どこでもMyMac外出先から繋がらない表示されない時の接続方法Part3,共有すれば繋がります,スリープはしない方がいいです

スポンサードリンク

どこでもMyMac便利に使っているのですが
時々原因不明の接続障害にみまわれます、

設定は問題なく、いつものように接続しようとしていて
つながらない

そんな時の裏技的な方法がもう一つみつかりましたので
書いておきます。




スポンサードリンク



繋がらない時よくみるパターン


サーバー”** のMac Book Pro”への接続で問題が起
きました。

サーバーが存在しないか、現在利用できません。サーバーの名前ま
たはIPアドレス、およびネットワーク接続を確認してから、
やり直してください。




以下直し方 ↓

連打方、方法


HDD又はフォルダを開きます



つなぎたい自宅のMacを選び「別名で接続…」を10回連打します。



サーバー”****”のMacBook Proへの接続で問題がおきました。
がでるのでOKでその画面を消す。



接続出来ませんでした。



10回のうち一回は以下のように入る場合がありますので
まずためしに、やってみてください。

しかし、10回「はい」ボタンを押さなければいけない場合は
この方法では無理です。

以下はうまく繋がり、パスワード入力画面に到達した時



名前とパスワードを入力(名前はユーザー名、パスワードは接続先Macのパスワード)
入力後に接続ボタンを押す。



接続先のMacのフォルダがこちら側にマウントされた時



次に、「画面共有…」を押す



自宅のMacの画面が共有された所



接続先の自宅Macから自宅windowsの画面共有をした所



うまくいけば、このように繋がることもあります。
以上です。


H.30.1.8追記;さらにもう一つ

OSはなるべく同じ物が相性はいいと思います
Moutain LionならMoutain Lion同士
El CapitanならEl Capitan同士

macは細かなバージョンで仕様変更とかよくありますので
同じ物でもバージョンによって
繋がりにくいパターンもあるかもしれません。

両起動マックなら、OSを切り替えて、接続先に合わせて
再接続するとうまくいく場合もあります。





それでもつながらない時


以下は、以前述べた、アクセス権が壊れた場合の復旧方法です
ターミナルを使いますので、興味のあるかたはどうぞ。

どこでもMyMacの接続障害の直し方について(1つのとある方法)




ファームウエアの問題


これは私の環境特有なので、あくまで参考程度に。

どこでもMyMacでAirMac ExtreameのファームウエアアップデートでMountain Lionが接続障害!




スポンサードリンク

それでもつながらない場合はネットワークを変更


近くのWIFIでうまくいかない場合は
持っているスマホでテザリングすると
つながることもあります。(料金に注意)

Xperia Z3 compact 非rootでテザリング設定をIIJmio Android 6でやってみた





かならずこれらの方法でうまくいくとは限りませんが
今年いろいろと検証した結果が上記です。


それでも繋がらない場合は私の場合
あきらめます。(残念)


UpnPのことですが


自宅を除いて、私は特に設定してません
会社側は特にセキュリティが厳しいので、その設定はできません
しかし繋がることはつながるので
特に問題視してません。

ただそれでも、繋がりにくい時はあって、そのときは
あきらめます。

会社から自宅へはわりとすんなりとつながり
自宅から会社へは原因不明の接続障害があります。

会社のネットをまがりしてるので
これは仕方のないことなのかなと思っています。
(許可を受けてつかってます。)

自分のお金を使ってモバイルルーターを使うという手もありますが
もったいないのでそこまではやってません。

WIFIレンタルサービス、

12.携帯2台持ちのメリット!とWi-Fiレンタルサービス!




スリープについて


これは何回か実験しましたが私の持っている機器では
スリープしない設定をしないとつながりませんでした。

(システム環境設定→省エネルギー →コンピューターのスリープ をしないを選択)


あとがき


どこでもMyMac便利なのですが、若干不安定なため
自分、相手方、ネットワークの間、などの
不確定な要素が多すぎてなのかわかりませんが

繋がらないことがままあります。


それとAppleの方針はよくわかりませんが
時々、基本インフラをいじっている節があります

私のMacは
「ユーザー名」の MacBookPro と今までは出ていたのですが
「ユーザー名」’s MacBookPro をとでるものがあり(最近)


その違いは、インストール時の違いの可能性があります
「’s」のときはネットワークにつないでUSBインストールしました

「の」 がついている物は今年前半にインストールした物と
ネットワーク切断中にインストールした物です。


プログラムを書く側からすると「’s」の方が書きやすそうではあります、


その仕様の変更のせいなのかわかりませんが
1週間ほど、どこでもMyMacが接続しない
原因不明の接続障害もおきていました。
これは強烈で上記方法でも全然つながりませんでした。


その後接続障害はなぜかもとにもどったのですが
この「連打方」をみつけたのは、これがきっかけです。
(ちらっと、北斗の拳をみていたせいかもしれません)(^ ^;)


又、混在環境のことも、関係しているかもしれません
同じOSであればあまりこのようなことは起きにくいかも
しれません。

仕事に使えるかという問いには
私の使った感じでは、安定性に問題があるため
仕事ではまだ無理というのが結論です。

どうしても必要ならデーター持ち歩かないとだめだと思います。


あとスピードはやはり複数の回線を使っているため
遅いです。(この時間差に耐えられるかが分かれ目)



それと、これは公開されたファイルという意味ですが
会社のmacに接続して、会社のファイルをゲットする方法
は以下のテクニックをつかうとできると思います。

異なる2つの無線LANを一つのMacで接続する方法 NIC2枚差しの方法





大きなファイルの場合はgoogleドライブに保存して
持ってくるのがいいです。(当然macのドライブも使えます)
(自宅→googleドライブ→会社のmacへ)

小さいファイルなら持ってくるのは簡単で、
画面から直接ドラッグアンドドロップで
もってこれます。


昔に比べ、無料でこれだけできるだけでも
いいのかもしれません、

繋がった場合は結構便利に自宅のMacがつかえます
安定性がもっと増し速度があがれば、
Airを持ち歩いて自宅のmacにアクセス
というのも簡単になるかと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です