メンタリストDaiGoさんが使っているスマホリングを調べてみました。とDaiGoさんから学ぶ謝罪の仕方と立花孝志さんについての感想,2019年10月

スポンサードリンク


スマホリングたくさんあってどれがいいか
結構なやみます、

YouTubeの動画をみていたら
メンタリストのDaiGoさんが

ちょっと変わったスマホリングを使っていたので
気になって調べてみました。

ただ、それだけだと内容が少ないので
一緒に見つけたDaiGoさんの

謝罪の動画がとてもよかったので
一部をまとめてみました。


スポンサードリンク





DaiGoさんのスマホリング



この動画に写っているスマホリングが
VIVA! HERO(ビバヒーロー)です。(シリコン製)
間にワインのコルク栓をつかってますね

(^ ^;)ペットボトルも台として使えます。

引き寄せの法則と自己啓発の嘘(Youtubeへ飛びます)(この動画内に写ってます)


VIVA! HERO(ビバ!ヒーロー) ブルー 片手で安心操作。落下防止、スタンド機能、三脚機能まで備えたマルチアクセサリー



感想;
DaiGoさんすごいですね。
成長し、のびている人ってほんとに魅力があります。

止まってしまうと、終わりが近づいてきますが
動き続けると成長と魅力がますのでしょうね。。。

この世の物も動き続けることで、新鮮さ(魅力)という
エネルギーがあるんでしょうか、、

きれいな川の水は飲めますが、(最低でも沸かしましょう)
水をおけにいれとくと、腐るみたいな、、、(止水腐る)
(川の流れみたいなように、、)



参考;

スマホの未来日記のおまじないの効果について




DaiGo、DAIGO、醍醐 虎汰朗、千鳥の大悟について、伏線



「だいご」という日本語は奥が深くて
「さとり」の話から、人の名前まで、多岐にわたります。

その中で、5人の有名な「だいご」さんがおられます。

大リーガーのダルビッシュ有投手さんが、
DAIGOさんとDaiGoさんを
間違えた話は有名ですね。(ちゃんと謝罪しておられます)



1.DaiGo → メンタリストDaiGo
2.DAIGO → ボーカリストのうぃっしゅの方のDAIGO
3.醍醐 虎汰朗 → 俳優(天気の子出演)
4.千鳥の 大悟 → お笑いコンビ(相方は ノブ)
5.梅原大吾 → プロゲーマー


あまり気にしない方もおられますが、

人は名前を間違えられると、
普通、怒りますし、失礼にあたります。
(職業によっては、命にかかわる場合もあります。)


多分ですが、
アフィリエイトをやっていると
なんで怒っていたのかなんとなくわかります。(推測です)

「だいご」という名前の芸人さんとかが多くて

5つのパターンに分かれ

人の検索を行うと


どの「だいご」やねん?となります。


かつ「DIGO」と書いてあったりすると

これで検索すると、なんと、
車のシートが検索結果にでてきます。



また、
digoはスペイン語で「私は言う」みたいですね。




DIGO事件(メンタリストDaiGoさんの事です)



以前、世間を騒がせた
「DIGO事件」というのがあって

立花孝志さんがDaiGoさんに対し謝罪に追い込まれると
いうことがありました。(冷汗;)


YouTube上でDaiGoさんと立花孝志さんが
それぞれの立場で
動画発信で、まるで、文通をしているような
微笑ましい感じもしました。(^ ^;)感想です。(コレがユーモア?)



ことの発端の動画。「DIGO事件」
コメント欄にも答えが書いてあります。

リンクはYouTubeへ飛びます。



①(すべての始まりはココから)
【ホリエモン】との対談を【メンタリストDaiGo】さんが褒めてくれました(笑)(YouTubeへ)



この名前間違いに激怒したDaiGoさんが反撃!!(少しオーバーに表現)


N国 立花さんに抗議します【もはや謝罪要求】(YouTubeへ)



メンタリストDaiGoさん【ごめんなさい】先に謝って、後にも謝らせて頂きます。(動画を見る前、文字の間違いには気がついた!)(YouTubeへ)



メンタリストDaiGoさんに謝罪します。(抗議の動画を見た後)(YouTubeへ)



【泥酔】N国 立花さんの謝罪のうまさを心理学的に解説(YouTubeへ)


謝罪、これ難しいです、、
私も勉強中で、とても参考になりました。

お二人の
動画ありがとうございました。(^ ^)




注意点;
謝罪で気をつける事の一つに、
対応する人に「回避型」の人を
入れないこと。させないこと。(←重要!!)



