電流計アプリampereの使い方,充電量の確認,放電量も確認できます(mA)スマホ用です

スポンサードリンク


普通、電流計測はハードの計測器を購入し

USBに付けて充電量を計測しますが

じつは無料アプリにもあって
Ampereというアプリがそのソフトで

スマホの充電が遅い時の原因究明や

スマホのバッテリーの消費が激しい
ときの場合のいち検査の方法として
使えます。

ということで
その、使い方を簡単に書いてみました。

スポンサードリンク




Google Playストアからダウンロード



Ampere (アンペア計測 スマホアプリ)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gombosdev.ampere


インストール



インストール中



開く、又はアイコンをタップ
図、図



最近の変更 次回から表示しないをタップ




使用方法の説明 OKをタップ




初期画面 放電量のA(アンペア)を表示
(オレンジ色は放電中) (ー420 mA)



左にスワイプすると 表示の変更が出来ます。
(5画面)
図、図、図、






(3つめの画面のテキスト)

状態     放電中
接続中    バッテリー
電池残量   86%
電池の状態  良好
方式     Li-ion
Max.Capacity 2600mAh
温度     30℃
電圧     4.0001 V
USB最大電流 —
Manufacture Sony

・・以下略



設定


右上のギヤアイコンをタップ



基本設定 をタップ



古い計測方法を使用する(注意!)
(SO-02Gは必要ない、最初の画面でmAが出ない場合にチェックを入れる)



購入の場合 鍵マークをタップ



広告をみたくない場合はOK(たぶん)
(テスト中はキャンセル)




スポンサードリンク

充電を開始した所(緑色)




赤いケーブル(Rampow Micro USBケーブル)



エレコムのケーブル(エレコムのMPA-AMBS2U08BK)



磁石式のつぎたしケーブル(元はエレコム)




充電澄




充電量(A)は状況によってかわりますので
あくまで参考程度です。



問題点



実際にケーブルの場所を測定してないため
ハードのUSB機器と比較しないと
どの程度の精度なのかわからない。

ただ、電流は測定できているため
ある程度の目安にはなると思います。


又、このアプリの電力使用量がわからない。
(実験中)

又、
フリー版は下に広告がでます。
(ここで消費電力がすこしあがるかと、、)


あとがき



USB電流計買おうかと
思っていたのですが

なんとアプリで測定が出来てしまう
のに今更ながらきがつきました。

充電に時間がかかっていたり
ケーブルの断線のチェックとかも
これで、できますので


そんな時に
このアプリを起動して


ケーブルの性能をみたり
充電器の性能の簡易計測ができるので

かなり、おすすめです。(←ほめすぎ!!)


普通に使うぶんや簡易計測の場合は
これで十分比較できるので


結構凄いアプリかもしれません。


充電だけでなく
放電も計測しているので
バッテリー消費もある程度みることが
できますので、
バッテリーアプリの代替としても使えます。


目から鱗でした。


Ampere (アンペア計測 スマホアプリ)

スマホの充電ケーブルに動物のキャラクターの物,ケーブルバイト,断線防止,接触不良予防に?

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です