スマホのトランシーバー化アプリでおすすめな物bluetoothとWIFIが使えるBlueFI PhoneをMotolkyの代わりに設定してみた

スポンサードリンク

スマホを持っていると、普通はSIM通信を使って
連絡できますが

このアプリを使うとスマホが
Bluetoothを使ったトランシーバーにも化けるので

近距離だけど電波の届かない場所とか

2人で歩いている場合にちょっとした
連絡とかに使えます。

余ったスマホにインストールすると
散歩やツーリングとかでも
もしかすると使えるかもしれません、

ということで
その設定方法を書いてみます。


スポンサードリンク






BlueFI Phoneをインストール



BlueFI PhoneをPlayストアからインストール



BlueFI Phoneをタップし起動



BlueFI Phoneに音声に録音を許可しますか?、許可



BlueFI Phoneに連絡先へのアクセスを許可しますか?、許可



BlueFI Phoneに通話の発信と管理を許可しますか?、許可



ELUA….   AGREE をタップ



WIFI Sleep Polycy  NEVER SHOW AGAINをタップ



①か②をタップ (Blue Tの設定)



Bluetooth Devices をタップ



右下の「+」ボタンをタップ



相手側も同じように「+」ボタンをタップしお互いを登録する
同様にもう一台のスマホを同じようにお互い同士で登録する
ここは一緒に行うといいです。
Plantronics M70も登録されている



ペア設定を行う



Settingsはとくにいじらず、デフォルトで




登録が終わると 相手側のアイコンが出ます



設定できてると
この画面から、相手のXperiaをタップすると
Bluetooth上の通信で、相手に電話がかかります。

着信受けで、通話可能になり
電話と同じ感覚で使えます。

Plantronics M70も併用するかたちで使えます。
(タップすると認識したかと)

Bluetoothトランシーバーは以上です。


これでSIMやWIFIがなくても、トランシーバーの様に
使うことが出来ます。


自宅で隣の部屋の壁が薄い場合は通信できるかもです。
室内電話としても使えます。


WIFI通信の設定



三 ハンバーガーメニューをタップ



WiFi Devisesをタップ



右下の「+」ボタンをタップし
相手側のスマホを登録しお互い登録する



登録がうまくいくと以下の様にBluetoothとWIFIのアイコンが出来る




使い方



Bluetoothで通信するのか
WIFIで通信するのかを決めます。



まずはBluetoothでの使い方。


お互いの機器を同じ設定にしておき
まずはBluetoothを両方ともonにしておき

この画面から、相手スマホをタップし電話をかける
(同期は上記を参照)



電波はBluetoothを使っているので
直接スマホ同士の通信になります。

トランシーバーというよりは普通の電話と
同じですので、トランシーバーのon offがない分
使いやすいです。
ただスマホ同士の通信ですので
トランシーバーと同じような感じに使えます。



WIFI通信で行う場合
この場合はWIFIの基地局があり
同一ネットワーク内にあることが前提になります。

自宅とか会社とか
この場合はWIFI環境が整備されていると
1対1の電話が引けます。

登録の仕方によっては、いくつか登録できそうですが
そこまでは実験してませんので
各自ためされてください。

WIFIはトランシーバーとはちょっと意味が違うので
トランシーバーとは若干違ってきますが
ただこのアプリの底力を感じます。




スポンサードリンク

問題点



音がやや小さいかもです
又音質がやや悪いかも、

状況によって聞こえづらいです。

まだ広い場所でのテストとか行ってませんので
どの位到達するかはわかりません。
簡易テストでは見通しで約7m位は
普通に音が拾えてました。


又、このアプリを入れてるとMotolkyが動作しない様です。
(間違いなどあればご連絡ください)


長時間のテストは行ってませんので
どんな不具合があるか不明です。



あとがき



以前にZoiperを使って一つはSIMありでテザリングをしつつ
もう一つはSIM無しでトランシーバー的な実験をしました。
そのときの結果はまあまあでした。
(Fusion SMARTalkの電話番号登録料がかかる)


それと、MotolkyはBluetoothのみの通信、

WIFIトランシーバーはWIFI環境下での使用だけ
のアプリが多かったのですが

このアプリのすごいところは

環境がない場合は、Bluetoothでトランシーバー
として使え、

又、環境がそろっている所では
無線LANも使え

非常に応用の幅が広いです。

また電話の様に登録し
スマホに電話をかける要領でつかえますので


何台までかけられるのか?
と興味をそそられますが
今回は実験はしませんでした、
(ご報告いただけるとうれしいかもです)


Bluetoothは基本1対1対応なので
それがどのようになるのか?

興味はつきません、


もうすこし音質がよく、音が大きければ
すごいアプリなのではと思います。

スマホ同士のBluetooth通信中にPlantronics M70も
使用でき、(←結構すごいかも!)


非常におもしろいアプリでした。



BlueFI Phoneリンク


BlueFI Phone


スマホのコンパスの使い方と自分の位置のGPSデーターを伝える方法とPCでの取得と表示方法について

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です