18.SO-02G(Xperia z3 compact)の設定、SIMありでの運用 着信をなるべく確実にするための設定

スポンサードリンク


環境は以下のとおりです


Android ver 6.0.1 (SO-02G)(Xperia z3 compact)
SMARTalk ver1.4.3、ビルド682070
Android6.0.1 on armeabi-v7a-neon


私の場合、たいていこれで着信しますが
機種によってはうまく行かないときもあるかもしれません

前述の記事とかぶりますが
SMARTalkとダイヤルを同時に設定しておいておくのがポイントです

ダイヤルの設定(OS側の通話設定からも入れますが、同じ設定です)

スポンサードリンク


ダイヤルをタップする(押す)



右上のメニュー(点3つ)から、①通話設定を選ぶ


通話モード設定 VoLTE ON


通話アカウントをタップ



①インターネット通話の着信を受.. をチェックする
②SIPアカウントをタップ



右上の+で
①ユーザー名
②パスワード
③サーバー
を入力、オプション設定はとくにいじらず



SIPアカウントに以下のようになります
通話着信ON


通話アカウントのところで、
インターネット通話を使用
すべての通話 を選択




以上です



スポンサードリンク

次にSMARTalkの設定です


SMARTalk ver1.4.3、ビルド682070
Android6.0.1 on armeabi-v7a-neon


SMARTalkをタップ


①右上の3つの・ を選択
②設定 を押す



SIPアカウントをタップ


SIPアカウントの追加
SIPアカウント の入力 8桁の数字
SIPパスワード の入力 8桁の英数字
保存

青字のボタンを押して
SIPアカウントの確認
SIPパスワードの確認(入力されているのを)


SIPアカウント詳細の
詳細設定
着信方法
プッシュ通知を選ぶ

WI-FI用コーデックを 選択




iLBCを有効なコーデックに持ってくる




Wi-Fi用のコーデックの所で、
①パケット送信間隔 20ms に設定
②パケット送信間隔を固定
リモートコーデックを受け入れる はチェックしない
OKで選択 (OKは何回かいるかと)

3G/LTE用のコーデック 同様に入力する


①アカウントの設定 の所で
②着信方法で ③スリープモードにしない を選ぶ


環境設定
高度な設定
OS起動時にSMARTalkを起動 をチェック
接続状態の表示 をチェック
近接センサー  をチェック



以上です

同じ事のくりかえしになりますけど

これで着信はうまくいくのではないかと思いますが

機種によっては、うまく行かないものもあるかもしれません?

スリープをなるべくしない設定にすることと
節電系のアプリはインストールしない方がいいと思います。


間違いなどあれば、連絡よろしくお願いします。


追伸

IP電話にはブラステル(brastel)という会社もあり
先にお金をはらっておく、プリペイド式の電話方法もあるようです

つうな方はHT-702とか、かなりマニアックに組まれて
電話の節約に知識を活用されている方もおられるようです

イエデン化というキーワードで探されてみてください




又、お金をかければ、よいサービスがうけられますが
安いものには、いい物と それなりの物があるようです

経験がないため、よくわかりませんが
あまりにも安いSIMは通話やメールにさえ支障をきたすものも
あるようです?


通信環境は電話線だけでなく、インターネットの光回線や
電波を使ったものが、いろいろとあり
選択枝がひろがります

知識があれば、いろんな使い方や安くする方法がみつかります
今回、感じたことはやはり上には上がいらっしゃいます



今は先人達の知識をおかりして設定、という感じですが
機械がもっと簡単になれば、もっと楽にいい物が普及するんでしょうね


ネット回線だけで、電話も使っちゃおうというのは
携帯の格安SIMのデーター通信だけでの通話の考え方ですし
この応用が自宅での電話なし、ネットのみの契約にあたるんでしょうね


これも知恵を使って、節約という考えですね

電話ひとつとっても、新しい流れを感じます。


(↑、おそいんじゃないとお叱りを受けそうです)

それでもうまく行かない場合
→21.Zoiperでのテスト

→Zoipeでの着信がすごい! 電話アプリZoiper3記事目 Zoiper IAX SIP VOIP Softphone

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です