どこでも My Macで画面共有をダブルクリック+リターンで実現!

スポンサードリンク

画面共有、便利ですが
どこでも My Macもダブルクリック一発で出来ないかと
試行錯誤してましたが

今回やっと、目的に近いアプリ(スクリプト)ができたので
報告します (2工程となりました)


スポンサードリンク


1.始めに


接続先Macの画面共有を設定しておく
「システム環境設定」 → 「共有」 → 「画面共有」 をチェック
「リモートログイン」も チェックしておく
「システム環境設定」 → 「iCloud」に自分の「AppleID」を入力
「iCloud」を開いたら、「どこでも My Mac」 にチェックを入れる



Apple ID → Apple ID 登録方法で検索
Apple IDの登録はお支払い方法を指定せずに出来る方法があります
   → Apple IDをクレジットカードなし 等で検索
     (無料アプリを入れる)



2.自分側のMac(コントロールする側)も同様に「iCloud」に「Apple ID」を入力する

3.自分側のMacでターミナルを開く


「command+shift+K」を

おすと 「セキュアシェル(ssh)」のメニューがでるので それを選択
サーバーの欄に つなぎたいMacの名前が出ますので
それを選びます

そうすると 一番下に 「ssh -p 22 接続先Macの名前-no-Mac-iMac.xxxxxxxxxx.members.btmm.icloud.com.」
とでてきます

  
左下の「ユーザ:」欄は 接続先Macの名前を入れます
そうすることで、相手先Macにssh接続ができるようになります
 
今回はssh接続は行わないので
  
下の欄の「ssh -p 22 Macの名前no-Mac-iMac.xxxxxxxxxx.members.btmm.icloud.com.」
この情報の一部を使います
  
(xxxxxxxxxxは 接続先Macの何らかの情報(数字)だと思います)

  
  

4.上のssh -p 22 から icloud.com. までで


ssh -p 22を除いた 情報が 接続先Macのデーターになります
それを以下のように書きます(xxxxxxxxxx は数字です、直して使ってください)

open vnc://Macの名前-no-Mac-iMac.xxxxxxxxxx.members.btmm.icloud.com.

以上がターミナルでも使える、どこでもMyMacのコマンドになります
(状況によってはこれだけだとターミナルで動かない場合があります)

前回も言いましたが、キーチェインは 登録するかしないかは
ご自分で考えて、つかってください
セキュリティが心配な方は登録しないでください
 
  
テスト的に登録してみたら
登録したら、ダブルクリック一発で使えるかとおもっていたのですが、
接続ボタンを押す一手間(リターン)がのこりました、(パスワードは入力されている)
キーチェインを登録してない場合はパスワード入力がそのつど必要です

  
  
スポンサードリンク

5.Automatorを使ってアプリ化する


Automatorを起動→「新規書類」→「アプリケーション」を選択 右下の「選択」ボタンを押す
真ん中上の「虫眼鏡アイコン」をクリック「シェルスクリプト」と入力
でてきた、「シェルスクリプトを実行」を右の「ワークフローを作成…」の
とこに放り込む

catとでてくるので、
catは消し

open vnc://Macの名前.xxxxxxxxxx.members.btmm.icloud.com.

を入力します

シェル: /bin/bash  (←特にいじらない)




ここで、「ファイル」 「保存」 「アプリケーション」 で 「保存」を 選択

できたスクリプトプログラム?を ダブルクリック+リターンで 画面共有 できます
(キーチェインを登録した場合はリターンのみではいれます)


ファイルの名前はあとからでも書き換えられますので
接続先Mac名の画面共有なんかでつけるといいと思います


最初はマシン名とパスワード入力が必用ですが、キーチェイン登録すると
パスワード入力はいらなくなります
このへんは 状況に応じて、登録するかしないか使い分けてください

セキュリティを重視する場合は 登録しないでください


6.問題点


残念ながら接続できる場合と接続できないことがあります
2回目で接続できる場合もあります

それでも繋がらないときは、

HDDを開いて繋ぎたいMacを選択し別名で接続をクリック
しばらく待つと、せつぞくできませんでしたとでますので
そのあとでスクリプトを実行してみてください

または、画面共有をクリック。。。


ほかに
接続出来ない場合として、接続先Macがスリープしている場合があり
この場合はスリープしない 設定にしておくこと


又、特にMoutain Lion(10.8)は接続障害がわりと起きます
壊れた場合の復旧方法もありますが これは 後述します→
→どこでもMyMacの接続障害の直し方について(1つのとある方法)

スクリプト以前の問題点として、HDDを開いて、共有先のMacを選択した場合
「接続できませんでした」とでることが多いかと思います

その次に、「別名で接続」ボタンをおすとしばらくして
「サーバーxxxxxxのMac用の名前と
パスワードを入力してください」、とでてきます

登録ユーザーで入力して、パスワードを入れると、あちらのMacのフォルダがマウントされます
それから、「画面共有」を押すとうまくいく場合が多い様に感じます

このへんは仕様なのかどうなのかわかりませんが
どこでもMyMacの接続がうまくいかない場合の接続方法の1つです

ターミナルコマンドで共有できなくても、このスクリプトアプリで画面共有が
できる場合があるようです。


7.接続ボタンを押させる方法


これについても調べてみたのですが、かなりプログラミングの知識がいるようですので
今回は見送りたいと思います。

  


8.最後に


どこでもMyMacを使うことになった経緯ですが
自宅のルーターにポートを開けて接続すると、なんか危険そうだし
ほかに何かよい方法がないかと探していたら、

VPN接続が安全でセキュリティが高そうなので
色々とテストしていたら、結局
どこでもMyMacが私にとって一番簡単であったので
設定しました


私の場合はスリープからの復帰がうまく行かず
結局スリープ無しの運用となっています

それでも自宅のMacにアクセスできると
そこを起点としてWinのマシンにもアクセスできますし
それなりに遅いですが、winのコントロールも可能となりました
→MacからWindows7の画面共有をダブルクリックで実現

自宅のマシンのファイルを持ってくることも
可能になり
アップローダーにあげて
そこから自分でダウンロードするとか
そういった使い方もできます

メールに添付して 送ることも可能です

iCloud Driveも使おうと思えば可能ではあります(10.8.5でも、前記事)

ファイルを持ってくるとか、エンコード作業の経過をみたりとか
いろんな使い方が可能となります


持ち運び用の軽いAirがほしくなったりしますが、いまのところ
そこまで必用なのか?というところで考え中になってます。

自宅で画面共有の場合です(Local接続の場合)
  ↓
画面共有を簡単にダブルクリックで実行するには? 画面共有のアプリをAutomatorで作成しました


マニュアルで画面共有を行う方法

Macで画面共有ができない場合の再チェック方法と設定方法,Windows7もできます



どこでもMyMac外出先から繋がらない表示されない時の接続方法Part3,共有すれば繋がります,スリープはしない方がいいです

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です