どこでもMyMacの接続障害の直し方について(1つのとある方法)

スポンサードリンク


便利などこでもMyMacですが


OS X 10.8.5でときたま接続障害がおきます

特にMoutain Lionは

よく接続障害がおきるような感じがします
スポンサードリンク

その復旧方法をかいてみます


(ターミナルを使いますので、自己責任で行ってください)
(実験の前にバックアップをとることをオススメします)
(実行する前に、下の問題点を必ず先によんでおいてください)
改善後はこちらへ
→どこでも My Macで画面共有をダブルクリック+リターンで実現!


接続先Macはリモートログインはonにしておく


スポンサードリンク

ターミナル起動


command+shift+K

セキュアシェルを選び

接続先Macを選ぶ

ユーザー: のところに接続先マックの名前を入力

右下の接続ボタンを押す



最初のパスワードは自分のmacのパスワード

つぎのパスワードは接続先マックのパスワード
ポイントは最初、自分側のパスワードを入力
繋がった後からは、接続先Macのパスワードを入力します


password: 入力(自分側のmacの) yesもいる

password:Login パス これは相手方(接続先)のパスワードを 



接続先Macのターミナルにアクセス権修復のコマンドを入力します

sudo /usr/libexec/repair_packages –repair –standard-pkgs –volume /
Permissions differ on “Library/Java”, should be drwxr-xr-x , they are drwxrwxr-x .
Repaired “Library/Java”.
User differs on “private/var/db/displaypolicyd”, should be 0, user is 244.
Group differs on “private/var/db/displaypolicyd”, should be 0, group is 244.
Repaired “private/var/db/displaypolicyd”.
User differs on “usr/local”, should be 0, user is 501.
Group differs on “usr/local”, should be 0, group is 80.
Permissions differ on “usr/local”, should be drwxr-xr-x , they are drwxrwxr-x .
Repaired “usr/local”.


1度目のコマンド入力(コピペでOK)はパスワードをきかれますので
接続先のパスワードを入力します
アクセス権修復の実行はされてないと思います

2度目に同じコマンドを入力すると実行されます
しばらくすると、コマンドラインの画面がスクロールします



コマンド受付時の状態になったら終了です

私は念のためrebootを実行してます
(sudo reboot ですね)

と同時にこちらのMacも再起動します(念のため)


接続先のリブートが完了しMacが立ち上がったところを見計らって

どこでもMyMacの接続を試みます。


H.29.12.29;追記
リブートは両方共行わなくても、つながるようで
相手先のコマンドが終了したら、接続トライしてもいいようです。


その場合はスクリプトを使わずに
HDDをひらいた画面から、接続先Macを選び
しばらっくまって、
接続中  →  接続できませんでしたを 確認
それから、別名で接続を 選択

パスワード入力画面がでるので
名前、パスワードを入力し

HDDフォルダに、共有フォルダがあらわれてから

画面共有ボタンをおすと大抵復旧されているように思います

大抵これでつながりますが
それでもつながらないときは、そのときは、残念ながら私はあきらめます


回線が不安定な場合
ssh接続がきれる場合がありますが、この場合はしばらく放置して
こちらのマックを再起動して
向こう側が勝手にアクセス権修復が終了していた場合は、うまくつながると思います



あとがき


ssh接続が可能となった状態でのアクセス権修復なので
こちら側の、アクセス権がもとにもどるのかなと考えています
(ちがってましたら、どなたかご連絡ください)


又Mountain Lionはアクセス権がよく壊れる感じがします(あくまで印象です)


あたらしいOSではテストしていませんが
使わせていただいたコマンドは OS X EI capitanようですので
やり方は同じだと思います

くれぐれも自己責任でおこなってください

私の場合は10.8.5でこのコマンドで
幸いおかしなことになったことはないです

問題点(注意点)
個人的に実験したことですので、間違えていることがあるかもしれません
EI capitanでのアクセス権修復がMountain Lionでも同じものなのか?
この辺は調べてみたのですが、よくわかりませんでした
いくらか問題のある行為なので、
くれぐれもおこなうときは バックアップをとってからやってください
私は、壊れてもいいか、という感じでやってみたら
復旧したので、これでいいのか?とおもい
これまで、やったことをかいてみました
間違いなどあればご指摘、ご指導よろしくおねがいします。

復旧後は以前紹介したスクリプトも使えます
→どこでも My Macで画面共有をダブルクリック+リターンで実現!





この記事を作成するにあたって
おったんさんのページのアクセス権修復の記述を
参考にさせていただきました
どうもありがとうございました。
http://ottan.xyz/el-capitan-disk-verify-repair-2897/


どこでもMyMacでAirMac ExtreameのファームウエアアップデートでMountain Lionが接続障害!

どこでもMyMacでAirMac ExtreameのファームウエアアップデートでMountain Lionが接続障害!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です