8.通話をガラケーからスマホに変更して使う

スポンサードリンク

通話機器の交代
(通話をガラケーからスマホ中心に、なるべくガラケーの電話を使わずに安いMVNOの電話を使ってかけると言う意味です)


私はあまり電話は使わないのですが
それでも、人と会う約束をしたり
仕事でのやりとりで、たまに使うときがあります

あるとき、少し通話が増えそうな事があったので

思い切って、スマホ用にIP電話のSMARTalkを導入しました
なぜこれを選んだかといえば、維持費があまりかからないのが魅力と思えたからでした
そんなに電話しない方向けかなとそのときは思いました


IP電話アプリは通話が安定しないデメリットもあるのですが
私の場合は着信はキャリアのガラケーがあるので
問題なしと判断しました(スマホが安定しないときは、ガラケーを使用)

かけるときだけIP電話を使用するパターンですね
これだとかけただけの通話料がかかりますが
キャリアの通話料よりは、ずいぶん安くなります

これも通話つきののSIMを(+700円位) 選ぶか選ばないかで変わってきます
それぞれの個人の通話の使用頻度によって変わってくると思います


スポンサードリンク



通話代簡単に計算してみました(SMATalkの場合)


30秒で8円(税別)
1分で16円、
3分で48円、

コスト

500円わる16で31.25分 0.52時間/月 31.25/30=1.04分/1日
1000円わる16で62.5分 1.04時間/月 62.5/30=2.08分/1日
2000円わる16で125分 2.08時間/月 125/30=4.16分/1日
3000円わる16で187分 3.11時間/月 187/30=6.23分/1日
4000円わる16で250分 4.16時間/月 250/30=8.3分/1日
5000円わる16で312分 5.20時間/月 312/30=10.4分/1日


月1時間以下の場合は通話料がプラス千円位になります

ただSMATalkをお友達が持っている場合は通話料金が
かかりません
無料通話が可能の050の場合も同じです

通話はあくまで補助としてつかって
LINEとかを併用するのがベターなのかなと思います


結果として、あまり電話は使わないが
時たま電話をかける方で、キャリアの電話よりはIP電話のほうが
同じ通話時間量なら通話料は安いですよという結果になります
私の場合は同じ通話時間であればガラケーの約半額です


スポンサードリンク

参考までに私のキャリアの料金も計算してみました

キャリアの場合

30秒で18円 (私の場合)
1分で36円
3分で108円


コスト

500円わる36で13.88分 0.23時間/月 13.88/30=0.46分/1日
1000円わる36で27.77分 0.46時間/月 27.77/30=0.92分/1日
2000円わる36で55.55分 0.92時間/月 55.55/30=1.85分/1日
3000円わる36で83.33分 1.33時間/月 83.33/30=2.77分/1日
4000円わる36で111.11分 1.85時間/月 111.11/30=3.70分/1日
5000円わる36で138.88分 2.31時間/月 138.88/30=4.62分/1日

一日10分使用した場合、10×30=300分 300分x36=10800円

これだけで、同じ時間通話した場合にでも倍近い差がしょうじますね
通話したとしても安いですね

長くかけると通話料はかかりますが、それでもキャリアと比べると
約半額になってますので、やはり安いです

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です