Thunderbirdのメールをmacでバックアップする方法と戻す方法(windowsへの移行のヒント)

スポンサードリンク

始めに、MacのThunderbirdでメールのバックアップと
戻す方法をやってみました。

保存場所が特殊な場所ですので、
アプリから開く方法、EasyFindeで探す方法とかありますので、

場所が見つけられればなんとかなりますので、
その方法を書いてみます。

Windowsへの移行のヒントになると思いますのでご参考に。

スポンサードリンク



1.メールのバックアップ方法


Thunderbirdを起動し、
「ヘルプ」 メニューの 「トラブルシューティング情報」を開きます。


「プロファイルフォルダー」の「Finderに表示」をクリック

Profilesのファイル「xxxxxxxx.default」が出てきますので
(注意;ファイル名はそれぞれ違いますので、xxxxxxxx.defaultと出てきます)
(xxxxxxxxはそれぞれ、各自の番号アルファベットの混在文字です)


ワンクリックで選択し「ファイル」→「複製」を選択 (command+D)



xxxxxxxx.default のコピーをデスクトップにもってきてお好きなところに
保存しておいてください(戻す時は 「のコピー」の文字を削除します、空白も)


前回紹介したEasyFindでも「Profiles」と入力するとでてきます
→マックでファイル検索はEasyFindがお勧めです(リスに虫眼鏡のアイコン)
この場合はThunderbirdのフォルダのProfilesですので間違えないように注意してください
(ユーザー名 → ライブラリ → Thunderbird → Profiles)


(ライブラリは隠しフォルダなのでEasyFindが使えます)

バックアップは以上です。



スポンサードリンク

2.バックアップメールを戻す方法

それぞれ各自で状況は違うことがあると思いますが
クリーンインストール後の戻し方を書いてみます

新しいMacにサンダーバードをインストール

Thunderbirdを起動し、
「ヘルプ」 メニューの 「トラブルシューティング情報」を開きます。

「プロファイルフォルダー」の「Finderに表示」をクリック

違う名前の「zzzzzzzz.default」がありますので
そこに、バックアップしたxxxxxxxx.default」をいれます
(のコピー の部分はけしておいてください、空白もけしといてください)
(そのあとでzzzzzzzz.defaultはゴミ箱へ)

EasyFindでxxxxxxxx.defaultを検索します
xxxxxxxx.defaultをワンクリックすると、
ユーザー名→ライブラリ→Thunderbird→Profiles→xxxxxxxx.default

がでますので
Thunderbirdフォルダをダブルクリックします


Profiles.iniがありますので(右下)、テキストエディット(miでもCotEditorでもOK)で開きます

[General] StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=Profiles/zzzzzzzz.default
Default=1


のPath=Profiles/zzzzzzzz.default(下から2行目)

zzzzzzzzをxxxxxxxxに書き換えます(xxxxxxxxはそれぞれ自分の番号です)
そして保存します

サンダーバードを再起動したら
以前のメールデーターが見えると思います

以上です

3.あとがき

環境 El Capitan 10.11.6
Thunderbird52.2.1 (52.1も同じと思います)


Macのサンダーバード、バックアップが少しやりづらいですが
ちゃんとできますので、メールを残したい方は上記方法で可能と思います

WindowsのほうはMozBackupを使うとエクスポート設定ができる
みたいですが(バックアップ、リストアも)

Macにはたぶん?探した範囲では見当たらないので
上記方法になります

また
Thunderbirdはクロスプラットフォームですので
Profilesのxxxxxxxx.defaultをもっていくとwindowsとかに移行できるかと思います



ガラケーのメールデーターとかは、クラウドにも保存してあるので
追加でもふってきますが

Macでガラケーのメールを送受信する方法,Part2,送信も成功しました!




パソコン上のメールはクラウド上で保存がきかないものもありますので
なくすと困るものもあります

私は、この記事を書く前にメールデーターを消失して
痛い目にあいましたので
なるべく
パソコンを含め、まめなバックアップを心がけましょう(提案)

Macのデーターをバックアップする方法とおすすめ外付けHDDと容量

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です