スマホの予測変換を省略する方法,候補リセット方法,候補の数字の意味,フリックかトグルか?

スポンサードリンク

辞書の予測変換、便利ですよね

しかし、学習していて、逆に困ることもあります。

たとえば、友達とのチャットの場合から、
仕事の内容に変わったりとか

内容が趣味や専門の分野に移ったときは
使う言葉がかわり、
逆に使いにくくなりますし

又、候補に変な数字がでてくることも
ありますよね、

そんなときに、設定を止めて
学習させないようにしたり

学習内容をリセットさせたい場合の方法
がありますので、その方法を
書いてみます。

スポンサードリンク




環境


Xperia Z3 Compact SO-02G
Android 6.0.1
PoBox Plus


設定場所


今回は「高速メモ帳」からの設定


スマホのメモ帳アプリの広告なしの物で機種変更してもデーターを残せてロック機能付きの物はこれです。





高速メモ帳の入力画面
プラスボタンで入力画面へ



真ん中 右の 3つの点を タップ




右側に設定がでるので そこをタップ



辞書と学習 をタップ




学習 のチェックをはずすと
あらたに、学習しなくなるので、
切った時点からは学習されなくなります。

図、図、図





一番したの 学習辞書リセット


学習辞書をリセット
学習した内容はすべて削除しますか?

削除してしまうと、今まで
学習した言葉がきえますので
よく考えてかOKを押しましょう。(キャンセルも可能)




あとこまかな設定もありますが
以上が学習機能で使うところです。

必要最低現の項目は以上です。



スポンサードリンク

どんな時につかうのか?



他人に自分のスマホを貸す場合とか、

選択しで、どのような使い方を
しているのかを、相手にみられたくない場合です。

ただ、スマホをかさなければ問題ないですが

家族とかでタブレットなんかを共用している場合には

消す必要がある場合もあります。
(まれに、女性の名前がでて、文集問題になったりとか、)


辞書だけでなく、ブラウザーの履歴とかも
注意がいります。

豆なかたは、こまめにリセットしているようです。


キーボード設定いくつか



画面右したにキーボードのアイコンがあり




ここをいじると
外国語キーボードにもなりますので

日本語が入力出来なくなった場合
ここで日本語を選択してください。


先日日本語が入力できなくなり
誤って、設定がかわったことが
ありました。(原因不明、勝手にタップした?)


フリックかトグルかその他か?


トグルってなに?

と思って調べたら、連打入力のことでした(笑)
(別名、「猿打ち」ともいわれているそうです)
(これを聴いて、私は、猿打ちなら出来るかもと思いましたが
実際には、それすら学習しませんでした、、)


ガラケーを使っていた世代ならすぐにわかると
思いますが
当時ハードスイッチの数字キーを
日本語に割り当てていたため
1を数回おすと「あ、い、う、え、お、、」

というように回数で文字がかわっていましたよね、
そう、それです。


そのガラケーでなくて
私は当時スマホでは、フリックしか出来ないと思っていて
フリック入力をあきらめた口です。
(フリック専用、トグル専用、共用の切り替えあり)

私はQWERT入力をつかっていて(俗語;クエルティー)
やはり長くローマ字かな変換にした親しんでるので
キーボード形式が自分の場合早いです。


今でも、ガラケーの連打打ちは無理ですね
時間がかかってしょうがない
今はスマホ併用なので、つかわなくてすんでます。
(QWERT派)

ノマドとかやらないですが、
スマホで大量の文字入力するように
なったら、BTハードキーボードがいる口かもしれません、、


ただ、
数字だけはフリックタイプの表示にしてます、
日本語、英語はQWERT入力で、数字だけ以前の配置。


キーボードはそれぞれの慣れや
使い方、スマホが先かPCが先かで
みな違うと思います。


なれれば、フリック非常に早いらしいんですが
フリック入力の弱点は英語入力らしいですね、


どちらも、得手不得手があるので
慣れ親しんで自分が使いやすいのを
極めるのがいいのかな、と自分に言い聞かせています。

パソコンはまだ、仕事で使う機会が多いので
キーボードはマスターしたほうがいいのでは?
とおもってます。


ちなみに、この文章はノートパソコンの
qwertキーボード入力です。

キーボード入力覚えるの大変だった?記憶がありますけど
スマホの単純配列から入ったら、
キーボード覚えるのが苦痛かもしんないですね、、

キーボードは最初一本指で打つのが、初心者の
ながれですが
スマホも一本指なので、理にかなった
学習方法なのかなとは思います。
(一本指打法とかバルタン打ちとか、、)


熱心にキーボード入力のゲームで遊んだり
ネットに書き込んだりしていると
上達は早いでしょうね。


候補の数字の意味


これはトグル入力の場合がそうなるようで
PoBox Plusの仕様のようですね

キーボードの少ない、トグル入力では
同じキーに数字の割り当てがあるので

それが原因で、数字の候補が学習され
それが候補に挙がってくる仕組みのようです。

「あ」 なら「1」、「ああああ」 なら「1111」
というように
押した回数も記憶される感じですね

QWERTキーボードの時にはたぶんないと
思います。


後書き



学習機能便利なのですが
余計なお世話をする場合があるため
設定をオフにしたいことが
あるかと思いまとめてみました。


今はパソコンよりスマホから入る方が
多いので、フリックが当たり前の時代
なのかもしれません?


これから、どのようになっていくのかは
わかりませんが、

早く入力する人で、フリックを使っている
人をあまりみないことから

やはり、キーボードが
まだまだ主流なのかもしれません。


音声入力もなかなかの完成度ですので
いろいろな入力方法が今後も開発され

思考をロシア語で読むマシンとかは
もうあるのかもしれません。
「日本語で考えるんだ!」とか

(映画の話、ファイヤーフォックス)
誤:日本語
正:ロシア語


関係ないですけど、FireFoxつながりです。

Mac Firefox Chrome Safariを使った印象,独断と偏見での感想です。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です