Mac OS X Sierra 10.12.4でBoot Campのインストール方法,Windows 10(64bit)

スポンサードリンク


Mac OS X Sierra 10.12.4でBoot Campを使ったインストール方法
を書いてみます。

Windows 10 64ビットを使用してます。

大きなトラブルはなくそのままインストール出来ます。


スポンサードリンク





はじめにiso作成


Windows 10のISOファイル作成
マイクロソフトからもダウンロードできるようですが

今回はDVDからの作成で
以下のactさんのページが詳しいのでこれを参考にされてください。


act2サポートさんのページ



Boot Cmap アシスタントを起動



HDD→アプリケーション→ユーティリティ→「Boot Cmap アシスタント」を起動
(macの顔アイコン→アプリケーション→ユーティリティ→Boot Camp)






Boot Campアシスタントが開いた所、 続けるをクリック





3つのチェックボックスが出ます

1番目」 と
2番目」 と
3番目」 とは分けて行うことができます


1.Windows7またはそれ以降のバージョンのインストールUSBディスクを作成
2.最新のWindowsサポートソフトウエアをAppleからダウンロード(USBに)
3.Windows7またはそれ以降のバージョンをインストール


1.はisoファイルからboot camp用のインストールUSBを作成する
2.はWindowsのMac用ドライバーをダウンロードしUSBに入れる操作
3.はWindows10等をインストール



なれてない場合は3つ、つづけてやった方がいいんですけど、

回線状況によりダウンロードに数時間かかる場合があります

今回私が行った時間帯は非常に混んでいて、
2番目のサポートソフトウエアのダウンロードに3時間ほどかかり
途中、電源offで次の日に3番目を行いました。

そのため結果的に分けてのインストールとなりました。
(1.と2.  翌日3.の形となりました)


isoイメージは書類へ



isoイメージはMac本体の書類にコピーしておきます。(Win10)

(USBメモリにおいてテストした感じではインストールエラーが起きました。)



スポンサードリンク

USBメモリ



今回はexFatでフォーマットしてます。
USB3でも今回は問題なかったです。

(macのバージョンでfat16がよかったり、又USB2でないとインストール出来ない場合があるようです)

うまく行かない場合はいろいろ試されてください。






USBを入れ忘れてると このメッセージが出ます



ドライブは消去されます  続ける をクリック
選択の所でisoファイルを指定しています。(書類)





windowsファイルをコピー中(DVD.iso→USB書き込み)



ドライバーのダウンロード




「今回はドライバーがダウンロードされたのを見極めて、強制終了してます。」



3.番目の Windows 10のインストール作業



注意;
途中で中断した場合
パーティションが作成されていれば、その消去から始まります。

その場合は消去し再度3.番目を行えばパーティション作成から始まります。



MacとWinの使用量を分配します。
以下は半分半分と3:7の場合です(お好きな配分で)





ロック解除の パスワード入力にパスワードを入れ ロックを解除 をクリック
(たしか2回ほど、入力必要かと)




windowsUSBが起動しインストール作業が始まります。



窓のアイコン



以下の様に設定し 次へ



プロダクトキーの入力



Windows 10 pro 次へ



同意します(A) をチェックし 次へ



ドライブ 0 パーティション4:BOOTCAMP 650.1GB を選択し
フォーマット を行う



このパーティションには、PCの製造元から、、、 OKをクリック



Windowsファイルのコピー中



終了間際



準備しています



Windows10のセットアップ
図、図



地域から、
日本  を選び 「はい」 をクリック



キーボードレイアウト  「はい」をクリック



2つ目のキーボードレイアウト、、
スキップ をクリック



ネットワークに接続しましょう (後で行えます)
今はスキップ」  ←左下のボタン



このPCを使うのはだれですか(ご自分のペンネームとかを)



プライバシー設定(お好きなように)



すべての準備を整えようとしています



Boot campインストーラーが起動したところ 次へをクリック



使用許諾契約書に同意します(A) インストール
(これはWIndows10のMac用ドライバーなので入れないと困ること多しです)




以上でセットアップは終了です。


あとは、アカウントがあればログイン
設定をしてください。


環境があれば
WIFIは右下のメーニューからパスワードを
入れるとすぐに繋がるので
いつもの様に使えると思います。



問題点



私の行った環境では
最初電源offがうまく作動せず


Winの電源管理の所で
電源off設定するところがありますので
そこを選んでください。

その後、ハードの電源ボタンで切ってから
再起動すると

普通にメニューから
電源がきれるようになりました。



設定→システム→電源とスリープ



あとがき



Macでウインドウズを使うにはまだまだ
こまかな設定があり

キーボードとか(103キーボードか?)
その他の問題とか
ありますので

あとは困ったときに調べてみてください。

私もそんなに細かくは使ってませんので
そのへんはご容赦ください。


つうな方はEFIブートとか使われるようなのですが
私も挑戦しましたが、
Windows7で 一応できましたが
私の方法ではあまり実用的ではなかったです

EFI bootをMacBook Proでやってみました,Windows7にて,検証中です




win10ならもしかするとできるかもしれませんが
また時間があるときに挑戦したいと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です