スマホの同期の意味について

スポンサードリンク


スマホの同期って何?と
思うかもしれません。


簡単にいうとデーターの
保存場所と同じ様にする機能といえば
いいでしょうか、

ということで
少し調べて自分なりにまとめてみました。


スポンサードリンク






iTunesの場合


iPhoneとパソコンを同期する。

パソコン上の音楽データーを
書き換えてから同期したら

iPhoneのデーターも置き換わり
又、逆も可能になります。

この場合はパソコンとiPhoneが
同期するといい

2つのデバイスで同じように
音楽データーを一元管理すると
言えばいいでしょうか。


この場合は、パソコンとiPhoneだけの
関係になります。(基本は1対1対応)


今聞きたい自分の最新の
ライブラリ(聞きたい音楽)を
同期することにより

パソコン操作からiPhoneに変わっても
同じ音楽環境が出現します。

便利といえば便利ですね。


クラウドについて



少し前なら、自前でサーバーを置いて
メインなデーターをそこに置き

それから末端の端末からサーバーにアクセスし
皆で同じデーターを閲覧出来るよう

システムを組んでいたかたと
思いますが、

現在は
GoogleなどのHDDドライブを無料で提供している
サービスがあり(容量制限あり)

そこに一元管理が必要なデーターを保存して
多数の端末から
データーを見たり、書き換えたり

同期も出来るようになりました。


インターネットと無線通信は
空きHDDすらもサービスとして
提供できるため、

現在の同期はクラウド上のデーターと
自分の端末を同期し

データーを一元管理する感じといえばいいでしょうか。


iPhoneの場合も同じものがあり(Mac)
それをiCloudといい
電話帳(連絡先)などが同期できますね。


その他にも

iCloudドライブ、写真、メール、(連絡先)、カレンダー、リマンインダー
Safari、メモ、キーチェーン

等が同期できるようです。


それぞれ、メーカーや会社のポリシーなどで
使用方法に違いなどがあり
よく調べてから使ってください。


サービスいくつか



Googleドライブ
Yhoo!ボックス

OneDrive
Amazon cloud drive

iCloud
Dropbox

Evernote

他にもありますが以上が有名どころでしょうか




クラウドサーバーのデーター
を1個人で使う時
繋がっている使っているすべての端末と同期





スポンサードリンク

カレンダーの場合とか



会社の自分のパソコン(注意1;)、
自宅のパソコン、スマホが
クラウドサーバーのデーター
に一元管理されているので

データーを
どこかの端末でデーターを書き換えると


その時点で同期が完了しサーバーのデーターが
最新に書き換えられ。(①端末 → サーバー)


サーバーがすべての端末のデーターを同期し
最新に置き換わります。(②サーバー → すべての端末)
(サーバーのデーターは一つなので、端末はどれも同じようになる設定)


新しいデーターを書き換えたら、
ネットで繋がっている、端末はすべて同じになる設定。


(注意1;)

会社のパソコンは、個人のプライベートな使い方は
使っていいものと、使っていけないパソコンがありますので
よく会社に聞いてから、使用方法を検討したほうがいいです
仕事用とプライベートは普通分けた方が無難です。

会社によっては何したか全部記録されてますので
あやしいページをみたら、昇級にひびくようで
運が悪いと首になることもあるようです。

USBを刺した時点で通報するシステムもあります。
プライバシーはないものと思って使ってください。




クラウドについて



最近はクラウドというサービスが出来

データーをgoogleなどのHDDサービスに
保存出来るようになり

データーの一元管理が可能になり
自分のパスワードが一致すれば()


いつでもどこでも、クラウドサーバーに
接続し、データーを同期することが
簡単に出来るようになりました。

ブラウザーのブックマークとかの
同期が
パソコンでもOK
スマホでもOK
タブレットでもOK


という様に、クラウドサーバーが
無料で使えて非常に便利です。



一番便利なのは、スケジュール管理で
自宅のパソコン、スマートフォン
会社のパソコンから
いつでもどこでも同期ができ

データーを一元管理できるので
とても重宝します。


画像データーとかも同期出来るようになってますし
自分でサーバーを立てる必要がなくなりました。



無料版は制限がありますが
お金をかけるとかなりのHDDスペースが使用出来ます。



データーベース



電話帳をデーターベース一つにまとめて

そのデーターをサーバーにおいておき

修正があればそのデーターを
権限のある方が書き換え

どの端末からもも
同じデーター

なおかつリアルタイムで
修正されたデーターを

見ることが可能になります。

データーはまとめて集約することで
一カ所で探すことが可能になり

便利になりパワーを持ちます。



あとがき




たとえ的にかいてる所もあるため
正確でない表現もあるかもですが
そのへんはご了承ください。


以前は同期といえば、クレードル
という装置を用いて

パソコンとその他のデバイスを同期する
使い方が主で

それもボタンを押さないと同期すらしませんでした

今のオートマチックな同期は
過去を知っている世代(私のこと)

からするとやり過ぎな感もあり

便利すぎて、勝手にプライベートを

「コピーすんじゃねぇ!!」とか思ってましたが

最近やっとなれました、、orz…

今使っているサービスは
Googleドライブと
iCloudと(一部)

自宅のMacをリモコン的に
使っている感じでしょうか。

どこでも My Macで画面共有をダブルクリック+リターンで実現!




DropBoxなんかも使ってましたが
今はつかってないですね、、


スマホの連絡先(電話帳)もPCへのただのバックアップで
データーはクラウドにはおいていません。

スマホの電話帳(連絡先)をPC(パソコン)へバックアップする方法と戻す方法




メールもThunderbirdで
これもPCでバックアップしてます。

Thunderbirdのメールをmacでバックアップする方法と戻す方法(windowsへの移行のヒント)


Macでガラケーのメールを送受信する方法,Part2,送信も成功しました!




どちらかと言うと
旧方式の使い方が主な感じですね、、

Googleさんを信用してないわけではないですが
ただのサービスというのは
なにか裏があるのでは?
という感じがして、

積極的に使うまでには、まだまだ
抵抗があります、、、

ドコモのメールはクラウドにもバックアップされているので
スマホをクリーンインストールしたあとに
データーがふってくるのは
結構おもしろかったです。

クラウドの利点はいつでもどこでも
データー閲覧が出来、

スマホの利便性があがることなんでしょう、

欠点はデーターがとられる
漏洩なんかが時々おこることでしょうか

どんな物にも利点欠点があるので
それぞれの性質をよく理解したうえで
使う方が無難な感じもします

又スノーデンさんなんかはクラウド絶対使わないらしいです、、、
ということで、よく考えてから使いましょう。

パソコンスマホで行ったことはすべて記録されています。。。



追記;H.30.4.28
同期の最大の欠点は

消したくないデーターを誤って消した場合で

その行為が浸透し、他の端末を
順々に同期が完了するごとに
データーが消えていくことですね。。。

これやると結構あせります
ファイルの整理整頓のときに起きがちですので

行う前に、データーのバックアップから
やったほうが無難です。

スマホのマイクロSDの交換とデーター移行方法について

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です