スマホを子機電話として使う方法!(Zoiperを使用しwifiで使用する方法、SIM無しです)

スポンサードリンク


スマホを子機として使えたら、引退したスマホがアプリで復活します

仕事で使う場合はやはり便利なのかなと考えています


いままで、引っ越し時、電話の無い時の場合に
いといろと工夫してみたものの
→12.携帯2台持ちのメリット!とWi-Fiレンタルサービス!
→Zoiperでの着信がすごい! 電話アプリZoiper3記事目


念願の光電話が開通し、固定電話のおかげで
いままで工夫したことはいらなくなってしまいました、、


ただ、自宅の電話に子機があると便利かなと思って
いろいろ調べていると
スマホのアプリを使って、固定電話の回線をつかって
スマホを子機として使う方法があるようなので
先人さん達の知恵をおかりして(ありがとうございます)
さっそく、実験してみました。

結果、SIMを使わないで、WI-FIをつかって
スマホで固定電話の使用に成功しましたので
自分なりにまとめてみます
(注;まだまだテスト中でもあります、)



中古SO-04Eを使ってます
Android4.4.4、他のアプリはあまりいれてません
電話アプリは以前に紹介した
→Zoiperです

SO-04EはFusionSMARTalkで設定していてWI-FI運用も可能なのですが
その状態から、光電話の子機としても使うという設定をしています


つまり回線を
1.WI-FIからFusinSMARTalk経由でかける方法と(050-番号からかける方法)
2.WI-FI経由で固定電話回線(光)をつかった方法が選べるということです(固定電話番号)



家庭内のWI-FIが構築されているのが条件で
無線LANはAirMacExtreamです(縦長の弁当箱タイプです)


アナログ端末の電話機も2台使ってますので
スマホの子機は3台目の登録になります(内線番号3)


スポンサードリンク



PR-500KIを使ってます

(PR-500MIとPR500KIは性能、機能はほぼ同じようです三菱と沖電気の違いのようです)

内線設定を押し

編集ボタンを押す


内線設定IP端末1
 内線番号    私の場合は「3」
 ニックネーム  とくにいじらなくてもよい(携帯の名前など)
 端末属性   →音声専用端末
 MACアドレス →とくに入力いらない
 ダイジェスト承認 「行う」
 ユーザーID 「3」
 パスワード デフォルトでもいいが 自分で好きにかえられます
 
 設定ボタンを押す(左下)


成功したときの図
うまく設定できるとこうなりますが、スマホが設定できたときに登録済みになります



以下スマホの設定です
スポンサードリンク

Zoiper設定、「スマホを子機として設定する方法」図説はここからです

(数字は次のページに簡易表をかいてますのでそこも参考にしてください)

Zoiper起動(タップ)

ⒶConfig
①Accounts → +Add account →Yes → Manual configuration →SIP


㊽Account name 内線電話3 ←(わかりやすい名前とかつけて下さい)
㊾Host 192.168.1.1 ←(*ルーターのアドレスですのでお間違えなく*)
㊿Username 3
(51)Password  (ルーターのデフォルトもありますが、書き換えてもOKです)
(52)Authntication user 3



(56)Ringtone  お好きな音を選択
(58)Enable on start on (デフォルトでOnになってます)(Onはチェックを入れる)


(59)Audio Codec Settings でiLBC30を選択 使っている場所のwi-fi環境が悪いためこれを選択
 環境がよければ、uLawとかも評判がよいようです
 他のcodecは原則Offにしてます


(60)Video Codec Settings 特にいじらず
(65)Network Settings Registration expiry time 3600
あとはデフォルトで問題ないかと


(66)Features DTMF style  Inband を選択


Saveで保存」


Config Audio 全てのチェックをoffにする
 Incoming Call vibrationはonにしてます(好みで、offでもOK)
 

Config Video 特にいじらず


ⒶConfig ⑥Advanced
 ㉞Strip .-()[] {}/ in caller-id On
 ㉟Start with Android   On
 ㊱Send Googl Analystic  Off
 
 ㊲Dialer integration ここをOnにすると、電話帳からも使えるようになります
 
 ㊳Use defalt account ここをOnにすると今選択してある回線に固定できます
          回線を換える場合はダイヤルの場所で
          緑色文字の「xxx is ready」の所をタップすると
          回線の選択メニューが出て回線がかえられます
          
          家族で使う場合はアカウントは一つで使用した方が
          いいかと思います


  
  最初から子機として使う場合はSMARTalkのアカウントを削除しておくと
  混乱しないかと思います、その場合㊲Dialer integrationと㊳Use defalt accountは
  2つともOnで使用

  

以上、設定はこれでOKかと思います。

注意:
最初にもかきましたがスマホ側のHostはルーターのアドレスですのでお間違えないように!
(192.xxx.x.1  ←たいてい1だと思います)

私は最初スマホのアドレスを入力してしまい、間違いに気がつくのに時間がかかりました
いつまでたっても赤文字で「内線電話3 registration failed」とかで、、、


Zoiperを起動したときに、
「内線電話3 is redy」と緑色文字がでたらOKです」


今回は、緊急用実験スマホで設定しましたが
持ち出しようの自分のスマホを同じように設定すると
自宅でdataSIMを使わずに固定電話の回線からもかけられますので



OCN光の場合は同じ光電話なら 8円/3分
ドコモ携帯の場合 16円/60秒 (他は各会社によって料金が変わる)

050-IP電話 グループにより値段が違う 約10.5円/3分(10.8円もあり)

いずれにせよ、固定からのほうが長電話の場合安いような感じです、
(条件によってちがうため、ご自分の環境をたしかめられてください)


ウイルスが心配な方はSO-04EのZR化をみてみてください

→Xperia A SO-04EのクリーンインストールとZR化について実験しました

→Zoiper設定項目の全体像、設定に迷ったら次のページも見て下さい。
→SO-02G(Xperia z3 compact)のクリーンインストールについて

旧バージョンが必要な場合以下を参照してください


Zoiper 1.53のアプリ旧バージョンをダウンロードする方法,戻す方法はリンクをたどって下さい,Android

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です