  謝罪のセオリー(一部抜粋)

1.自分の責任を認める
2.問題の解決策を提示する

3.後悔を表明する
4.何が悪かったかを説明する
5.もう二度としないと表明する





DaiGoさんへの感想





DaiGoさんは弱者に対しての
愛を感じたので、
すこしだけ宣伝させていただきたいと思います。(^ ^)本買いました


図(現在勉強中の御本です)



超効率勉強法 最短の時間で最大の成果を手に入れる メンタリストDaiGo


ポジティブ・チェンジ メンタリスト DaiGo





スポンサードリンク

あとがき



謝り方が悪くて
よくトラブルを起こしてたりすることがあります。

いつも、どうしてなんだろう?

その理由がわからなくて
それで、いつも頭の横すみで考えていて、
もやもやしていました。

そんな時に
YouTubeをみていて、
DaiGoさんの「セルフコンパッション」の
動画に「はっ!」として

タイプが「回避型」であるのに気がつきました。(愛着スタイル;参考に)

一番、謝罪をやっては、させては、いけないタイプなんですね、、、、

トラブルはずです。。。orz…(原理はたぶん理解)

しみついた、自我ですので、本当に厄介です。

特に焦って対応したら、そうなるような
蟻地獄というか、、、
針のむしろというか、、、


DaiGoさん立花孝志さんの動画を参考に日々精進したいと思います。

動画ありがとうございました。
(掲載問題とかある場合、ご連絡いただけると幸いです。)


おまけ、DaiGoさんのSEOについて



ご存知かもしれませんが、僭越ながら
今の私の持っているSEOの知識で調べてみました。
(検証環境はMac OS Mojave 10.14.5、Google Chrome)

まず「結論」から


「メンタリストDaiGo」


このキーワードが一番検索に引っかかります。

少し細かいテクニックですが


①はメンタリストとDaiGoの間にスペースがない「メンタリストDaiGo」
②は半角スペース「メンタリスト DaiGo」
③は全角スペース「メンタリスト DaiGo」


①メンタリストDaiGo>②メンタリスト DaiGo>③メンタリスト DaiGo
①690万>②649万=③649万 (調べる時で変動します)

の順番にトータル検索数が下がります。

別なツールを使うと ①=②>③ となります。

Googleトレンドを使うと
「③メンタリスト DaiGo」

ではand検索になるようで、データー表示数が少なくなります

①と②はほぼ同じ位です。(①=②>③)



他にも細かく調べてますが
そこは割愛します。(メンタリストとMentalistとか)


DaiGoさんの激怒(?)された、「digo」ですが


このような結果になります(googleトレンド)
DaiGo=daigo>digo
(SEOに不利なワードなので、あまりよろしくないことがわかります)




名前(タイトル)を間違うと検索結果にひびきます。

YouTuberの方々なら、キーワードをちゃんと
考えられているとおもいますので、

DaiGoさんは、もしかすると
潜在意識の中で、モヤモヤがでて、
感情がゆさぶられ、あのような
動画をあげたのでは。と推測してます。
(推測)


少なくとも私ならキーワードは直してください。
とアフィリエイターの立場として
言うかもしれません。


立花孝志さんの感想



立花孝志さんへ

鬱の動画、とても感動したのでおもわず掲載させて
いただきました。


Apple信者(アップル信者)の特徴,うざい理由,気持ち悪いのはなんでなのか,自我とアイデンティの意味を簡単に考えながらマック(Mac)な自分の事などもいろいろ調べてみました。

「アイデンティティとは、説明は難しい、、」
の所に掲載してます。

Apple信者(アップル信者)の特徴,うざい理由,気持ち悪いのはなんでなのか,自我とアイデンティの意味を簡単に考えながらマック(Mac)な自分の事などもいろいろ調べてみました。






立花孝志さんの
「事務所紹介、社訓、6W2Hについて」(YouTubeへ)


等も、TVの裏側が見えて
とても勉強になりました。

自分で考えるということがとても大切である
んですね。

以下にも勝手ながら掲載させていただきました。
(掲載問題とかある場合、ご連絡いただけると幸いです。)



たぶんもうお気づきかと思いますが、DaiGoさんは
これだけからんだら、もう名前はちゃんと覚えていてくれるだろう
という、気持ちがあったんだと思います。(メンタリストDaiGo)

