画面共有を簡単にダブルクリックで実行するには? 画面共有のアプリをAutomatorで作成しました

スポンサードリンク

小さなプログラムですが、
効果絶大です
どこでもMyMacでもある程度可能です



スポンサードリンク




1.始めに;


Macを使用していると画面共有便利ですよね (OS X EI Capitan 10.11.6)

①HDD 又は フォルダを開いて
②「左サイドバー」のアイコン(目的のマシン)をクリックし
③右上部にでる 「画面を共有」 をクリック
④「マシンの名前」 と 「パスワード」を入力(キーチェインに登録してあればいらない)



を行うと、画面が共有できます

よく使う方は、この 1.→ 2.→ 3.→ 4. の行程が結構めんどくさくなってきます


何とか自動化できないものかと、色々検索してみましたら
とても参考になるページをみつけ
これを元にスクリプトを再度作成しました(作者さんありがとうございます)


2.画面共有 おさらい;


接続するマシンの
「システム環境設定」 → 「共有」 → 「画面共有」 をチェック
リモートログインも チェックしておくと 便利です (おすすめ、後述)
(画面だけでいい方は画面共有をチェック)





3.アップルスクリプトの場合;

set aUserName to “接続先macの名前”
set aPassword to “パスワード”
set aMachineIP to “192.168.1.99”
set aLoc to “vnc://” & aUserName & “:” & aPassword & “@” & aMachineIP
open location aLoc


補足 192.168.1.99 のIPアドレスは 接続先MacのIPアドレスを調べ、直してください
(192.168.1.3とか)
調べ方は接続先Macの
「環境設定」→「ネットワーク」→真ん中上にIPアドレスがかいてあります




アップルスクリプトで作成したい場合はこちらです
→MacからWindows7の画面共有をダブルクリックで実現


スポンサードリンク

4.ターミナルの場合;

open vnc://接続先macの名前-no-Mac-iMac.local


このコマンドをターミナルに貼り付けても動作します(名前は修正してください)
最初はマックの名前と パスワードの入力が求められます
キーチェインを登録すると、パスワードがいらなくなりますが

セキュリティを重視する場合は キーチェインは登録しないほうがいいです が
一発でつなげる場合は登録すると楽ではあります

 補足1;
  接続先Macのリモートログインをチェックしておくと
  こちら側(手元のMac)のターミナルを起動して、
  「command+shift+K」
  をおすと セキュアシェル(ssh)のメニューがでるので それを選択
  サーバーの欄に つなぎたいMacの名前が出ますので
  それを選びます
 
  そうすると 一番下に 「ssh -p 22 接続先Macの名前-no-Mac-iMac.local.」
  とでてきます
 
 「-p22」 と 「.local.」の間がMacの名前になります

ターミナルを起動


command+shift+k  をおすと



 補足2;
  左下の「ユーザ:」欄は 接続先Macの名前を入れます
  そうすることで、相手先Macにssh接続ができるようになります


 補足3;
  右下の「接続」ボタンは おすと 接続先にssh接続しますので
  触ったことの無い方はおすすめしませんが
  知っておくといろいろと便利ではあります。
  どこでもMyMacのアクセス権が壊れたときに使えます →後述
→どこでもMyMacの接続障害の直し方について(1つのとある方法)



5.Automatorを使ってアプリ化する


3.のアップルスクリプトはどなたかのページを参考に
  だいぶ前に作成しました(作者さんありがとうございます)

  今回はターミナルのコマンドをアプリ化する方法を述べます

Automatorを起動→「新規書類」→「アプリケーション」を選択 右下の「選択」ボタンを押す




真ん中上の「虫眼鏡アイコン」をクリック「シェルスクリプト」と入力
でてきた、「シェルスクリプトを実行」を右の「ワークフローを作成…」のとこに放り込む


catとでてくるので、
catは消し

open vnc://Macの名前-no-Mac-iMac.local
を入力します
シェル: /bin/bash  (←特にいじらない)



ここで、「ファイル」 「保存」 「アプリケーション」 で 「保存」を 選択


できたスクリプトプログラムを ダブルクリックすると 画面共有 できます


名前はあとからでも書き換えられますので 接続先Mac名の画面共有なんかで
つけるといいです(うちのMacの画面共有Localとか)


最初はマシン名とパスワード入力が必用ですが、キーチェイン登録すると
いらなくなります

このへんは 好みで、登録するかしないか 使い分けてください

セキュリティを重視する場合は いれないでください(大切なので2度書きました)
しかし登録すると一発でつながります、



6.後書き;


画面共有、スクリプトプログラム、以前よりかいていたのですが

今回再度勉強し直して、参考になるページからヒントをえて
再度作成しました


結構便利ですよ!

Windowsマシンも同じように作成して
MacからWindows7マシンを画面共有からコントロール(リモコン)しています
3.のアップルスクリプトを使用しています
WinにはVNCを入れています
→MacからWindows7の画面共有をダブルクリックで実現


プログラム用語がすこしへんですが、そのへんはご容赦ください
動作テストは自分のマシンでおこなってますが
なにか問題などあれば連絡ください
よろしくお願いします


どこでもMyMacも同じように作成できましたので
後述します
どこでも My Macで画面共有をダブルクリック+リターンで実現!



以下は、もしうまくいかない場合にチェックしてみてください。

Macで画面共有ができない場合の再チェック方法と設定方法,Windows7もできます

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です