スマホにクリップを差し込むのは良くありませんが例外があるようです

スポンサードリンク


スマホ側の端子にクリップを差し込むのは
あまりお勧めできませんが

例外があるようで

ゴミが端子の間にはいり
ケーブルが抜けやすくなるということが起き

溜まったゴミを掻き出すと

Lightningケーブルとかががカチッ!とはまり
抜けにくくなり、新品の使い勝手にもどるようです。


そのことについてや
他に安全な道具がないかも調べてみました。


スポンサードリンク





iPhoneの場合


iPhone側の端子や窪んだところには
必ず綿ぼこりやゴミが入ります。

それを掻き出すだけで、
Lightningケーブルの差込感が変わるようです。

感覚としては
耳かきで掃除する感覚といえばいいでしょうか。

Lightningケーブルの差込が悪くなったり
入りづらくなった場合に
この方法が有効なことがあるようです。

掻き出すと結構な埃やゴミが
掻き出せます。

電源コンセントの隙間に
埃が入り込みますが
その場合とにています。

ただし自己責任になりますので
金属端子をいためないよう
ご注意ください。


自分でやらない場合は
Appleの窓口で相談してください。
それが一番安全で確実な方法かもしれません。



歯間ブラシ



クリップの代わりになるものはこれで
かなり安全にゴミを掻き出せます。

隙間にたまった、埃を一網打尽に
引き寄せます。

これならナイロン製やゴム製なので
少なくとショートの危険性は減ると思います。
(ゴム製の歯間ブラシをつかうとより安全かもしれません)


つうな方々は掃除機も併用するらしいですが
スマホを吸われないようご注意を、

誤まって吸われたら
結構破壊力があり、状況が悪いと壊れます。
(過去にやって壊した記憶が、、)(苦笑)



エアダスター



これは一兆一旦あるようで
うまくいく場合はいいのですが

逆に埃を内部に押し込んでしまう場合が
あるようですので
注意して使いましょう。


スポンサードリンク

爪楊枝、耳かき



木なので、折れたりする場合もあります。

又、逆に埃を押し込むことがあるので
最新の注意を払ってつかいましょう。
折れて使えなくなる場合もあるので
あくまで緊急用かと思います。

爪楊枝はイヤフォンジャックにさして
折れて
抜けなくなったことがあります。
(自己責任です)

耳かきで引くように掻き出す手もあります。
(汚れてない耳かきを使用しましょう)


最強は!!?



隙間の幅によって変わるとおもいますが
ゴム製の歯間ブラシが
一番最強な感じがしますが
自己責任にて使われてください。

隙間が広い場合は
綿棒とかも使えると思いますが、

埃を押し込む場合もあるようですので
注意して使いましょう。

イヤフィンプラグの掃除にも使えるようですし
ゴムなので金属を痛める確立は下がると思います。


【まとめ買い】小林製薬のやわらか歯間ブラシ 極細タイプ SSS-Sサイズ ゴムタイプ 40本×2個 (リーフレット付き)

あとがき



スマホの端子に何でクリップを差し込むのか?
疑問に思って調べてみたら、

ただの掃除というオチでした。「へぇーー」

しかし、
掃除方法は場所が場所だけに

注意が必要な部分でもあり
調べてみると
結構奥が深いことがわかりました。

機器の掃除やメンテナンスが
なかなか行わないですが
知っていて損はしない知識かと
思います。


蓋がついていたら
ゴミの侵入はかなり防げますし、

何かしらの、蓋が自然に開いたり閉じたり
するギミックがあってもいいと思うのですが
形状が不恰好になるのかもしれません?

なかなかそんな部品は今のスマホには
少ないのかもしれません
タフネススマホはすこしはゴミの侵入に強いのかも
しれません。


「へぇボタン」

Appleさんの

Googleさんの



追加、タフネススマホ



Blackview BV8000 Pro
Ulefone Armor 2
DURA FORCE PRO
DOOGEE S60
CAT S41
OUKITEL K10000 MAX


使い勝手と強靭さは相反するのかもしれませんが

トランシーバー機能(機種による、DURA FORCE)
はおもしろい試みかもしれません。

スマホのトランシーバー化アプリでおすすめな物bluetoothとWIFIが使えるBlueFI PhoneをMotolkyの代わりに設定してみた

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です