データーローミングとは?設定オフを知らずに海外でスマホを使うとパケット高額の罠 Android,iPhoneユーザー注意

スポンサードリンク

海外での「データーローミング」とはなんだろう?と思って調べてみると
日本国内のスマホを海外に持って行って使えるようにすることを
「国際ローミング」といいます。

パケット定額で「パケ死」という言葉があまり使われなくってしばらくたちますが
その災害(比喩です)は外国旅行の後にやって来ます。

便利だなと思って、普通に使うと恐ろしい罠があります。
それはパケット定額(国内)なのに、なんと定額ではないありえない
高額請求された方々がおられました。

スポンサードリンク




想定の範囲外


データー通信定額なのに海外ではなんと「適応外」という設定なんです!!


「えー嘘でしょ!」と一瞬思いました、でも事実です。


海外旅行に行かれる方は、海外定額を申し込んで無ければ
SIMでの通信を遮断しておかないととんでもない目にあいます。


というのもスマホは勝手に通信しますから、大量のアップデーターが
海外でおきたら、高額料金請求というとてもひどい目に遭います。


海外データー通信が定額設定されてないと
以前のパケ死が復活します、これは非常に怖い事です。

お金を取られたくなければ、海外でのスマホは
データーローミングオフか
電源offか
又は機内モード、WIFIのみの設定にしておかなければなりません。


最初から海外での定額を申し込んであれば大丈夫なことも
あるようなのですが、それでも注意点があり、

海外で使う場合は契約内容と契約会社にちゃんと聞いて
その地域での使用は問題ないかどうか調べておく必要があります。


更なる2重の罠


ただ海外パケット定額でも、さらに適応外と言う罠もあるようです、、、
該当の事業者なら問題ないですが、該当でない事業者はだめなんだそうで
以下の語句で検索されてください

検索ワードは「海外定額 スマホ 高額請求」です。

非常に参考になる記事です(2017年6月)
海外定額制度が適用されず全額支払わさせられた体験談。「タヒチ」約5万円

ttp://chiekuro.minibird.jp/2017/06/28/%E5%85%A8%E9%A1%8D%E6%94%AF%E6%89%95%E3%81%84%E5%91%BD%E4%BB%A4%EF%BC%81%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E9%80%9A%E4%BF%A1%E6%96%99%E9%AB%98%E9%A1%8D%E8%AB%8B%E6%B1%82%E3%82%BD%E3%83%95/


海外パケット通信で請求76万円(2012年02月)「ヨーロッパ」

ttp://weekly.ascii.jp/elem/000/000/074/74944/


スポンサードリンク

もうここまで来ると、データーローミングを知らずに使うのが怖くなります。


国内で大量にデーター通信をしている方は、海外に行く場合
知識として知っておく必要があります。

特に子供さんが修学旅行で海外にスマホもって行くと危険ですね
たぶん間違いなくやってしまうと思います
海外の定額は適応外があるということを認識して使って下さい。

サービス名としては以下があり

ドコモ「海外パケホーダイ」
ソフトバンク「海外パケットし放題」
au「世界データ定額」


海外通信は定額でも、定額でない通信会社に接続すると
パケ死料金を取られます、ご注意を。


まとめ;



1.海外でデーターローミングは数ページの表示で高額請求される
2.海外でのパケホーダイに加入する
3.海外のパケホーダイでも契約外会社に接続すると高額料金を取られる
4.海外パケホーダイを使ってない場合データーローミングはオフ(off)
5.自信が無い場合はWIFIのみを使用でSIMは使わない(SIMを抜く)
6.機内モード、WIFIのみで使用する
7.自信がない場合はスマホの電源を切り(off)使わない



私は以前、海外で携帯の電源を切っておいてつくづくよかっと思いました。

データーローミングオフのやり方,設定方法Android 6

追記の記事です

データーローミングオフのやり方,設定方法Android 6

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です