Thunderbirdのバックアップと復元(移行)できない時の参考に,旧バージョンを使った方法です,必ずできるとはかぎりませんが後の報告に期待です,Mac,2020年8月,後の報告→新バージョンの方法も追記しました,プロファイルマネジャーの使い方

スポンサードリンク

今まで、Thunderbirdメーラーの
メールのバックアップ及びアカウントの保存は
割と簡単であったのですが、(Macの場合はマニュアル操作。)

バージョンアップに伴い「Profiles」の内部の
仕様がだいぶ変更になったようで、


バックアップ(書き出し エクスポート,export)
復旧,復元  (取り込み インポート,import) 


の方法がかなり?複雑になっているようです。
(***.default-releaseフォルダが加わっている)


完全な解決には至ってませんが、
古いThunderbirdの「Profiles」のデーターの

「98df7c0d.default」
等、が残っていたら、なんとか復旧できますので、
その方法をMacについてまとめてます。
(60.6.1とか、それ以前とか)




お願い!!

新バージョンにアップデート移行した 「***.default」の
データーでできるかは、試行錯誤中ですが、

どなたかできてる方がいらっしゃいましたら、
方法等をまとめていただくか、
ご報告いただけると幸いです。(WindowsでもMacでも)


(注意1*)追記
自己解決しました。追記でまとめてます。




スポンサードリンク







Thunderbirdで使う旧バージョンについて,60.ダウンロード




Thunderbird 60.6.1  Sierraで動作確認(10.12.6)

Thunderbird 60.7.2  High Sierraで確認(10.13.6)

Thunderbird 60.9.1  High Sierraで確認



上記バージョンの動作は私(BJ)のほうで確認してまして

60.バージョンが今までのバックアップ方法の最後?の
バージョンかもしれません。(Macの場合)


63.のバージョンは出来ない感じです。



Thunderbird旧バージョンのダウンロード先

http://ftp.mozilla.org/pub/thunderbird/releases/

こちらの、60. のどれかのバージョンを使うとよいですが
私は「60.9.1」を使用して今回テストしました。

クリックして
60.9.1/ → mac/ → ja-JP-mac/
をダウンロードします。
図、図、図、図













旧Thunderbirdのメールデーターバックアップ方法



初めにバックアップを取るThunderbirdを開き



ヘルプ → トラブルシューティング情報




プロファイルフォルダー Finderに表示 をクリック




「***.default」を複製(コピー)して
コピーしたものをデスクトップへ持ってきます。



そして

「のコピー」の部分を消します。





Original(コピー前)を持ち出してもいいですが、
Thunderbirdが次に起動しなくなります。

コピーしたものは中身が同じですので、
ファイル名を元に戻すと全く同じファイルになります。




過去記事も参照されてみてください。

***.defaultの移動方法
「1.メールのバックアップ方法」
「2.バックアップメールを戻す方法」
Thunderbirdのメールをmacでバックアップする方法と戻す方法(windowsへの移行のヒント)




新Thunderbirdを削除する方法、



注意;ファイルを間違えないようお願いします。(自己責任)



EasyFindを使います。



新しいアプリはゴミ箱へ直接すてたほうがいいです。
(普通はアプリケーションにあります)



そして次に
Thunderbirdで検索をかけ、(EasyFind)


Thunderbirdに関連するファイルを全部消します。
(システム関連の所です)
(間違えて、必要ファイルを消さないように)、(自己責任)
図、図、図、







スポンサードリンク

Thunderbirdの 60.9.1をインストール



Thunderbird 60.9.1.dmgを展開(解凍)し
インストールを行う。
(ダブルクリック→アプリケーションへ)



あとは、
ヘルプ → トラブルシューティング情報

プロファイルフォルダーを開いて、
バックアップした

「********.default」
をProfileフォルダーに入れ、



次に「profiles.ini」を検索し(EasyFind)

Library → Thunderbird → profiles.ini(を開く mi使用)



[General]
StartWithLastProfile=1
[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=Profiles/********.default
Default=1

Path=Profiles/********.default


********.default

今まで使っていた***.defaultに置き換える。


再度;参考;
Thunderbirdのメールをmacでバックアップする方法と戻す方法(windowsへの移行のヒント)




