Mac OS Sierraインストール ファイルのバージョンの確認方法(install ESD)とMac OSのVersion確認の仕方とコマンド等の確認法をまとめてみました,Sierra(10.12),EI Capitan(10.11),Mojave(10.14)も少し

スポンサードリンク



Mac OSのインストールされた、Macの場合

①リンゴメニュー
②このMacについて
から
OS versionを表示できます。



さらにバージョンをクリックすると
Build番号が表示されます、が、




しかし、インストールUSB作成、前の
macOSインストーラーファイルの
バージョン確認方法がわかりにくかったので

そのOSインストールバージョンの

確認方法を簡単にまとめましたので
参考にしてみてください。


スポンサードリンク





動作環境



MJLQ2J/A  15.4 inch
MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)
macOS Sierra 10.12.4

MacBook ProRetina, 15-inch, Mid 2015のSSD交換をやってみた,MJLQ2J/A,256GB→1TBの交換方法





10.11(El capi)、10.12(Sierra)、10.14(Mojave)のバージョンとビルド番号表




始める前にOSのバージョンとビルド(Build)の番号を把握し
内部ファイルを見ることで
インストール前のOSのバージョンが大抵わかります。
(Info.plist、version.plist)




El Capitan 10.11
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/OS_X_El_Capitan
(wiki参照、その他のデーターも少し入ってます)


バージョン Build   リリース日  その他のビルド
10.11        2015年9月30日
10.11.1  15B42  2015年10月21日 15B41a
10.11.2  15C50  2015年12月8日 15C49a
10.11.3  15D21  2016年1月19日
10.11.4  15E65  2016年3月21日 15E64
10.11.5  15F34  2016年5月16日
10.11.6  15G31  2016年7月18日 15G5




Sierra 10.12
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/MacOS_Sierra


バージョン Build   リリース日   その他のビルド
10.12   16A323   2016年9月20日 16A322
10.12.1  16B2555  2016年10月24日
10.12.2  16C67   2016年12月13日
10.12.3  16D32   2017年1月23日
10.12.4  16E195  2017年3月27日  16E194
10.12.5  16F73   2017年5月15日 16F69
10.12.6  16G29   2017年7月19日 16G27





Mojave 10.14
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/MacOS_Mojave


バージョン Build   リリース日  その他のビルド
10.14  18A391  2018年9月25日  18A390
10.14.1 18B75  2018年10月30日
10.14.2 18C54  2018年12月5日
10.14.3 18D42  2019年1月22日
10.14.4 18E226 2019年3月25日
10.14.5 18F132 2019年5月13日  18F130
10.14.6 18G84  2019年7月22日





El Capitanは10.11で  15B** (A?からG)
Sierraは  10.12で  16A** (AからG)
Mojaveは  10.14で  18A** (AからG)




規則性とか、
参考;A- – – – – -G

A=0 → *.*.0  右はじのversion
B=1 → *.*.1
C=2 → *.*.2
D=3 → *.*.3
E=4 → *.*.4
F=5 → *.*.5
G=6 → *.*.6



にほぼなっているようです。
(El CapitanのAがない?wikiにない?)



インストールアプリ(OS)の開き方,見方,方法




Sierra(10.12.*)の場合




右クリックで (control+クリック)
パッケージの内容を表示




Contentsを開く(新規ウインドウで開く、ダブルクリックでもOK)





Info.plist を開く(miまたは、テキストエディットで)
図(miで開いた所)


16F69 が数行目にありますので


16F**は 10.12.5のバージョンであるのがわかります
(上図表 参照)



やり方になれてきたら、
以下の方法もOKです。


version.plistの見方

version.plistにもいくつか情報があり
図、(12.5.03 と 12503 の所 意味は一緒)




これは 10.12.5の03 のことで
(Xの10.が除かれているようで、)
(さらに細かいバージョン(03)がかかれてます。)




これでインストールバージョンを把握してから
インストール作業やインストールUSB作成が行えます。



ということで、以前に書いた10.14.4などの
バージョンの確認とかに使えます。

復旧サーバー上のインストーラ情報が壊れています。が出ました、解決方法としてクリーンインストールUSBを使ってオフラインでなんとか復旧に成功しました,Sierra





GUI、ファインダーから見る方法



これはMac本体にOSがインストールされている場合です。
リンゴ→このMacについて



バージョンをクリック



ビルド番号が表示された所





スポンサードリンク

コマンド、ターミナル


ターミナルを起動




私(BJ)の機種の場合
ターミナルに以下を入力
(コピペでもOK、アンダーバーは「ろ」;日本語キーボード)

sw_vers

ProductName: Mac OS X
ProductVersion: 10.12.4
BuildVersion: 16E195







他参考;(外部リンク)
ttps://www.softantenna.com/wp/software/find-macos-installer-version/




問題点?、少し混ざっているものとか?



Mojaveの10.14.0(.22)は
info.plistに

17A405001

18A390
が混ざってます、このときは
version.plistから
14.0.22 が見つかるので
上記経過などから
10.14.0の(.22)バージョンであるのがわかるので、
18A390
がBuild番号になるのだと思います。


テキストの記述をみると
だいたいの法則性がみえてくる感じでしょうか。


注意;
私個人(BJ)で解析した所なので、
間違いなどあれば
ご指摘いただけると幸いかと思います。




あとがき




今までインストールするまで
どのバージョンがどうなのか
あまり気にしてなかったのですが

USBによるクリーンインストールが
規制ブロックされている現状から

USB作成前にバージョンを確認する必要が
あるようなので(他の方法はまだ見つけてません)

少しずつ調べて、なんとか
バージョンの確認方法がわかってきました。

今回、

Sierraを中心にまとめましたが
他のバージョンでもやり方は
ほぼ一緒と思います。


これで、インストール後にverが違った..orz..
な状態を回避できるかと思います。(^ ^)


関連;

復旧サーバー上のインストーラ情報が壊れています。が出ました、解決方法としてクリーンインストールUSBを使ってオフラインでなんとか復旧に成功しました,Sierra




追記;関連記事に使ったSierraのverはこれです(USB)



Install macOS Sierra


macOS SIerraインストール


パッケージの内容を開く(右クリック、か、control+クリック)


Contents


新規ウインドウで開く(又は、ダブルクリック)


Contentsを開いた所


16E194 (10.12.4)


12.4.06 (10.12.4の06)




参考;インストールUSBメモリのバックアップ方法



MacのBootable USBの複製方法とそのバックアップ方法とSSDやHDDにクローンを作成する方法はクローンソフトであるディスクユーティリティーで可能で,エレコム外付けSSD 240GB USB3.1 ESD-EC0240GWHでインストールSSDも作成してみました

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください