地震でスマホが繋がらない時は171へ伝言ダイアル,電波や充電についてと緊急地震速報の怖さについて,車インバーターはコンセントへ変換しセイコーマートの様に北海道地震に対応とか

スポンサードリンク


地震では、ケーブルの断線も影響します。
回線の余裕が少なくなり、かつ掛ける需要は増えます。
(電話輻輳(ふくそう)、←電話の渋滞みたいな事)

被災して数分たつとは通話制限がなされます。
それでつながりにくくなるようです。


電波塔が倒壊した場合は当然電波を送受信出来なくなるので
その付近の通話が成り立たなくなります。

その場合、場所を変えないと通話できません。

今回の北海道の地震は全域に停電が起きたので
電源喪失時のバッテリー予備力は3-4時間程度、(旧タイプ?9.11当時?)

だったらしいのですが、

新しい基地局は時間的余裕が補強されているみたいです。
(最大24時間という所と40時間以上というのもあるらしいです)
(ただし、つながりにくくはなるようです。)


WIFIや電波が生き残っていれば、そこからIP電話は掛けられ、
LINEもOKです。

移動基地局の側から掛けるという手もあります。

この場合はアンテナマークが目安になると思います
ただし、立ってても電話を掛けられないことがあります。

その電波を受ける施設が被災というパターンもあるかもですので。
(これは適宜確認かと)


発生直後にすぐに電話して、身近な人に連絡を入れるのがいいと思います。

子供から親へ、親なら子供の安全確認、
近くに住んでる兄弟とか(まずは身内の安否確認、LINEとかで)

遅れるともう電話(通話)は繋がりません。。
LINEが使えればそれでいいですが、

それもだめなら
171のかけ方、災害伝言ダイアルの利用になります。


注意点として、メールは関係ない方が使うと
被災した受ける側の電力を消費するので
ほんとに必要な方がメールをするのがいいようです。

急ぎでなければ、時間をおいてメールするのがいいようです。

公衆電話を使う手もあります。(NTTの公衆電話の無料サービス、今回の地震)


連絡が取れないときは、時間をおいて
固定電話から掛ける、ですね。

スポンサードリンク





171の使い方、災害用伝言ダイヤルと災害伝言版web171の使い方



災害用伝言ダイヤル「171」は今までキャリアだけの
対応であったようですが

2016年3月頃より050電話(IP)とPHSと固定電話をサポートし
10件の件数を20件まで引き上げ、
48時間の保存期間を期間終了まで延ばしてます。

使い方;

使用方法1:音声の場合

登録(音声30秒)
171 へダイヤル
ガイダンスに沿って、録音する場合は「1」、暗証番号は「3」

さらにガイダンスに沿って、自分の電話番号を入力(市外局番から)

聞く場合:
171 へダイヤル
ガイダンスに沿って、再生する場合は「2」、暗唱番号は「4」

さらにガイダンスに沿って、相手先電話番号を入力。

ttps://www.ntt-west.co.jp/dengon/pdf/171brochure_a4.pdf




使用方法2:ネットを使う場合(文字)

登録(文字)
https://www.web171.jp にアクセス
電話番号を入力、(市外局番から)
画面の指示どおりに、文字の伝言を入力。

見る場合
https://www.web171.jp にアクセス
電話番号を入力、(市外局番から)
画面の指示に従って、文字による伝言の追加。

ttps://www.ntt-west.co.jp/dengon/pdf/171brochure_a4.pdf




参考;docomo災害用キット(アプリがありますが機種を選ぶようです)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nttdocomo.saigaiban&hl=ja

災害伝言版
災害音声お届けサービス
緊急速報(エリアメール)



北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)の話



先日の北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)で
被災された方に偶然話しをきけました。

(2018年(平成30年)9月6日3時7分59.3秒:発生)

その方は、旅行で北海道に来ていて、被災したパターンです。

最初に困ったのは、何が起きたのかがよくわからなかったそうです。
(地震がきたのはわかるが、規模がどの程度?、他の地区の被害は?、交通機関は?)

ブラックアウト停電で電気が来ないので
TVも見られません。情報が入りません。(当日)


その方がまず行ったことは、
最初に自宅に電話して(自宅は地震から離れた場所)


「北海道今どうなってるの?」 ←!!

急いで!、TVつけて!!状況教えて!!と

くつろいでいた、家族から必死に状況を聞いたそうです。
(これは仕方がないです、そこでは地震、起きてないので)

(私が気がついたのはお昼前のニュースでした、運転中のラジオから)



それで被害状況をある程度、把握し

帰りの乗り物を探し、数日後
自宅に帰ってこれたらしいのですが、

途中スマホの電源が足りなくなり(停電のため充電できない。)
お店へいって、急遽モバイルバッテリーを購入したそうです。

お店も被災して停電してたのにかかわらず、
対応してくてたとのこと、とても感謝してましたよ!


スマホは1日も電池がもちませんので
電話をかけまくると、すぐに電源が落ち使えなくなります。

購入後は
モバイルバッテリーの電源で充電しながら情報収集し

帰りのチケット予約、その他もろもろ、連絡等々。

通信機器(スマホ)がなかったら、帰ってこれなかったとも言ってましたね。

とうことで、
これからは、絶対モバイルバッテリーは常時持ち歩くそうです。

という、
とても貴重な体験を聞くことができました。

ソニー SONY USBモバイルバッテリー 5,000mAh Safe Charge搭載 ブラック CP-V5BB

スマホの位置情報をoffにするとバッテリーが長持ちしますけどonで助かることもあります





セイコーマートのグッドなお仕事、Seico mart



停電時の車からの給電も考えているようで、
会社が非常電源キットを配備しているそうです。


車等の
鉛バッテリーから100V電源をとることは可能で
シガーからコンセントへの変換するアダプターがあります
「車用インバーター、インバーター」

シガーから使える物と、直接バッテリーからとるタイプがある(両タイプもある)
ただし、よく調べないと火事又は感電の危険がある。


ポイントは

正弦波タイプが無難、が高い (擬似正弦波の物もある、使える機器がさらに制限される)
周波数に注意(両対応切り替えや固定もある)、(50Hzと60Hz)。

ファンのうるささ(静音タイプの物もあり、無音もある)。
発熱に注意。

W数
 出力が大きいとかなりの家電が動かせる、がバッテリー(電気)を消費する。
 使うW数より大きめの物(約1.3-1.5倍)を選ぶと無難なようです。
 使うバッテリーの性能を調べること。


ケーブル類はしっかりした物を使う。特にW数が高い物の場合。
繋ぐとき等にショートに注意!

分解は気をつけてください。(感電することがある)




スポンサードリンク

SAR値について



スマホの電磁波の数値SAR値と電話が切れるスマホを調べてみた,ネットは大丈夫?


スマホが繋がらないでプープープーの原因と理由についてとWIFIでの使用について





感情と音、怖さについて



緊急地震速報は、地震の前に来て
それに遅れて地震がきます。

当然死の恐怖を感じます。。

怖いのは皆一緒です。


人の記憶は感情と一緒にインプットされると
なかなか消えません。(楽しいことや、苦しいこと、恐怖も、)

地震という怖いイベントで緊急地震速報がなると
以前に体験した、恐怖に思考がとらわれます。

過去に考えが行ってしまいます。


以前に体験した、怖い記憶が、緊急地震速報によって
呼び戻され、恐怖の追体験。

気持ちは過去にも飛び、

怖さの感情に心がとらわれます
それに重なって
地震も来ます。

人は今の地震を体験中なのに、過去の経験も
たっぷりと経験し2重に恐怖を経験します。

死の恐怖を超えられるかというとなかなか出来ないです。

マリオの様に、地震?を楽しむことは難しいかもですが
プレイヤーになって、危機回避を行うのがいいのかと、

冷静に判断し対応できれば、
たぶん経験値があがります。


今はあまりないですが、
武士の時代切腹がありましたが
この気持ちをもつことを
過去にやっていた民族ですので

なんとかなるのではないかと考えてはいます。
(今はその反動で責任をとらなくなっているのかも)


他には
物理的に音を聞こえにくくする方法もあります
「ノイズキャンセリングイヤフォン」
「ノイズキャンセリングヘッドフォン」
「イヤーマフ」
「耳栓」
普通のイヤフォンとかも遮音効果があります。


あと参考になるかわかりませんが

時たま怖がらない人もいます(地震でわくわくする人とか)
その人の考え方をまねることが
もしかすると
解決の糸口かもしれませんね。


あと、仕組みがわかると、解決する怖さもあります。

子供が、ゆるキャラを見て怖がっている場合に
(先日トイザラスでゆるキャラを怖がり、子供が必死に泣いていた。大人は苦笑…)

あれは中に人がいるんだよと(中の人)
教えてあげると、怖がらなくなるそうです。
(ただし、夢も壊すので、兼ね合いが難しい、、)


他には、別な事を考える、
音にとらわれないよう、
別なことに集中するとかもいいかもです。


以下は一般的な言葉も入ってます。


音恐怖症(ミソフォニア)
雷恐怖症
爆音恐怖症
雑音恐怖症
風船の割れる音
クラッカー
聴覚過敏(聞こえ過ぎる) (感覚過敏)




中和公式、言葉の力を使う



対症療法的な方法ですが、少し心が安定します。
繰り返し言ってみてください。

物、人にも使えます。


・・は気にならない。
・・はなんでもない。

緊急地震速報 は気にならない。
緊急地震速報 はなんでもない。


あくまで、音の
不安と怖さを軽減するのが目的なので

この速報の意味を取り違えないでください。

まずは身の安全を確保が第一です。
日頃から対処方法を考えておきましょう。

真剣に今に向き合って、集中すると怖くなくなります。




あとがき



話があちらこちらにいってしましましたが

電話やネットがつながらないとほんとうに困ります。

もうこのスマホ機器無しでは
災害に対応するのは、限界があるようですね。

北は北海道から
南は九州沖縄まで、災害が増えてる感じもします。


いろんな機器の組み合わせで
地震や災害があっても
しのぎ方の方法が開発されてます。


すごいと感じた一つにセイコーマートの対応は
電気の確保としてとても有用な方法だと感じました。
(ガソリン、車、インバーターがあれば、ある程度電気が使える!)
(簡易移動発電機ですね、アイドリングストップ車は注意)

ということで、
防災グッズを見直してみてください。(提案)
(私も最近やってないです。。休みにチェック予定。)


ソニー SONY USBモバイルバッテリー 5,000mAh Safe Charge搭載 ブラック CP-V5BB

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PowerIQ搭載/折畳式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)

興味のあるバッテリー
オンリースタイル リチウムイオンバッテリー1200<蓄電池(1200Wh・100Ah)> SimpleBMS内蔵

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です