問題点



検証中のため、新しい形式がまだよくわからない所がある。


以前のProfilesデーターが
あればなんとか旧Thunderbirdを
使うことで復旧はできます。(注意1*)追記


Thunderbirdをアップデートした場合に
Profilesの中がどのように
置き換えられてしまうのかが
まだ、よくわからない。(初回執筆時)

そのような場合に
データーコピーや復旧方法をかいてある
ページがまだ見つけられてません。。。

どこかで、そのことに少し触れたページは見かけましたが、(失念)


バックアップを考えているなら
Thunderbirdのアップデートは行わない。
(しかしいつかは行わなくてはならなくなる。。)


(注意1*)追記 記事も参照してみてください。


あとがき



いろいろ調べていると、
Windowsの方ですが、こちらに
私と同じトラブルに見舞われ、
同じ解決方法を行った方がおられます。

当方も自力でMacで同じ事を行ってます。→(注意1*)追記

自動更新後の事はまだ書かれてないようです。。(←期待!!)、(^ ^;)
(60バージョンも一緒ですね、、)

メールソフトThunderbirdにてバックアップの復元ができない事案の報告と対処
https://goto-seikotsuin.sakura.ne.jp/Unable_to_transfer_data_with_Thunderbird.html


それと、サポートの説明の所に
私のほうではまだテストはしてませんが

ターミナルを使って

プロファイルマネジャーを
使う方法があるようなのですが
実験はまだ行ってません。→実験しました(注意1*)追記


複数のプロファイルを使用する

プロファイルマネージャを起動する
https://support.mozilla.org/ja/kb/using-multiple-profiles


/Applications/Thunderbird.app/Contents/MacOS/thunderbird-bin -ProfileManager

バージョンアップはいつかは必要になるのでしょうが
もう少し、簡単でわかりやすいバックアップの
方法を望みます。

(早くexportとimportつけて!! 淡い期待)



参考までに新しい、iniの内容です。






参考;外部リンク

Thunderbirdの古いバージョンにしたらプロファイルが開かないのを回避する方法



(注意1*)追記:プロファイルマネジャーの使い方と旧メールファイルの認識



まだ、実験途中なので、自己責任でお願いします(2020年9月2日)


新しいThunderbird 78.2.1 にて
起動後にprofilesフォルダーを認識させることができました。
(WIFIは切っていたほうがいいと思います。)





始める前にThunderbirdを起動して
Profilesフォルダの中に

今までのメールバックアップして
ある***.default を入れておきます。



Thunderbird終了後、
ターミナルを使って
/Applications/Thunderbird.app/Contents/MacOS/thunderbird-bin -ProfileManager
のコマンドを入力し以下のように行います。

私のほうは今回の新規に作成された
Profileを消して行いましたが

残してもできると思います。(たぶん、未実験)
お好みで選ばれてください。

(残すとややこしくなると思ったので消しました)

その後テストした感じでは
初期設定のProfileを残して、今までの移行プロファイルを設定し、
それからいらないものを消去することもできましたので、
まずは移行をうまく完了させてやる方法も可能で、
やり方としてはこのほうがいいような感じです。(たぶん)

Thunderbird 78.2.1を使用した感じです。




default-release と
default のプロファイルを削除(注意;あとがいいかもです)、(あとからも消せます)




次に
新規プロファイルを作成





はじめに の説明 続ける



フォルダーを選択





今後このプロファイルを使用する にチェックを入れ
Thunderbirdを起動




以上で移行ができると思います。
(実験中なので、不具合とかあれば報告予定です)

これで、新しいThunderbirdにメールデーターが
移行できてると思います。
今の所問題はなさそうな感じです。




注意!!;
ターミナルはこの一連の動作が終わるまで
終了しないでください。

プロファイルマネジャーの設定が
終わってから終了してください。




Macでガラケーのメールを送受信する方法,Part2,送信も成功しました!Thunderbird



Macでファイル検索ソフトはEasyFindがお勧めです(リスに虫眼鏡のアイコン)検索できない時にもおすすめ



mi macのテキストエディター
Mac用テキストエディタmi(旧ミミカキエディット)をSimpleText風(OS9)に表示させる方法
スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください