Macの不可視ファイル表示コマンド,ターミナル,非表示コマンド,削除方法とか,カーオーディオで変なファイルである不可視ファイル.DS_Storeと._**の消し方と方法について,Macだけだと難しいです

スポンサードリンク


Macの不可視ファイル、
普段はあまり気にするは必要はありませんが、

ターミナル上で表示し、非表示化コマンドと
削除方法についてまとめてみました。と、


次にそのような変なファイル(不可視ファイル)の
削除が必要になるのはカーオーディオの再生ファイルで
そのUSB上のファイルの消し方もいくつかまとめて
みましたが、

MacOS上で認識できない


.DS_Store
._*

があるようで、( * はファイル名とかその他の名前)

MacOS単体での削除は難しい結果となりました。
(削除自体はできてます。)


ということで、

カーオーディオに表示され
しかも再生されない
頭についた変な文字、ドットやアンダーバーなどの

おかしなファイル(不可視ファイル)の
削除の参考になれば幸いです。


スポンサードリンク






環境




MacBook Pro Retina, 15-inch, Mid 2015
macOS High Sierra 10.13.6

Windows10 (他のWindowsでもたぶんOK)




Macターミナル表示コマンド,非表示コマンド



表示コマンド;

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
killall Finder




非表示コマンド;

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
killall Finder





以下図説
ターミナル起動




表示コマンドをターミナルにコピペし、リターンで実行。
(一度に2行コピーしても動きますが、分けたほうが確実かもです)




SSD(HDD)を開いたところ(非表示)




表示(隠しファイルが薄く表示)




もとに戻す場合は非表示のところを入力してください。



その他の方法;
対応しているMacでは

command+shift+.

(コマンド+シフト+ドット)を同時押し


でも表示します。(High Sierra 10.13.6はOK)
非表示の方法はもう一度同じキーを押します。



TinkerToolを使う方法(ツールを使っての不可視表示方法)




自己責任です。(私BJは今はあまり使ってません)


Mercel Bresink Software-System(外部リンク)
ttps://www.bresink.com/osx/TinkerTool.html

ダウンロード場所(外部リンク)
ttps://www.bresink.com/osx/TinkerToolOverview.html



必要であれば、
それぞれのOSに合わせてダウンロードしてください。



使い方は、アプリを起動




①Show hidden and system files にチェックを入れ
②右下のRelaunch Finder をクリックすると表示されます(不可視ファイル)




①消す場合はチェックボックスをoffにして、再度
②右下のRelaunch Finder をクリックです。





デスクトップのアイコンが一瞬消え再度表示されますが
そのほかのアプリは実行されたままです。



ネットワークの.DS_Store作成を止めるところとかもあります。
(慎重に使われてください、お願い)




くれぐれも自己責任で使用されてください。



スポンサードリンク

カーオーディオの不可視ファイルを消す方法(本題)




MacOS自体で認識できないファイルがあるようなので、
(カーオーディオとWindows10では表示される)


Windows10を使い、USBを開いて、

直接不可視ファイルを選んで、(._のファイルと.DS_Store等を)
ゴミ箱にいれると削除できます。
(選択→右クリック→削除)、(ゴミ箱消去を一緒か最後に)

図、図





図は一個のファイルですが
一気に選択し消してもOKです。
(間違えて音楽ファイルを消さないようご注意を!)
(頭文字に . とか ._ 等のファイルがそれです)





Macの場合
High Sierraから.DS_Storeの挙動が変わったみたいです。

macOS High Sierra 10.13 以降では、この動作が若干変更されました。(外部リンク)
https://support.apple.com/ja-jp/HT208209




ただ、Macでも「.DS_Store」は消すことができますが

それでもアプリを使う必要があって
「EasyFind」の不可視ファイル検索と削除を使うとうまく消せます。


USBメモリを指定して(USBアイコンを放り込んでもOK)
Invisible Files & Folders をチェックし
.DS_Store で検索する






選択して、消去で消えます




ただしEasyFindでも、「._*」ファイルは検索できず
残念ながらMacで消すことは私BJの実力では無理でした。
(たぶん、Macではやらないほうがいいかと、)


アップルダブルファイル というみたいです

調べると、どうやらファイルシステム関連ファイルの
ようなので、下手に触るとおかしなことになるかも
しれません。(問題点のところで後述)




「.DS_Store」もFinderで表示できないものがあるのですが、

これはEasyFindを使うことで表示ができるため
なんとか、消去できるようです。

(OSの不可視ファイル表示で出るものと出ないものがある)


私(BJ)のようにMacで音楽ファイルを扱う場合
車のカーオーディオでUSBを使う場合、

Windowsマシンを準備するか
Windowsエミュレーターを準備しておく必要があります。



.DS_Storeファイルは消えましたが
以下のコマンドでも「._*」は消えませんでした。(私BJの環境の場合)


find ./ \( -name “.DS_Store” -or -name “._*” \) | xargs rm -rf





不可視ファイルが残っているときの表示
「この曲は再生できません。」数秒待たされる。
図、図



WindowsでMacの不可視ファイルを消して
カーオーディオで確認したところ
42曲目の.が消えてます。





その後、いくつか聞きましが、「.」表示の
曲名はすべて消えてました。




参考;EasyFindの説明(内部リンク)

Macでファイル検索ソフトはEasyFindがお勧めです(リスに虫眼鏡のアイコン)検索できない時にもおすすめ





問題点とか,と,カス削除くん(アプリ)について




こまかな理由はよくわかりませんが
MacOSの不可視ファイルの中で

MacOSで扱えないような
ファイルが存在してる感じです。


アップルダブルファイル というようです。
不可視ファイル表示でも表示されないというMacの仕様。(たぶん)



AppleSingle
AppleDouble

どうやらファイルシステム関連ファイルみたいなので、
うかつに触るとMac上で扱うのは
危険なファイルなのかもしれません。(たぶん)


そのため、Windows10などのマシンが別途必要で

Windowsで表示させて、1つずつ消す方法が必要になるようです。
(USB上だけで消す場合は問題は少ないと思います。)



いちいち削除するのが面倒なら
Windowsでの削除ツールの
「カス削除くん」なども検討してみてください。

ダウンロード(Vector)、(外部リンク)
ttps://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se486135.html

説明(外部リンク)
ttp://clockmaker.jp/blog/2018/07/refuse-deleter-2018/



不可視ファイルの一括削除ができます。

使用は自己責任でお願いします。
使い方を誤るとときどきマシンが不調になったりもします。




ということで、

一番の問題は._* ファイルが
Macで表示すらできず、かつ探せないということなので(仕様)


Macのみでカーオーディオの曲ををUSB等を使って
再生する場合、不可視ファイルの問題がでてくるので

気になる場合は
不可視ファイルをWindowsマシンで消去する必要があり

不可視ファイルがあることによる
音楽の一時停止(再生できませんの表示)がでて
音楽再生に若干不都合が生じたりするようです。


カーオーディオがなんのファイルなのか分析している間、
次の音楽再生時にしばし止まって間ができます。


音楽を連続再生できないわけではないので
気にしない場合はあまり問題にはなりませんが

気にすると、再生が若干ひっかかるので、雰囲気を壊したりもします。



気にならなければ、問題は少ないかもですが

カーオーディオの種類によっては
ランダム再生に不具合が生じる場合が
あるという報告をみました。(価格コム)

https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000155196/SortID=12356153/?Reload=%8C%9F%8D%F5&SearchWord=%89B%82%B5%83t%83%40%83C%83%8B#tab

みどり1028さん

ただ再生するだけなら勝手に次の曲に行くから問題ないのですが、ランダム再生にした際にランダムが終わってしまうので困っています。
なにか分かることがあれば教えてください。



答えになるかわかりませんが、

たぶん不可視ファイルのどれかが

ランダムファイル再生の
終了判定になっているとおもわれますので(仮説①)
(他の原因がある場合もある、仮説②)

不可視ファイルをすべて削除する必要があるのかと
思います。

あとは実験してみないとわかりません。


ということで、上記
「カーオーディオの不可視ファイルを消す方法(本題)」を
読んでみてください。(参考)



DSファイルの中身の見方とmiで疑似DSファイルの作り方とか




自己責任ですが、


DSファイルの中身を見るには
Macの場合、たぶん
開発環境用のファイルとエディタを入れないと
いけなさそうなので、

簡単にDSファイルをみるだけなら
Windowsの メモ帳 を使うと中身をみることはできますが、



何らかのチェック及び実行ファイル
みたいな感じもしますので(Wiki参照)

中身は下手にいじらないほうが良いと思います。
(コピーを使い、もとのいちに戻さなければOK)




Macで、miを起動して、適当に文書をいれて、
保存時に「.DS_Store1」として保存すると
擬似的に不可視ファイルが作成されます。(実験)
(表示は上記方法で)




ファイル名最後の「1」を忘れると
MacOS標準のファイルを上書きすることがありますので

間違えて書き換えてしまうと、たぶん
おかしなことになる場合がありますので、ご注意を!!

ファイルを見る場合は上記コマンドか
command+shift+.  で表示させて

Macに必要ないファイルなので、実験が終わったら
ゴミ箱にすててください。
(EasyFindでも消せます、.DS_Store1 で不可視検索、Delete)





あとがき




ターミナルコマンドを使って
不可視ファイル表示、非表示、

をまとめましたが、


コマンド等をつかって、
カーオーディオの不可視ファイルの
削除を試みましたが、

Macでできない場合があるのに気が付き、
結局、Windows10を使わないと
削除できませんでしたけど

結果として、削除できたので良かったです。٩(ˊᗜˋ*)وやったー



古いMacOS(MTL)とかもいまだ使っていて
かつWindows環境とかも混在してますので

Thumbs.dbとかのMacにはいらないファイルとかも
あったりし、、、

デスクトップやフォルダ内は散々散らかって
いるかもです。(^ ^;)


関連記事;

車内で音楽をSDカードに入れる方法と再生できないときに考えること,SDへの入れ方についてと容量について,Mac,Windows


Macの検索で出てこない検索出来ないファイルを探す方法,Finderでの検索についてとショートカット,とGoogle Chrome,Firefox,Safari等のブラウザー内の言葉や文字を検索する方法をまとめてみました。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください