Air Mac Extreamブリッジモードの設定方法

スポンサードリンク

インターネットの設定は完了しており
無線機器AirMac ExtreamやAirMac ExpressやMacなどを
つなぐ場合での説明で

ブリッジモードってどうやって設定するんだろ?
という時なんかに参考にされて下さい。




スポンサードリンク



イーサーケーブルの接続場所



イーサーケーブルはストレートケーブルを使用してください。
(クロスではありません)

カテゴリー6を選んでおけば問題ないと思います。
私はきしめんタイプの平たい物を使ってます。


カテゴリーに関しては興味深いページが
ありましたので、ご参考に
ttp://news.livedoor.com/article/detail/6651517/


イーサーケーブルを使ってAirMac ExtremeをWANポートにつなぎます
(円形の点のマークがそれです)



ここからさらにイーサーケーブルで
機器を延長する場合や、
Macに直接つなぐにはイーサーアイコン  <・・・>に接続します
デスクトップなどで動かさない場合は有線がおすすめです。





AirMacユーティリティの設定、ブッリジモードの設定


AirMacユーティリティを起動(アプリ→ユーティリティ)



起動したところ



真ん中の白いAirMac Extremeをクリック(旧AirMac Extreme)



編集をクリック



ネットワークをクリック



ブリッジモードを選択



ブリッジモードを選んだ所
(ルーターモードが切れて、ブリッジモードになったという意味)



アップデートをクリック。



しばらくすると
設定が完了し
WIFIネットワークが接続可能になります。


スポンサードリンク

あとがき


ブリッジモードはネットワークが完了しており
ルーターがそれぞれのマシンにIPアドレスを
割り当てている状況での
端末側のAirMacの設定です。


アドレスは最初のルーター側で割り振りしているので
AirMac側では普通必要ないので、

ここでもIPアドレスを割り当てするのは2度手間になりますし
整合性もとれなくなる場合がおき(競合、ぶつかる)

遅くなったり、場合によっては接続できなくなる
場合があるようです。


特に会社にAirMac Extremeを持って行き、イーサーポートに
接続する場合は、ブリッジモードにしておかないと

会社側のルーターとぶつかって、おかしな事に
なることがあります。(繋がらないとか)

会社によっては問題ないこともありますが
ブリッジモードにしておいた方がいいです。


実際私も設定で、気がつかずに最初ブリッジしてなかったのですが
それでも、最初はつながってましたが、
しばらくすると、接続できなくなり
(たぶん、管理業者がなにか、対応したのかと?)


よく調べてみたら、ブリッジ設定になってなくて
その設定を直したらすぐに繋がりました。

これは許可を取っておこなっていたのですが
それでも、
こちら側の不手際で迷惑をかけるかもしれない場合もありますので

会社にMacの機器を持ち込む場合は
許可を得て使われてくださいね。


ネットワークを広げる方法とポートに関して


会社ではポートがふさがれていることが多く
会社でのポートを使用するアプリネットワークが使えない場合

個人だけでの機器のポートを少しだけ広げたい場合に
以下のテクニックが使えます。
その圏内だけならポートを自由に使えます。
(くれぐれも許可を得てからつかってください。)

WIFI中継器を使ってMacのWIFIをひ孫まで延長出来ました(多段接続)WDS



MacでWIFI多段接続をAirMac Extreme中継器を使ってやってみたPart2



Macで新AirMac Extreme中継器を設定してみた(テスト中です)Part3

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です