スマホをなくした時に電源が切れていたらどうなるのか調べてみた,警察への書類とか

スポンサードリンク


スマホをなくしたら結構焦ります。

日常に溶け込んでおり
これがないと
電話連絡、メールやツイッター、他のSNS、情報収集、等
日常生活の情報処理がとまります。

そんなスマホをなくし、

さらに、電源が切れていたら
もう探せないのか?


しかし、よく調べてみると、
たまに探せることもあるようですので

その場合について調べてみました。


スポンサードリンク





電源offの場合



ドコモの場合;「ケータイお探しサービス
https://www.nttdocomo.co.jp/service/search/

iPhone 2017年5月以降発売の機種(※1)
お申し込み:必要
ご利用金額:月額50円
※ケータイ保証サービスご契約中なら月額無料
またはスポット契約3000円



iPhoneを除く2017年4月以前発売の機種(※1※2)
お申し込み:不要
ご利用料金:月4回まで無料
5回目以降は1回あたり300円

対応機種(一覧)
https://www.nttdocomo.co.jp/service/search/compatible_model/

24時間電話:0120-524-360


電池切れ直前位置確認;
電池切れ直前位置確認は、月額契約のみご利用になれます(iPhoneは非対応)。
電池切れ直前位置確認での検索でも、お客さまご自身、またはドコモ受付窓口での代行検索時と同様に、ドコモ位置情報の「成功しました」通知が画面に表示されます。

GPS自動ON(これはたぶん電源onの場合の時かと思います。)
GPS自動ONは、月額契約・スポット契約でご利用になれます
(iPhoneは非対応)。

細かい注意点等はページを参照してください。



iPhoneの場合;

iPhoneを探す、iCloudで設定してあればある程度探せる事もあります。
(電源onの場合)




紛失し電源が切れる直前の位置までは
ある程度特定できるようです。

さらに対応機種であり、かつ電源が入っていれば、
GPSがoffでもonにするサービスがあるようです。

電源が切られても
見つけた方が、電源をいれた時に、運良くサービスが
実行されたら、位置が特定出来ることもあるかもしれません。

又、
警察に届けられると、スマホの電源はoffにされるようです。


大切な情報が登録されている場合



問題ない場合はいらないかもですが
重要な情報が登録され、
パスワードがかけてない場合などの時は


カード会社に連絡し、カードの使用停止
パソコン口座(ネットバンク)の登録があれば、それらも停止
銀行口座は必要に応じて、(ケースにキャッシュカードがあればすぐに停止とか)

SIMの停止(キャリアやMVNOに連絡停止)

モバイルSuicaの解約と払い戻し
モバイルEdyのオートチャージ停止


Suicaは返却されるが、←(神対応!!)
楽天は(モバイルEdy)チャージ分は返金されない。。←!!orz…(デーモン対応!!)


状況によりけりですが
お金を取られる場合があるかもしれません。



スポンサードリンク

警察署へ「遺失届出書」を提出する



警視庁;東京都

落とし物をした方
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/sodan/otoshimono/lost_found.html

警察署一覧
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/shokai/ichiran/index.html


遺失届出書 申請様式 (記載例もありますのでご参考に)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/other/style/lost.html

別記様式第7号 遺失届出書 申請様式(PDF形式:451KB)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。別記様式第7号 遺失届出書 記載例・注意事項(PDF形式:645KB)

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。別記様式第12号 受領書 申請様式(PDF形式:8KB)
別記様式第12号 受領書 記載例・利用上の注意(PDF形式:114KB)



近くのいくつかの警察署の所で、行うと
運よく早く見つかる場合もあるそうです。
(偶然届けられた場所に申し込んだ場合とか)


まとめ




電源が切れる前までは位置情報が取得できる場合がある。
電池切れ直前位置確認

運良く電源が入っていればGPSをonに出来る。

iPhoneを探す、iCloudで設定してあればある程度探せる事もあります。
(電源onの場合)

2017年8月8日 「ケータイお探しサービス」がiPhoneに対応。

iPadは「ケータイお探しサービス」はご利用出来ない。



あとがき



たぶん、電源offだと機能しないとおもいますが
GPSをonにする機能はすごいかもしれませんし
怖い機能かもしれません。。
(キンブル先生もびっくり)


ということで、スマホを落とすと結構大変です。

情報機器は人によりけりですが、
すべての情報が入っている場合がありますので
なくしてしまうと、その事後処理に追われます。

善意の方に拾われた場合は
さほど問題はないかもですが、


問題は、知識のある泥棒さんに拾われた場合ですね、

得にお金が絡むところとか、
通信の代金とか、

ちゃんと届けをだして、お金の絡む所を
停止しておかないと、
ひどい目にあうかもしれません。


例としては、
外国に電話をかけられたりとか、

海外に持ち出され、外国で使われでもしたら
おもわぬ高額請求にびっくりするかもしれません。

データーローミングとは?設定オフを知らずに海外でスマホを使うとパケット高額の罠 Android,iPhoneユーザー注意




くれぐれもスマホは肌身離さず
身につけて、なるべくなくさないよう
気をつけてくださいね。

Androidスマホの紛失や盗難対策で位置情報を特定し追跡し探し出す方法,ロックと消去の方法とか



iPhoneやiPhon Xのストラップ付きケースやストラップホールを調べてみた,落下防止の参考に



スマホとクレジットカードを一緒にするとよくないの?

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です