Zipが解凍,展開できないとき,反応しない,無効ですと言われるときに7-zipがよくて使い方をまとめてみました,RARも結構開けます

スポンサードリンク


Zip解凍、今は展開というらしいようですが

圧縮ファイルが開かないともどかしいですよね。

そんな開かないZipをあける場合に
解凍、展開アプリを変えるとうまくいくことが
多いようです。

ということで、
そんなアプリの使い方をまとめてみました。


スポンサードリンク





7-Zipの使い方



ダウンロード
7-zip (7z1805-x64 ダウンロード時)H.30.8.23
https://sevenzip.osdn.jp/


動作はWindows7で確認しています。(Windows10もOK)

今回は64bit版をダウンロード
(32bit版の場合もありますので、それぞれのPCスペックを調べてください)



インストール をクリック



インストールが完了したところ、Closeをクリック



メニューから7-Zip File Managerをクリックし起動する



アプリが開いた所




+の追加ボタンをおして
デスクトップのzipファイルを指定します。
コンピューター→C:→Users→「ユーザー名」→DesktopでZIpファイル指定





デスクトップが探せない場合はファイルを
エクスプロラーとかで
ドキュメントに放り込むと探しやすいです
(ZIpファイルをドキュメントに放り込んでおく)






ファイルが指定出来たら
「ー」ボタンをクリックし展開する。OKをクリック。





同じ場所に展開(解凍)されます。

使い方は以上です。


注意点



かならず、展開(解凍)できるとはかぎりませんので
出来ない場合はその他のアプリを使いましょう。

その時は
Universal Extractor
https://universal-extractor.softonic.jp/
とかも検討してみてください。


それでも展開(解凍)出来ない場合は
たまに
ファイルが壊れている場合もありますので

再度ダウンロードから行ってください。


せっかちな方はダウンロード途中でPCを止めたり
中断したりする場合があり中途半端なファイルが
できあがっていることがあります。

その場合はどんな展開(解凍)アプリでも開けません。

又、
パスワードのついている物も、パスワードがないと
開けることができません。



Lhaplusについて



大抵のZipファイルはこれでも開きます。


私は通常はこれを使って開いてますが

開かないファイルは7-Zipを使ってます。

RARファイルとかは結構特殊な圧縮が
使われている場合が多いかもです。


スポンサードリンク

Macについて



MacはOSに標準でZip圧縮ついているのですが
世の中、Windowsが主流ですので
Macで開かない場合は


VMwareとかWinエミュレーターなど
を使えば、ほとんどが動きますので
率直にWindowsを使いましょう。

たぶんその方が幸せになれると思います。

友達のWindowsで展開してもらうのもいいかもしれません。
それをUSBとかで持ってくるとOK。


WInZIpについて



東芝(TOSHIBA)のノートパソコンに
体験版としてはいっているようなのですが

調べてびっくりしましたが
普通、展開はただなのに
展開するのに、課金が必要のようで(←!!)

さらにマシンの調子が悪いとあおり
いくつかのアプリを入れさせる
たちの悪いマルウエアが

最初からインストールされているようです。

(ユーザーを見ない企業がどうなるのかがよくわかる出来事の一つかなと個人的には思います、まあ、あくまで感想の一つですけど。。)


付け加えると、
私の知り合いのPC教室の先生も
初心者は東芝やめとけ、
と言っていました。。

ああこのことかと妙に納得しました。

MacKeeperとは(マックキーパー),評判,削除方法,アンインストールについて,アドウエアかウイルスか?



Advanced Mac Cleanerとは,広告,口コミ,ウイルス,消し方,アンインストール(uninstall



Googleでウイルスに感染していますを調べると警告をうざい音声で流す広告があるようでウィルス感染はデマ広告でバイブ付き等もあるようです



スマホのウイルス感染の警告ページが突然表示されるときにどうしたらいいのかを書いてみました





あとがき



Macの展開(解凍)アプリでも(ダブルクリックでOK)
簡単な圧縮の物はWindowsの物でも開けるのですが

時たま、開かない場合があるので
その時はWindowsを使ってます。

このあたりはユーザー層の厚さが
それだけ、いろんな
圧縮形式が日々開発されているので
仕方のないことなのかと思います。

あと対応OSの幅が広いというのも
Windowsアプリのいいところかと思います。


そういえば以前、
フロッピーにはいらねーとか言いながら
Compact ProとかStuffIt Expanderを使っていた時代が
懐かしいかもです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です