スマホとパソコン(PC)をwifiで接続しデーターをコピーする方法,ファイルマネジャー,Part2,無線接続のため有線より便利です,PCからの接続とリモートについての説明

スポンサードリンク


ファイルマネージャーで
スマホ本体からSDカードやUSBに
ファイルをコピーしたり移動したりを
無線を使ってとても便利に使ってます。


今回


①PCからの接続 と
②リモート に関して

いくつかテストしましたので

これらをまとめてみました。


①PCからの接続は
 スマホとPC(パソコン)間でデーターのやりとりができます。

②リモートは
 PCのデーターを共有し、スマホでPCのファイル等を
 見ることができます。



スポンサードリンク






はじめに



以前とOS環境やスマホがかわってますので
以前の話はその環境特有の事も考えられます。
(主に、Android 6.0.1でのテスト)


今回機種を変更したので(SO-02K、ブログ内)



Android 8.0.0になり、そのためなのかは解りませんが
WIFI無線接続での使い勝手が非常に上がってます。
(アプリの機能もいいためかと)


無線、接続アプリは、スマホとパソコン(PC)が

同一環境のWIFIに接続されている
ことが前提になります。

外出時WIFI環境がない場合は、
スマホのテザリング接続でも可能です。




ファイルマネジャーの基本的な使い方



前記事を参考にされてください。

Androidのファイラーで2018年のおすすめな物なファイルマネジャーを見つけました(ファイルマネージャー 現在実験中),おすすめでないものもちょっとだけ




ダウンロード(ストアです)
ファイルマネージャー (インストール)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alphainventor.filemanager



環境



スマホ;
Xperia XZ1 Compact SO-02K
Android 8.0.0
アプリはファイルマネージャー


パソコン(PC);
Macです
Mac OS X 10.11.6 El Capitan
FileZilla を使用


FileZillaはWindows版もありますのでご参考に(外のリンク)
https://ja.osdn.net/projects/filezilla/


FileZillaの紹介です(パソコンソフト、ブログ内)





スポンサードリンク

①PCからの接続 の使用方法



アプリに権限を初回起動時に設定しておいてください
上記URL参照。


ファイルマネージャーを起動



PCから接続 をタップ



ポートを2221 にする。(注1;)
開始する をタップ



ftp://192.168.a.b:2221
(a.bは数字で、それぞれ、変更してください)


起動したところ




次にPCパソコン(Mac)のFileZillaを起動する





③Host  192.168.1.9(1.9は他の数字の事もあるので各自で直して下さい)
④Username  francis  (デフォルトの設定はこれです)
⑤Password  francis  (デフォルトの設定はこれです)
⑥Port   2221

入力が終わったら、⑤のQuickconnectを押す(後はOK)


図、図




画面左側がPCパソコンに
画面右側がスマホ側になります。




私は書類の場所をFileZillaで指定してます。
(お好きな場所もOK)


ファイルの移動はドラッグアンドドロップで
全て可能で

パソコン(PC)側からスマホのファイルを
消したりすることも可能です。

(よく気をつけてから消去してください。)
(テスト中ため、不具合等有れば、あとで追記予定です)
(以前の環境では、たしか、消去うまくいかなかったような?)


Macの場合はスマホ側の所に(右下)
Macのフォルダから特設放り込むだけで
操作が完了しますので、とても便利です。
(Windows版は未検証)



注1;
ポート(Port)は最初デフォルトでやってみたのですが
私の環境では最初、接続がうまくいかず、いろいろ行って

2221に変更した所、接続がうまくいきました。

環境によっては、うまくいかない事もあるので
ポート番号はいろいろ試してみてください。


会社によってはPortがほぼ全て閉鎖されているので
そのような環境下では、通信アプリがうまく作動しない
ことが多いです、、

そのような場合はスマホをテザリングモードにして
パソコン(PC)をそこに接続し通信することも出来ます。
(終了したら、すぐ接続を切ってください)

もう一つの方法は会社の場合は許可を得て、
AirMac Extremeベースステーションを接続させて
もらってみてください。(Mac環境がパワーアップします)
(緩い環境なら、いらないかもです)

参考;(WDSでブログ内検索でも関連記事がでます)
WIFI中継器を使ってMacのWIFIをひ孫まで延長出来ました(多段接続)WDS

WIFI中継器を使ってMacのWIFIをひ孫まで延長出来ました(多段接続)WDS





SO-02KはAndroid 8.0.0にてテザリングがMVNO(IIJmio)が
デフォルトで使えますので、便利ですよ。


リモート の使い方



使用前にパソコン上のファイルは共有設定を行ってください
公開ファイルは、パスワードを設定なしの接続です
今回はプライベートの環境なのでそうしてます。
(パスワード環境は、ご自分でなさってください)



+リモートロケーションを追加する をタップ



ローカルネットワーク をタップ



見つかった、パソコンの名前やアドレスをタップ



著名 をタップしOKをタップする



無線でつながった所




公開データーの場合は以上です。
あとは、ファイルをタップして開いてみてください。


これで、パソコン(PC)上のファイルがスマホに認識されますので
そのまま、音楽や動画などが再生できます。
(今回のファイル再生はVLCでテストしました。)


パスワード管理も出来そうですが
個人の環境で問題が無ければ
この設定のほうが簡単です。


接続後は、スマホにデーターが残りますので
そこから、ファイルへのアクセスが
可能になります。




問題点、や不明な点




このような通信アプリは
別のアプリで
以前にもたくさん試したことがありますが

そのころは、私のテストした物の完成度が低くて
お行儀の悪いウイルスっぽいのもあったので
(たくさんテストしたので、原因はわからず)

使うのを躊躇してました。


今回使用したアプリ(ファイルマネジャー)がどの程度の
信頼度なのかは、まだよくわかりませんが。

完成度は非常に高いです。
これ一つで、ファイル操作はほぼできてしまいます。

自己責任で使用してください。


ということで、
以前使っていたFtp Serverがいらなくなってしまいました。(お疲れ様でした)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.theolivetree.ftpserver&hl=ja


環境が変わったので、
検証作業が難しいのですが

ファイルマネージャーは
Ftp ServerのSDカードへのアクセス問題が解決しており
非常に便利なアプリになってます。

パソコンを中心に使っている方は
たぶんこれが使いやすいかもしれません。

現在私はこれに乗り換えて長期のテスト中です。



あとがき



細かくは、かきませんでしたが
ブラウザー(Chrome)での接続も可能で

スマホのファイルマネージャーを起動してから
パソコンのURLの所にftp://192.168.1.9(←数字は直してください)
といれると接続が完了しますので

実験好きな方は試されてみてください
私のテストした感じでは

ダウンロードにのみ対応していて。
アップロードは出来なかったです。
(ダウンロード:スマホ→パソコン OK、good job ! )
(アップロード:パソコン→スマホ X、ペケ)


うろ覚えの記憶ですが
以前のテストは(環境もAnd 6)
たしかファイルマネジャーでの
Ftp接続がうまくいかなくて、たしか
ブラウザーで行ってみてファイルのやりとりが
不便であったのでは、と記憶して?ますが

今回、再度Ftp接続のFileZillaで
接続に成功したら

思いのほか、便利なのに気がつきました。


まだまだ、テスト中ですが
パソコン上の動画ファイルの
再生もスマホで問題なさそうです。

スマホがミニディスプレイになり
パソコンのディスプレイを占有しないので
とても便利です。(ながら族専用、(^ ^;) 苦笑)

接続も約30分の動画で15分ほど問題なく安定してます。
(今回はVLCでテスト、途中、用事が出来たので15分で打ち切り)

プレイヤーの種類によってはもう少し高度な事も出来そうです。


パソコンでやっていた事が
このあたりの所もスマホで簡単にできるように
なってきており
時代の流れを感じます。(←今頃!)


参考;
バックグラウンド再生とは,その意味について,再生できない時の音楽アプリにVLCが使え動画も出来ます!

バックグラウンド再生とは,その意味について,再生できない時の音楽アプリにVLCが使え動画も出来ます!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です