2箇所のアクセスポイントを一つのMacで使う方法 MacでNIC2枚差しができたのでここにまとめてみます

スポンサードリンク

会社で仕事用の無線LAN①と
インターネット用の無線LAN②が別々に設定されている場合に
両方同時に使いたい方は、この方法が必用になってきます


システムの管理側としては
インターネットはウイルスなどの感染がたまに
起こるため、ネット回線を分けて
仕事の中のLAN①にインターネット回線②を持ち込まないように
しているところも多いのではないかと思います



しかし、使う側としては、調べ物をする場合に
インターネットがパソコンで使えないと不便です

わざわざ、ネット回線を切り替え
インターネットにつなぎ、そうして調べて
再度仕事用の回線につないでペーストするのが
その都度、無線の切り替え等が結構大変です

切り替えは、マニュアルになる場合が多く
結構、めんどくさい事が多いです


後述
→無線LAN切り替えのApple Scriptを作成しました
 

ということで
MacでNIC2枚差しができたのでここにまとめてみます


使っているOSはMac10.8.5です
新しいOSでも可能とおもいますが、
当方の都合のため、古いOSでの設定となってます
あたらしいOSの方はそれぞれテストされてみてください

Macは無線LANは一つしかついてないので
USB接続の無線LANがもう一つ必用になります

いくつかテストした中で


「Aukey 無線LAN 親機 WiFi 子機 (USB3.0アダプター型) 高速モデル 11ac/n/a/g/b 866Mbps デュアルバンド MacOS X10.8/10.7/10.6対応 WF-R6 」(指2本分くらいの大きさです)




が使えました
少し製品が大きいですが 今の所あまり問題なく使えています
(数ヶ月、使用してますが、今の所問題なさそうです)
(マックの使い方は、朝起動、夜停止の使い方です)


ソフトも必要で、VM ware fusion 7も必用です (8も可能かもしれません?)
ソフトを使わずにターミナルでできるようなのですが
私には理解出来ない所があり、残念ながら断念しましたorz…


ということで
つまり、どうするかというと

Mac OS10.8.5にVM ware にMac OS 10.8.5をインストールし
つまり、メインの10.8.5でインターネット無線LAN②

VMエミュレーター上の10.8.5で仕事用の無線LAN①につなげる
ということをしました
(Windowsは実験中です)

当然管理者からは許可をもらってやっていますが
こうやってネットにつないでいると、ウイルス感染はかなり減る
のではないかと思います?(あくまで、推測です)
(無線を逆設定にすると、もっと減るかもしれません?)
(しかし逆設定は外からはいれなくなります)


Macはmini(USB2)で、core i5の2.5Ghz 少し前の機種ですがメモリは8GB
HDDはHGSTで たしか7200rpmの物を使用してます
(SSDならもっと余裕あるかと)



つづく→異なる2つの無線LANを一つのMacで接続する方法 NIC2枚差しの方法

無線LAN切り替えプログラムならこちらです
  ↓
無線LAN切り替えプログラム、アップルスクリプト Automator、オートメーター

異なる2つの無線LANを一つのMacで接続する方法 NIC2枚差しの方法

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です