スマホの機内モードの解除方法,解除できない時は以下の図を参考に,Android 6,フライトモード

スポンサードリンク

飛行機に乗る場合は機内モードにして
スマホや携帯から発する電波を停止する
必要があります。

機内モードにしないと
罰金や機内から強制的に下ろされることが
ありますので、(逮捕例もある)

飛行機の安全と自分と同乗者の安全のために

機内モード(電波off)にしておきましょう。
(フライトモードという航空会社もあります)

そのやり方を図入りで説明します。




使用環境


Xperia Z3 Conpact SO-02G
Android 6.0.1


設定、メニューバーより


メニューバーを2回下げます
図、図

①回目


②回目




左側の「機内モード」をタップ



表示が以下の様に、飛行機のアイコンが白くなれば
機内モードになります




設定は以上です。

これでSIM使用時の電波と、WIFIとBluetoothの電波が停止されます。

(電源offでも電波は出なくなります。)


機内モード(フライトモード)とは



スマホから出る

SIM使用時に出る電波(800MHz〜2GHz)と

WIFI(2.4GHzと5GHz)の電波の受発信を中止させる設定で


飛行機の機内で使うので
「機内モード」といわれています。

(Bluetoothも一緒に切れます)
(iPhoneは例外があるようなので、説明書を読まれてください)


機内モードを解除する


同様にメニューバーを2回おろし
左側の飛行機のアイコンの機内モードをタップする



飛行機に斜め線が入れば解除の状態になります




解除は以上です。


スポンサードリンク

マナーモードについて



マナーモードは電話の受話の着信音のみを
切る操作です、
機内モードとマナーモードは違いますので
間違えないように!!



2014年の規制緩和



2014年に規制が緩和され

電波を発しない電子機器の使用と

出発時ドアが閉まってから、着陸終了のアナウンスまでは
SIM電波禁止で、

離陸後は、
アナウンス後の機内のみの無線LAN(WIFI)が
利用できるようになってます。

(航空会社の指示があるので、それに従ってください、わからないときは聞く事)

電子機器が使えるのは、飛行機内で
仕事ができますので

ユーザーに取っては便利度があがります。

それぞれ会社の規則を守って使用しましょう。


FMラジオ


知恵袋で機内で聞いている話がのっていたのでOKなのか?
と思い調べてみると

過去に、FMラジオの発信回路からVOR信号に干渉し
パイロットにラジオの音楽が聞こえた話もあるようです。(1960年頃)
以下参照

ttp://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2014/10/fm-fc6b.html
昔々は、機内でのラジオの使用が常時禁止されていましたが、その後に巡航中は使用可能となり、現在は常時使用可能となっています。



ただ、使う前に各会社に制限がないかは確認したほうがいいようで

ビビリーの私からすると
使わない方がいいんじゃね! という気になりますが

ネットをみると、機内でラジオを聞く方々もおられるようです。


少なくとも離着陸時はもしかしたらやらないほうがいいのかもしれません?
とくにワイドバンドラジオとか?


又機内WIFIはネットラジオのストリーミングに不向きのようで
ストリーミングパケットを遮断するらしいです。


乗り物酔いする方の場合はネットは中止で
せいぜい音楽くらいがちょうどいいのかと思います。



SO-02Gで放送波FMラジオの使い方と終了方法


JALの電子機器のご使用について



わかりやすいです!
JALの電子機器のご使用について



あとがき



機内モード設定方法を忘れた場合
スマホの電源をoffにしたら
問題はありません。


今回、色々調べてみると、

難しい問題もあるのに気がつき
慎重派の私としては
いろんな事があるんだなぁと感じた話でした。


そういえば、先日、Plantronics M70を使用し
パソコンから音声を聞いているとき

最初あれ、なんかへんな雑音が聞こえる?
と思いパソコンの音声を切っても、まだ
音が鳴っていて

あ混信している!と気がついたことがあり、


どこの何の音を拾っているのか
不明でしたが

誰が何のために?
私とは関係ない外部の音をひろってました、、、
えっ!なにこれ!とぞっとしました。。。


もしかすると、
時々あるM70の接続障害の原因の一つなのかもしれません、、


終。
関連記事;データーローミング

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です