芸能人の「だいご」はたくさんの方がおられますので
これだけ、援護されている方のお名前は
間違えないよう
ご注意されてください。(お願い)

ブルージョナサン







参考;未来のきざし(兆し)についての感想



以下引用(抜粋)

社会や時代から抜ける「新たな人々」が増え始める。

(たぶん、そのパワーの源のいくつかとして)
お金であるとか、娯楽であるとか、情報などといったもの。

真に必要なものを既に学んでいるか、気付いている。
真に必要なものとは自律。依存しない心、もしくは疑問を持つ健全な心。
彼らがすることは現代からの脱出、自律。これが本当に大きな意味を持つ。

自律に関しては「自律?」「いんや“己を律する”の律」というやり取りをしてきた。

彼らによって大人達が築いた社会は破壊される。

長い間味方も存在しないまま虐げられ続けてきたので本当の強さを持っている。

彼らがお互いに存在を確認し始めた再来年頃に、現代が終わって未来が始まる。

貨幣経済の代わりになるものが生まれ始める。

流行が完全に終わる。無くなる。

永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。

娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れができる。

金貸し(金融)の完全規制を検討する国が現れて、世界中で議論が沸騰する。

日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。

大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。

日本は大丈夫。本当に大丈夫。

新しい人達はじっと我慢してる。ひとり静かに怒りを溜め続けてる。

わたしらがやることは、死んだ人達が命を懸けて遺してくれた社会を、
辱(はずかし)めないこと。貶(おとし)めないこと。




予言をみる時の、注意点;まず嘘が多いので、簡単には信じないよう。

あと言葉の使い方が曖昧で、日本語の妙を使ってますので
あくまで、エンターテイメントの一つとして
楽しんでください。(提案)

あたりはずれ判定がいるかもですが、
決まってないことを決めるのには無理がありますし、

最終的な決定はその時(不定期)なので、
軽い気持ちで、
まったりと楽しみながら、結末を待ちましょう。(提案)

私がこれに気がついたのは3.11の頃で、
それから、数年が流れ、

私がアフィリエイトを初め(2017年)
あっ!「これってアフィリエイターの事じゃん!!」
と思ってみてました。(当初)

他にも気付かされることが多々ありますが
(アフィリエイター以外にも当てはまる方々がおられます、西野さんとか(内部))

それぞれ、どうなるかオンゴーイングで楽しまれてください。(提案)

TVからYouTubeとかへも、そうかもしれませんし、(流れ)

己を律する所とかは、マインドセットのことかもしれません。(たぶん)
(他にも、いろんな解釈ができますし、これが楽しみ方の一つかと、)

「彼らによって大人達が築いた社会は破壊される。」→ ぶっ壊すの人たちか?



N国 立花孝志さん「本当のヤバさ」真実か?ウソか?情報に洗脳されない生き方(YouTubeへ)鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)


【 緊急放送!】N国党 立花孝志さんに初接触します!(YouTubeへ)鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)


はっきりと物を言う人は、こう言ったら、こう返すだろうと
わかりやすい、という良いところもあります。。。(素直)

5W 1Hについてと、
事務所紹介、社訓、6W2Hについて
(内容を捻じ曲げる手口)(Youtubeへ)立花孝志
都合の悪い事は言わないという、編集権もあります、、、、


いつになるかわかりませんが、
なんか世の中が少しずつ変わりそうな予感がし
変化の時の危機や災害(内部リンク)にも注意しましょう。(提案)


おまけ;以下も引用(追記)

170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/11(木) 02:05:08.70 ID:Vgjf6Cd10

日本において、政治家に対する見方が良い方に傾くきっかけがある。
良心を持った政治家が力を持つ良きっかけ。
それは与党が変わった後。
その党はその後ある野党と合併。
長きに渡って与党の座は譲らない。




未来の未来は今にあり。」マクルーハン
ハーバート・マーシャル・マクルーハン
(Herbert Marshall McLuhan)

 未来の兆しは今にあり。。。


マーシャル・マクルーハン「グローバル・ヴィレッジについて」

日本人でいち早くこの方の凄さを紹介した竹村健一さんもわすれないでください。

スマホにルールが必要なのは犯罪に巻き込まれる件数の増加があるのでその事例や対策とかどんな物があるのか調べてみました。スマホとは何か?とひろゆきさんの見解とか


「なぜ制限するのか、スマホとは何か?」などご参考に

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください