロード

ダウンロード

2.1.3


LameとFFMPEGをダウンロード


 Lame_Library_v3.99.5_for_Audacity_on_macOS.dmg
 DMG – ffmpeg-mac-2.2.2.dmg
 
上の xx.dmgの2つのファイル(LameとFFMPEG)をダウンロードして
それをインストールしたら自動で
libs内に必要な **.dylibがはいっていると思います

「ライブラリ → Applocation Support → audacity → libs」

設定がうまくいっている場合は以下の枠内はいじらなくてもよいです

Audacity → 設定 → ライブラリ
MP3ライブラリ 場所 をクリック
ブラウス

ライブラリ → Applocation Support → audacity → libs
をたどり ファイルタイプを すべてのファイルにして
libmp3lame.dylib を選択


FFMPEGも同様に
FFmpegライブラリ 場所 をクリック

設定がされていれば、とくにいじる必要はありません
うまくいかないときは
ライブラリ → Applocation Support → audacity → libs
をたどり ファイルタイプを すべてのファイルにして
libavformat.55.dylib
を選択 してください





Audacityはドラッグアンドドロップにプログラムアイコンは対応してますが
ソフトを起動したあとの波形の出るところではドラッグアンドドロップに対応してません

その場合でのやり方は


Audacityを起動

ファイル → 開く


右端のスペースに読み込みファイルをドラッグアンドドロップします


右下の開くボタンを押すと
(非圧縮オーディオファイルを取り込むには、、、OKを押す)



そうすると、波形が見える画面になり
ファイルの読み込み終了となります

そのあとで

スポンサードリンク

MP3へ変換

ファイル → オーディオの書き出し


ファイルタイプ   MP3
ビットレートモード プリセット
品質 非常識 320kbps (お好きなbpsを選んでください)
可変スピード 標準
チャンネルモード ジョイントステレオ

を選んで保存をおします



アーティスト名とか タグがでますが 特に入力しなくても問題ないです


右下のOK ボタンをおすと MP3に変換されます

ファイル名の場所がわからなくなったら
EasyFindで検索できます(タイトル名はちゃんとつけときましょう)
→Macでファイル検索ソフトはEasyFindがお勧めです


AAC(m4a)のファイルも同様に変換できます
オリジナル音源を読み込んでAACに書き出すだけです


お好きなファイルに変更して
(AIFF、WAV、MP3、Ogg、FLAC、MP2、M4A、AC3、AMR、WMA、)
いろいととためしてみてください


MP3は128kbps以上(320kbpsがいい感じに聞こえます、たぶん)



プレイヤーでの音が今の所気に入っているのは
VLCがいいように思います(あくまで、個人の感想です)

また、simpleなプレイヤーではVOXもいいかもしれません

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です