日本語Bluetooth物理キーボードで文字化けというか一部違う文字が出る場合,タブレット,スマホのキーマップを変更というかキーボードの設定を変えればほぼ入力出来るので設定してみました,日本語109A配列に直す方法

スポンサードリンク

以前タブレットとスマホにBluetooth日本語物理キーボードを使って
日本語入力を行ってみましたが

キーマップが違っており、
一部文字のキーレイアウトが違っていて

どこにその文字がはいっているか
探しにくくなっていたので、

キーボードの文字をほぼ表示通りに入力出来るよう
設定し直しました。

参考になると幸いです。







日本語対応キーボード設定

日本語109A配列 があればOK

(他には106や109もある。)

スポンサードリンク





環境


Xperia SIMフリー 5 ii(XQ-AS42) Android 11 58.1.A.5.55B

HUAWEI MediaPad M5


Apple;bluetoothキーボード(旧) 約306 グラム
 Apple Wireless Keyboard(JIS)日本語 A1314 単3電池2本使用


図は以下のリンクにあります。(前記事参照)

機器の構成及び環境


設定方法


初めに、Bluetoothキーボードをタブレット(M5)に接続します。
図 設定をタップ


図 デバイス接続


図 接続が完了した所



図 システム → 言語と文字入力 をタップ


図 入力方法,デフォルトキーボード 日本語-iWnn IME
  その他の入力方法の設定 をタップ



図 物理キーボード をタップ


図 Gboard-多言語入力とiWnn IME-日本語が日本語109A配列になっている
  これは設定後の表示で、GboardとiWNN IMEをタップすると
  設定が出来ます


図 日本語109A配列 その設定場所




図 これは高速メモ帳の右下に出るキーボードのアイコンタップで出る表示で
   GboardとiWnn IMEの切り替えが出来ます。

   command+スペースでも切り替え可能です。


図 ショートカットです(戻るボタン「▼」が地味に便利です,以下説明少し)



Macキーボードの場合。

🔍 → command
↩︎  → return






戻るボタン(▼ アイコン)は command+shift+return(enter)







Xperia SIMフリー 5 ii(XQ-AS42) Android 11 58.1.A.5.55B の場合

最初にBluetoothキーボードを接続しておきます
図 設定→機器接続


図 日本語入力をGboardに変えます。(POBox側からは設定出来ない)
  今回は高速メモ帳を使って切り替えてます。
  又、ここに、仮想キーボードの表示(画面内のキーボード)のon offがあります



図 設定


図 システム



図 言語と入力(Gboard) をタップ


図 物理キーボード をタップ


図 Apple Wireless Keyboard をタップ


図 キーボードレイアウトの設定 をタップ


図 日本語109A配列をonにする



図 日本語109A配列が選択された所



図 POBoxに切り替えた所(お好みで)



アプリを使う方法(今回必要無し)


これは自己責任の所ですので
必要ない場合はあまりおすすめしません。

BJの今回の環境では、必要ありませんが、
OSが古かったり、対応してない場合のためにリンクを置いておきます。

KCM for 日本語106/109キーボード
ttps://m.apkpure.com/jp/kcm-for-japanese-106-109-kbd/jp.tadnak25.inputdevices4j
日本語106/109キーボードレイアウト
ttps://m.apkpure.com/jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E106-109%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88/net.init0.android.keyboard109

スポンサードリンク

アットマーク @、アンダーバー _ について


最初(設定前)はどのキーにあるか、
わからなかったですが(探せば出る,全部押して探す,みだれうち法)

日本語キーボードに設定し直すと、

初めに「英数」キーを押して、

アットマークは表示通り「@」
アンダーバーはshift+「ろ」 _  (ろは右のshiftキーの左にあります。)


で表示出来ました。

アンダーバーをスマホやパソコンでの出し方をアンドロイド(Android)やiPhoneやMacやWindowsでの方法をまとめてみました,英語キーボードのやり方,打ち方も少しだけ



結果;P、L、Mの右側のキー




キーレイアウトがおかしい時(英語キーボード時)
P []
L ;’\
M ,./



日本語キーボード修正後の結果。(右側はshift+での表示)

P @[    `{
L ;:]    +*}
M ,./\   <>?_



と修正されます。


問題点


タブレット、HUAWEI MediaPad M5の場合
ファーウェイのタブレットを使ってwi-fiで通話できるかやってみました,使い方,やり方,できない時の参考に,Zoiper,HUAWEI MediaPad M5,SMARTalk

Gboardでは、日本語英字変切り替えがキーのみではうまく行かない。

日本語-iWnn IMEに分がある
 (こちらは「かな」,「英数」キーで日本語,英語の切り替えがスムーズ)



Xperia SIMフリー 5 ii(XQ-AS42)の場合
物理キーボードの設定においてPobox側に設定がなく

Gboard側で設定する必要があるので、
今後のアップデートで使えなくなる可能性がある。(不明、実験中)

(今回の環境では設定自体は一応可能です。)

明るさ調整時、
メニューのスライダーが出たままになるので
command+shift+return(enter)キーを押して消す必要がある。
(スマホの戻るボタン「▼」を押した時の挙動をする。)



capsロックキーが対応してない。orz…
数字の全角は直接入力は出来ない。(変換する必要あり,過去記事参照)
スマホの物理キーボードで日本語入力の出来るままおすすめの物と接続設定とwifiマウス(M546)とトラックパッド,Android,MacキーボードとMacトラックパッドとマウスとキーボードは3つ同時使用もOK,bluetoothや有線にて認識




メモ帳使用時にアルファベット最初の文字が大文字になる。
(画面上のソフトキーボードではそういうことはない。)


あとがき


どうやら、
キーマップというか、キーボードの設定が
標準の場合だと英語キーボード101(等)になっていて
キーの表示と違う表示をするのが原因であったようなので

日本語109A配列

つまり、
日本語キーボード(109A配列)に設定を直せば
文字が普通に入力できるという事のようです。
(他にも106(かなも刻印)や109もある、日本語)
(完全に一致するかは、環境やその他の原因で変わるかもですが、、、)

過去のOSの場合は、キーボードの切り替えに
アプリ等で対応していた感じであったようですが

今はAndroid OSが対応しているので
補強(改造?)する必要がなくなり、
Google Playストアから
削除されているんだなと思います。(たぶん)

あと、キー配列に関しては
詳しくはwikiなどをご参照ください。

キー配列;(wiki)

ということで、
Android OSも周辺機器との調整が
かなり便利になってきていて、
使い勝手がよくなり、ずいぶん進歩がみられます。

やはり文字入力は物理キーボードに部がありますので、

外出先で、文字入力作業をする方は
ほんと便利になりますね。

ノートパソコンが重い場合とかに
持ち運びに便利ではないかと思います。



今回紹介のもの もし購入される場合は品質にご注意ください。(たぶん、もう生産されてないので、)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください