スマホ画面の焼き付きとは,その確認方法,原因,修理して直せるのか?アプリは

スポンサードリンク

画面の焼き付きいやですよね、
長時間同じ絵を表示したり
した場合に起きがちで

起きてしまうと結構落ち込みます。


PC時代はCRTが中心であったので
その時代には、スクリーンセーバー
とかが、よく使われており
画面保護の目的でよく使われていました。
(フライングトースターとか、焼けるぞとパロッてる?)

スマホの場合
直せる場合も一部あるようなので
いくつか調べてみました。

スポンサードリンク





ソフトウエアによる修理


注意;

逆効果になる場合もあり
これは自己責任ですので
やってもいいと思う方だけされてください

LEDのバックライトには寿命がありますので
常時点灯していると寿命が縮まり
スマホ自体が見えにくくなる場合もあります。

又必ずしも効果があるわけではないので
いたずらに長時間、以下の
アプリを使用するのは
よくないかもです。


確認方法



以下のアプリを使ってみました。
(自己責任でお願いします)

焼き付きの確認は白の画像を表示させると
焼き付きがわかりやすいと思います。


液晶焼き付きワイパー



液晶焼き付きワイパー(有機ELは対象外とのこと)




権限の要求があるので自己責任で使用してください。



全画面のチェックができるので
ドット抜けの確認もできると思います。


起動時:
MODE SELECT 色替えと(Color Rotation)、白(White)が選べます。



TIMER SET で時間指定ができ5分から8時間と、no limitまで(やめた方がいいかも)
 最初は5分くらいが無難かと思います。



AUTO SHUTDOWN のon offが指定できます。


START で開始します(左下)
停止は画面のタップで初期設定画面に戻ります。



MODEのWhiteを選択しSTARTで
簡易ライトにもなります。(白画面なので)


又、真ん中下の
CHECKで色が変えられ、
画面をなぞると色の変更が選べ、
色を触ると変化します。



このときある程度ドット抜けの確認もできると思います。




画面タップで 設定画面に戻ります(色以外の所)


EXITで終了(右下)


レビューによると数十分から1時間で改善した
方もいるようですが
長時間行っても改善しない方もいるようです。
(自己責任)


スポンサードリンク

原因



以下調べた所から、かいつまんでみました。

WIKIより
液晶の分子構造が固定化されるためにおこる現象。


液晶はCRTよりは、起きにくいとされているが
うっすらと表示され、ゴーストイメージと呼ばれているようです。
一時的なものを「残像」と言うこともあるようです。(EIZO)
ttp://www.eizo.co.jp/eizolibrary/knowledge/zanzo/

分子の固定状況によって変わるとのこと。


正常→残像→焼き付き、残像までなら復旧できる可能性がある。


可逆的(残像)、非可逆的(完全焼き付き)な分子の固定状況によって
かわるようなので、程度が軽い場合はなおることもあるが
程度が重いと直らない感じでしょうかね。



最近の機種iPhone Xの有機EL(OLEDディスプレイ)は
焼き付けを防止するアプリが作動していて
有機ELの画面を保護する働きがあるようで、
ということは、使い方によっては焼き付くということのようです。


防止方法やその他



白→黒→白→黒→  繰り返すとなおることもあると言われている。
長時間ほおっておくことで直ることもある。


なるべく輝度を落とし
同じ画面を表示したままにせず
明るめの壁紙は使用せず、
固定位置の白っぽいものは気をつけ
早めにスリープさせ
ワイドスクリーンでない動画を再生しない
(左右の帯がついている番組の事)

同じマークが一定の場所にある番組も見ない

白い部分が焼ける話があるので、
黒っぽい壁紙を使用する。(実験中)





iPhoneの場合;

OSのアップデート
輝度を下げる
明るさの自動調整on
自動ロックを短めに設定
明るい画像を表示しない。
(ダークモードとか)



最後の手段


携帯保証サービスを使い
ディスプレイの交換をする。
値段との兼ね合いですね。

又は「気にしない。」 か

完全に焼き付いてしまったら
保証がない場合は買い換え。。


あとがき



スマホ画面の焼き付きは

XZ1での報告をみつけ、又
Galaxy S7 S8のモデルでの報告もあるようです
iPhone Xも報告あります
「XZ1はトリルミナスのため新型方式なのでしょうね(たぶん)」


有機ELでは、出やすいとのことで、
iPhone XではOS側から、焼き付け防止の
アプリを動かし
さらに最初から輝度を下げて
有機ELに負荷をかけないように
最初から対策がなされているようです。

ピクセルシフト機能とかいう仕組みもあって
画面を保護するソフトもあるようです。(TV)

液晶でも報告があるのですが
幸い私の機種ではでていないようです

新しい技術には
まだまだ発展途上の事もあるため

最新式が必ずしもいいものでは
ないのかもしれません、


ただ、なんとなく有機に流れているような
感じはしますが

どのタイプが主流になるのか
様子見なのかもしれませんね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です