パソコンで出来てスマホで出来ない事について調べてみました。

スポンサードリンク

スマホ万能社会ですが
パソコンにもいい所があると思い
パソコンで出来て、スマホで出来ない事について
何かないか?と考えつく限りのことや

ネットからもいくつか調べてみました。
暇つぶしにでもどうぞ!


スポンサードリンク



パソコンでしか出来ない事




アプリケーション開発
サーバーを立てる
TBとか大容量のデーターを扱う

スマホデーターのバックアップ

いろんな編集作業
 エクセルの編集操作など
 画像編集
 映像編集
 音楽編集

ファイル操作のしやすさ

外部機器との連携、音楽機器とかその他映像関係、SSDとかの接続

パソコンのOSは基本スマホでは動かない

メモリが少ない(スマホ)
外部記憶装置の容量が足りない。(スマホ)
処理速度が遅い(スマホ)

スマホの容量は32GBくらいが主流、iPhoneが256GB

PC用ゲームが動かない(スマホ)
作業効率が悪い(スマホ)

DVD、ブルーレイの再生、CPRMのDVDが再生出来ない(スマホ単体では)
(注意:追加のハードでDVDミレルというドライブが出てます。)

MacでDVDから音声音楽を抽出し抜き出し、音楽CDを作成する方法,MacでCPRM再生は?





等々、いろいろありました、
他にも沢山あると思います。

又、一部例外もあるかもしれませんが

パソコンの方が基本的にスマホより
ハイスペックであることが
多い感じですね。


情報を集めて整理整頓、編集するのは
やはりパソコンに分があるようです。


スポンサードリンク

あとがき


パソコンもスマホも基本的な構造は同じで


CPU、メモリ、外部記憶装置、
ディスプレイ、入力装置(キーボード、マウス、タッチデバイス)


から成り立っており、

最初にパソコンが発達し小型化し

その後で、iPhoneとかのスマートフォンが
発達してきた流れがあるので

どちらが、優れているとはいえないと思います


パソコンを手軽に持ち歩けるよう小さなサイズとし
電話にパソコンをくっつけたのがスマホで
そのため長距離無線通信機能がついていて


それにたいし、パソコンはWIFIから無線が発達した経緯があり


どれも、それぞれ時代の制限があって
そこから発達してきたという経緯があるので

その流れを見てきた者としては

あのときこうだったから今はこうなんだよね
という考えでみてしまいます。


ただ、パソコンを先に使った世代なので
スマホも同じような物にしか見えません
やってること同じですし、

ただ、モバイル性能とか、
小ささを実現するのに
時間がかかっただけではないかとも思います。


これらを予想し、実現したJobsさんの
先見の明に関心するばかりです
(スカリーさんかな?、諸説あり、NewtonとかPalmとかNokiaとか)
(たしかNewton暴走特急にあったような、セガールさんの沈黙?シリーズ)


PDAは持ち運べるパソコン?として
当時日本のシャープやカシオが開発してましたが
いつのまにか廃れてしまいました、、、

感覚的には今の電子辞書がその生き残りなのかなとも思います。


電子手帳というデバイスもあったかと思います
今はおもちゃとして生き残っているくらいでしょうか


スマートフォンが普及する前の日本では
i-modeが一般的で、料金を気にしながら
ガラケーでちまちまネットを見ていた頃も
思い出しますね。

今では「パスワードがロックされている、、」
で使うことくらいしかなくなりました。

ID/パスワードがロックされているため、ログインできません ガラケーでの解除方法です




日本のデバイスの欠点は世界標準をあまり考えてなくて
和の国といいながら、製品は互換性の和がないことが
最大の欠点のような気もします、、、


最後までがんばっていた、ドコモも
iPhoneにいつしか駆逐?され、(進撃の巨人用語)
今ではiPhone売ってますもんね、、、


世界的なシェアとしてはAndroidが主流で
iPhoneはその次なんだそうですが

これから、どのモデルが
主流になるのでしょうか

イメージの強さの象徴である
現実歪曲フィールド(iE=m)が発令されるのは
こんどはどんなときなのでしょうね。

興味はつきません。

(括弧の数式のイメージは架空の式で、イメージエネルギーは空間を作るという感じで)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です